花まつり・護持会総会・演奏会

春の「嵐」が日本列島を通過。
横浜では、風雨のピークが過ぎ、少しづつ青空が広がってきました。
一つ前のブログ記事に書いたとおり、今朝の西の空には、綺麗な虹が見られました!

風が少し強いものの、晴天に恵まれ、新緑に包まれた花まつりとなりました。

11:00 花まつり釈尊降誕会法要
誕生仏に甘茶を掛けてお釈迦様の誕生を祝います。

引き続き、11:30より 護持会総会
・平成24年度行事報告、会計報告
・平成25年度行事計画、予算案審議
・護持会規約改正の件
そのほか
おかげさまをもちまして、慎重審議いただき、承認いただきました。

⇒総会決議事項は後日皆さまに郵送いたします。

20130407-11

12:00 マリンバ デュオ「白藤」(東瑞希さん・奈良橋智美さん)をお迎えし本堂の演奏会

20130407-1420130407-0320130407-0

20130407-0220130407-15

堂内に心地よい音が響きます。

20130407-1720130407-16

13:00 懇親会

20130407-18

20130407-1920130407-20

懇親会では、貞昌院特製の甘茶をご用意させていただきました。
また、茶室ではお茶のお点前も行なわれました。


 

みなさまのお陰をもちまして、花まつりの行事は盛大に、無事終了いたしました。

檀家さん同志が交流する機会は年に何回かありますが、このように笑いの場を共有することにより、懇親はさらに深まるものだと思います。

20130407-04

夕方には、貞昌院裏山から富士山がくっきりと見えました。
まだまだ風が強く、雲の形がどんどん変化しています。



演奏会終了後、片づけまでの合間、白藤のお二人に「曹洞宗宗歌」を演奏いただきました。

【歌詞】
花の晨(あした)に 片頬笑(かたほえ)み
雪の夕べに 臂(ひじ)を断(た)ち
代々(よよ)に伝うる 道はしも
余所(よそ)に比(たぐ)いは 荒磯の
浪(なみ)もえよせぬ 高巌に
かきもつくべき 法(のり)ならばこそ

投稿者: kameno 日時: April 7, 2013 4:23 PM

コメントを投稿