季刊紙『横濱』

横浜市と神奈川新聞社が協働で編集・発行している機関紙『横濱』をご存知でしょうか。
横浜の歴史と今、地域、文化、人々など多彩な魅力を地元密着型で紹介されています。

明後日(1月7日)に発売される『横濱』2014年新春号は、曹洞宗大本山總持寺を含めた鶴見周辺、そして、町の記憶では「上永谷周辺」が特集されます。

20140105-01
↑1月7日に発売される『横濱』2014年新春号・クリックすると横浜市のサイトに飛びます

20140105-02 20140105-03

「町の記憶」のコーナーは、古くから上永谷を知る方々に貞昌院へ集まっていただき、昔の写真を映し出しながらインタビュー形式で取材が進められました。

20140105-04


 

A4判104ページ
これ1冊で横浜の楽しさが倍増!
1部 600円(税込み)
販売場所
・市県内書店及び東京都内の主要書店
・横浜市刊行物サービスコーナー (市庁舎1階市民情報センター内)ほか

※首都圏以外に在住の方は下記にお申し込みください。
・横浜市刊行物サービスコーナー
〒231-0017 横浜市中区港町1-1 TEL: 045-671-3600
・インターネットでは、富士山マガジンサービス(雑誌のオンライン書店)からお買い求めいただけます。


是非お手にとってご覧ください。

投稿者: kameno 日時: January 5, 2014 2:39 PM

コメントを投稿