臘八攝心

12月に入り、今年も残り一ヶ月を切りました。
日もだんだん短くなったことを実感します。

12月は、臘月(ろうげつ)とも呼ばれます。
臘月八日(12月8日)の成道会(じょうどうえ=お釈迦様が悟りをひらいた日)なぞらえて、只管(ひたすら)坐禅に没頭する期間が臘八攝心なのです。

20141205-01

貞昌院坐禅会は、毎週木曜日開催しております。
坐禅の終わりに経典をお読みして、小食飯台の後でその解説を行なっております。
坐禅会にはどなたでも参加できます。
どうぞお気軽にご参加ください。
貞昌院坐禅会予定

投稿者: kameno 日時: December 5, 2014 4:16 PM

コメント: 臘八攝心


  ニュウフェイス老若男女堂に満ち
               ともに坐するは頼もしかりき

  只管打坐とはの時空に身を浸し
               過ぎゆく時も我をも忘れ

  やはらかき光に窓辺明らみて
               終鐘の音堂にとよもす

投稿者 坐禅会の1人 | December 5, 2014 5:50 PM

コメントを投稿