演劇千秋楽『牛乳とハチミツ、ゆれて三日月を喰みる』

貞昌院の本堂を舞台にした演劇『牛乳とハチミツ、ゆれて三日月を喰みる』3日間の公演が終わりました。

本堂の大間内に舞台をつくり、観客は東序側から観劇します。

20180215-0220180215-01

照明も配置され、堂内の荘厳が光を浴びてキラキラと輝きます。

20180218-0720180218-06

こちらは本番前、ゲネプロの様子。
立ち位置やセリフ回しなどを本番同様に通して行います。

20180218-0520180218-0420180218-03

3日間の公演で多くのご来場をいただきました。

20180214-01

それぞれの公演を拝見させていただきましたが、芝居は生き物と喩えられるよう、毎回ごとに新鮮な心持ちで観賞することができました。

千秋楽が終わり、役者さん、スタッフの皆さんで集合写真。
本当にお疲れ様でした。

0103

 


 
TPAM(国際舞台芸術ミーティング in 横浜)フリンジ参加作品 『牛乳とハチミツ、ゆれて三日月を喰みる』
2018-engeki-omote 牛乳〜裏
パンフレット:クリックすると拡大します。

譜面絵画 Vol.5

『牛乳とハチミツ、ゆれて三日月を喰みる』

脚本・演出|三橋亮太

現在か、少し未来の話です。

日本の家族と、日本の家具について考えます。

家具も人も、そこにある(あるいは居る)だけで良いと思っています。

あるものが「存在」することで、気配が立ち上がります。

周囲と溶け合い、もしくは反発をしながら空間は作られます。

家の中において存在するもののうち、

生物が家族で、無生物が家具、という考えをすることが出来ます。

燃やすと、家具も家族も、有機物であることが分かりやすくなります。

​2018年

2/16(金) 19:00

2/17(土) 14:00/18:00

2/18(日) 12:00/16:00


|公演場所

貞昌院

神奈川県横浜市港南区

上永谷5丁目1−3

横浜市営地下鉄ブルーライン 

上永谷駅 徒歩6分

|出演

小見朋生
宮ヶ原萌
天野莉世
河崎正太郎
河尻みづき
新藤みなみ
徳永伸光
中村康太郎
三河美優

|スタッフ

脚本・演出|三橋亮太
照明|黒岩玲音
音響|松崎瑠美
字幕|小市知宏、髙山拓海
翻訳|牛島青、藤江露沙 }
舞台監督|中塚ゆい
舞台美術|折田彰平、篠崎美月
宣伝美術|三橋亮太
演出助手|小市知宏、髙山拓海
制作|大川あやの、長谷部利器

投稿者: kameno 日時: February 19, 2018 12:19 AM

コメントを投稿