正力松太郎賞授賞式報告

ゆめ観音アジアフェスティバルを主催している ゆめ観音実行委員会(大船観音寺・SOTO禅インターナショナル、代表 大船観音寺住職 横山敏明師)が、このたび第33回 正力松太郎賞 本賞を受賞いたしました。
正力松太郎賞とは仏教精神に基づき、長年にわたって青少年の宗教情操教化活動振興に顕著な業をあげ、今後も活躍が期待される以下の個人または団体に(財)全国青少年教化協議会より贈られるものですあり、先のご報告のとおり、本年の第33回正力松太郎賞には本賞二件、青年奨励賞一件が選定されました。
受賞理由は次の通りです。


「つながる?ひろがる?アジアのねがい」をスローガンとして、大船観音寺を会場に「ゆめ観音アジアフェスティバル」を平成十一年より開催。アジア各国の僧侶による法要のほか、アジア各地の民族舞踊や音楽の公演なども開く。
開催の動機は、大船観音にアジアの参拝者が多いことから、観音信仰で結ばれたアジア各国・各地域の人々が集い、皆が楽しめる場を設けたいと考えたことにある。

そこで、大船観音は世界恒久平和を念願して建立されたことからも、その平和の願いが大船からアジア、そして世界へと広がるよう願って大船観音寺、SOTO禅インターナショナルを中心に「ゆめ観音実行委員会」を組織した。回を重ねるごとに認知度は高まり、来場者も増え、地元の恒例行事として定着してきている。

また、鎌倉市やかながわ国際交流財団などの協力、後援を得られるようになり、平成十八年には神奈川県知事より感謝状が贈られた。今回、アジア各国民・諸民族の文化への理解を深め、平和を希求する新たなかたちを構築した功績が高く評価され、受賞に至った。


表彰式が5月13日、東京グランドホテルにて行われました。

齋藤昭俊 全青協事務総長による主催挨拶、渡邊宝陽 立正大学名誉教授による選考報告の後、渕英? 全青協理事長より表彰状および副賞が各代表に授与されました。

20090513-01.jpg


「ゆめ観音実行委員会」は「大船観音寺」と「SOTO禅インターナショナル」を中心に組織されており、鎌倉市役所やかながわ国際交流財団、インド政府観光局など、さまざまな公的機関からの支援を受けながらこれまで十年に亘り「ゆめ観音アジアフェスティバル」を運営してまいりました。

横山敏明実行委員長は受賞挨拶の中で「平和を願って建立された白衣観音の下で、ゆめ観音がこれからも続いて開催できますよう願います」と話されました。
ゆめ観音の継続的開催は、民族の相互理解や平和運動の実践に大きく寄与するものと思われます。そして、継続性を維持するために実行委員会の組織運営は欠かせない存在となっています。

20090513-02.jpg


この度、正力松太郎賞本賞をいただきましたことはこの上ない名誉であると感謝申し上げ、受賞の報告とさせていただきます。


■これまでの<準備編>記録アルバムより抜粋

20070907-03.jpg 20070907-04.jpg 20060831.jpg 20050902-1.jpg 20050902-2.jpg 20050902-3.jpg 20050902-4.jpg 20050902-5.jpg 20050902-6.jpg 20080905-10.jpg 20080905-11.jpg 20080905-12.jpg 20080905-13.jpg 20080905-14.jpg 20080905-15.jpg 20080905-16.jpg 20080905-17.jpg 20080905-18.jpg 20080905-19.jpg 20080622-05.jpg20080622-06.jpg20080622-07.jpg 20080622-08.jpg20080622-09.jpg20080622-10.jpg20080622-11.jpg20080622-12.jpg 20080622-13.jpg


本年の主なゆめ観音関連行事予定

⇒詳細は http://soto-zen.net/yumeをご参照ください。

■キャンドルナイト in 大船観音 ?平和の火を心に灯す?
開催日時 6月10日(時の記念日)夕刻より
「平和の火」採火式・平和祈願法要・キャンドルナイト

■第11回 ゆめ観音アジアフェスティバル
開催日時 9月5日(土曜日)
ゆめ観音実行委員会(大船観音寺・SOTO禅インターナショナル)

今年六月十日、大船観音寺でのキャンドルナイトでは、この日午後に開催される「平和の火、及び火の取扱いについて学ぶ」ワークショップに参加していただくことにより広島原爆の残り火(平和の火)の分火が実現されることになりました。
つきましては、平和の火を全国各地でキャンドルナイトに使いたいと考えていらっしゃるキャンドルナイト主催者の皆さまには是非参加いただければと存じます。

投稿者: kameno 日時: May 14, 2009 8:34 AM

コメント: 正力松太郎賞授賞式報告

> kameno先生

昨日はお疲れ様でした。
中座いたしまして、失礼いたしました。

しかも、カメラのレンズカバーを、拙僧が持って来てしまったようなので、すぐに郵送しておきます。

投稿者 tenjin95 | May 14, 2009 1:38 PM

kameno様

 まさに皆さんの平和への願いを叶えてくださっているゆめ観音様ですね!うれしいですねーー。
 キャンドルナイトのろうそくは新しいものを使ってらっしゃるのですか?

投稿者 ゼラニウム | May 15, 2009 5:54 PM

tenjin95さん
お疲れ様でした。
今年のゆめ観音に向けて意を新たにする機となりましたね。
カメラのキャップは確かに受取りました。有難うございます。

ゼラニウムさん
本当にうれしい受賞となりました。
観音様が結ばれたご縁による力ですね。
キャンドルナイトの蝋燭は、法要などで使用した残りの蝋燭を集めて使っています。

投稿者 kameno | May 16, 2009 2:30 AM

おめでとうございました。
出席出来ず残念でしたがみなさまの熱意と努力が実を結び心からお慶び申し上げます。
また、新たな気持ちで頑張って行きましょう。
お疲れ様でした。

投稿者 S.Hosokawa | May 16, 2009 6:48 AM

Hosokawa先生
有難うございます。
出席されずとても残念でした。新しい事業も始まりますね。
よろしくお願いいたします。

投稿者 kameno | May 16, 2009 9:18 AM

コメントを投稿