終戦記念日ー八月盆送りの日

8月15日
八月盆も今日で終わりとなります。
そして、8月15日は終戦記念日。今年で72年目を迎えました。


<終戦の日>15日 全国戦没者追悼式、日本武道館で

終戦から72年となる15日、政府主催の全国戦没者追悼式が東京都千代田区の日本武道館で開かれる。全国の遺族約5200人に加え、天皇、皇后両陛下、安倍晋三首相ら計約6700人の参列を予定。日中戦争と第二次世界大戦で犠牲となった約310万人を悼み、平和への誓いを新たにする。
天皇陛下の退位を実現する特例法が6月に成立してから初めての追悼式。退位が2018年末もしくは19年3月であれば、天皇陛下の追悼式参列は今年も含め、あと2回になる。
安倍首相は13年から昨年までの4回の式辞で、歴代首相が述べたアジア諸国への加害責任や謝罪に触れず「不戦の誓い」との文言も使わなかった。憲法9条の改正に言及する中、今年の式辞内容にも注目が集まる。
厚生労働省によると、参列予定の遺族のうち、戦没者の妻は昨年より1人少ない6人(0.1%)と過去最少を更新する一方、戦後生まれの人は過去最多の1339人(25.6%)になる。15日は40都道府県で関連行事があり、計約3万5000人の参列が予定されている。
追悼式は正午前に始まり、正午の時報を合図に参列者全員で黙とう。その後、天皇陛下がおことばを述べられる。
(Yahooニュース 2017/8/14(月) 19:11配信)



戦争の記憶は年を追うごとに薄らいでいきます。
日本が戦争を行ってきたこと、日本各地に空襲があったこと、沖縄が戦地になったこと、原子爆弾が投下されたこと、無条件降伏をしてその後日本はGHQの支配下になったことなど、その事実を直接知る世代は年を追うごとに少なくなっています。

ちょうど、Yahoo!プレミアム映画上映会で映画『この世界の片隅に』が今日までのエントリーで月末まで視聴できますので、改めて視聴してみました。
20170815-01

72年前のこの日、各地の人々はこの玉音放送を国民はどのような心持ちで聞いたのでしょうか。

 

終戦後、日本は平和国家を築きました。
しかし、その一方で、一触即発の事態も進行しています。
改めて戦争と平和について考える一日にしたいものです。


 

グアム攻撃「戦争の始まり」=米国防長官

【ワシントン時事】マティス米国防長官は14日、国防総省で「北朝鮮が米国を攻撃すれば、戦争の始まりだ」と述べた。
AFP通信などが報じた。米領グアム周辺に弾道ミサイルを発射する計画を明らかにするなど挑発を続ける北朝鮮に対し、改めて軍事行動の可能性を警告した。
マティス長官は、米国は「ミサイル発射後直ちに」飛行軌道を把握できると表明。グアムに着弾するとの分析結果が出れば「破壊する」と語り、迎撃する方針を示した。
ミサイルがグアム直撃ではなく、周辺海域に落下する場合については、トランプ大統領が対処を検討するとだけ説明し、具体的対応を明かさなかった。ただ、「報復を受けたくなければ、人を撃つな」と強調し、北朝鮮を強くけん制した。
(Yahooニュース 2017/8/15(火) 8:10配信)

投稿者: kameno 日時: August 15, 2017 9:18 AM

コメントを投稿