お寺には蓮華がいっぱい

蓮の花は日の出とともにみるみる開花していきます。
また、散る時にはこれも短時間の間に花弁を散らします。

散った蓮の花を「散蓮華」といい、日本では古くから美術の意匠として使ってきました。
中国から伝わったスープやチャーハンを食べるときに用いる「湯匙」も、日本では「散蓮華」「レンゲ」と呼んでいます。
ただ、修行道場でお粥をいただくときに使う応量器の匙は「匙」と呼びます。
お釈迦さまの頭鉢で頂くいのちのお粥ですから、これこそ「散蓮華」と呼んでも良いと思うのですが・・・・

20150830-15

蓮は仏教の象徴ですから、お寺の中にも蓮華のデザインがたくさんあります。
お寺にお詣りする機には、是非いろいろな蓮華を探してみてください。

20150830-1420150830-1320150830-12

20150830-1120150830-1020150830-09

20150830-0820150830-07

仏像で、仏さまがが鎮座している台座も「蓮華座」といって、蓮の花のデザインです。

20150830-1620150830-06

投稿者: kameno 日時: August 30, 2015 1:21 PM

コメントを投稿