2つの声明公演

平成23年度 戸塚文化協会春の文化祭メーンイベント
中国琵琶と声明(しょうみょう)の世界

1300年の時空(とき)を超え今甦るシルクロードの音色、未来と平和への思いを込めた名曲を、曹洞宗声明(しょうみょう)研究会とのコラボレーションで演奏します

日時 2011年5月22日(日) 開場 13:30 開演 14:00
会場 戸塚文化公会堂 TEL 090-8009-4180
チケット 500円 戸塚区役所5階売店にて発売中
主催 戸塚区文化協会


●出演者
演奏:邵容(シャオ・ロン:中国琵琶)、琵琶の合奏《三六》(中国古典楽器アカデミー)
声明:曹洞宗神奈川県第二宗務所第五教区有志僧侶

●プログラム
十面埋伏/春江花月夜/シェルブールの雨傘/トロイメライ/三六、「声明」

 




平成23年度文化庁国際芸術交流支援事業
声明ドイツ公演

こちらは、声明をまなび、研鑽している「禅・空華龍吟会」による海外公演です。
本年6月から7月にかけてドイツ各都市で開催される国際宗教音楽祭および音楽会への招聘による参加としの参加です。
文化庁国際芸術交流支援事業の採択を受けましたので、文化庁の認可をいただいた準公式公演としての位置づけとなりました。
St_Caecilien02a Mozart ホール01 Phoenix01

(1)Himmel auf Erden 国際宗教音楽祭(主催 WittenbergKultur e.V.)
Himmel auf Erden 国際宗教音楽祭は、宗教改革の都市ヴィッテンベルク市で開催される国際宗教音楽祭であり、バーゼル室内管弦楽団、アンハルト劇場のミュージシャン、ベルリンラウテンカンパニーなどのアンサンブルの他、アジア、アフリカ、オーストラリア、アメリカ、ヨーロッパ各地からの参加があります。禅・空華龍吟会は、日本の伝統的法式、声明を紹介するために招聘されています。

(2)バーデンヴェルテンベルク州音楽祭(主催 Stadt Koeln/Kulturamt )
バーデンヴェルテンベルク州音楽祭の開催される シュトゥットガルトは、伝統のあるバレー、オペラ、交響楽団が拠点を構える音楽の都です。バーデンヴェルテンベルク州独日協会主催音楽祭が予定されており、禅-空華龍吟会はStuttgart LiederhalleにあるMozart-Saalで開催される音楽祭に招聘されています。

(3)Romanische Sommer Köln 2011(主催 Westdeutscher Rundfunk、Kulturradio WDR 3)
ロマネスクの夏2011音楽祭 ケルン市内に点在するロマネスク時代の教会を会場として開催される伝統をもつ音楽祭です。開催期間のうち、禅-空華龍吟会はKöln Schnuetgenで行われるコンサートに招聘されています。

内容:歎佛会・観音懺法・施餓鬼会 など
出演 声明 龍吟会僧侶20名

※東日本大震災により、宮城県から参加予定の5名が参加叶わなくなりました。
※残念なことですが、大震災で犠牲となられた方々の慰霊と復興への願いを込めた差定を盛り込んで参加する予定です。

投稿者: kameno 日時: May 1, 2011 9:59 AM

コメント: 2つの声明公演

こんにちは。初めまして。
愛知県豊橋市の曹洞宗寺院、西光寺におります小原泰明と申します。

貴師のブログは、tenjin師(大学の寮の先輩です)よりお教えいただき、半年前ほどから拝読しておりました。

誠に有り難いご縁をいただき、私も前川老師のお膝元、吹霄会からドイツ公演のメンバーとして随喜させていただくことになりました。

貴師のような素晴らしい先輩僧侶とご一緒させていただけること、得難い法縁と、感謝し、楽しみにしております。

また拙ブログでも、空華龍吟会のことを紹介させていただこうと思っております。その折はリンク・転載させていただきたく思います。どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

投稿者 泰明@西光寺 | May 2, 2011 2:04 PM

泰明@西光寺さま
コメント有難うございます。
今回の「禅・空華龍吟会」ドイツ公演ではこちらこそ、よろしくお願いします。
ドイツで公演が出来るという機会はそうそう無いと思います。日独友好150年という区切りの年でもありますね。
真剣に、そして楽しんで参りましょう!

投稿者 kameno | May 2, 2011 9:45 PM

コメントを投稿