災害救援托鉢@横浜駅周辺

まずは できることから 実践していこう

教区有志僧侶による托鉢を本覚寺様・神奈川県第二宗務所様を拠点として行いました。

出発前に般若心経を読経。

201100331-01

昼過ぎに出発し、横浜駅周辺を巡ります。
幅広い年齢層の方々より、心のこもった浄財を寄託いただきました。
何回読経したことでしょうか。
この日の托鉢は午後5時過ぎまで行いました。

201100331-05201100331-04201100331-06201100331-03201100331-02

宗務所に帰着すると、所長をはじめ所員のみなさまが残っていてくださいました。
ありがたいことです。

201100331-07

最後に感謝の般若心経。

201100331-08

お寄せいただいた義援金は全額日本赤十字などに寄託いたします。
道のりは長くなるかもしれませんが、ただただ一日も早い復興を心より願うばかりです。



同安居会会計口座に修行仲間からも、たくさんの義援金とメッセージが届きました。
201100331-09
こちらは、被災された同安居に直接お送りいたします。


被災地各自治体からの要望で、4月1日から4日にかけて東京・瑞江火葬場で犠牲になられたご遺体約500体を受け入れることになりました。
東京都仏教連合会有志僧侶により読経・献香が行われるとのことです。

投稿者: kameno 日時: April 1, 2011 4:06 AM

コメント: 災害救援托鉢@横浜駅周辺

只々......ありがとうございますm(__)m

被災当事者となると、浄財そのものよりそのお気持ちが嬉しいものです。

頭が下がる思いがいたします。頑張ります!

投稿者 叢林@Net | April 1, 2011 10:32 AM

叢林@Netさま
素足に草鞋はちょっぴり冷たいですが、善意の温かいこころに直接ふれることができる托鉢はいいですね。
ここに記事として書いていることはほんの一部ですが、甚大な被害に立ち向かうために皆の心が一つなっていることを実感しています。
微力かもしれませんが、これからも継続していきます!

投稿者 kameno | April 1, 2011 10:52 AM

コメントを投稿