ゆめ観音実行委員会-正力松太郎賞受賞

嬉しいお知らせです。

ゆめ観音アジアフェスティバルを主催している ゆめ観音実行委員会 が、このたび第33回 正力松太郎賞 本賞を受賞いたしました。


正力松太郎賞とは

「正力松太郎賞」は、仏教精神に基づいた青少幼年の育成活動に尽力し、社会の情操教育振興に努力している個人・団体を顕彰するために贈られます。




本日3月19日讀賣新聞朝刊に記事が掲載されております。

yume20090319.jpg


■正力松太郎賞 本賞

ゆめ観音実行委員会
(代表 ゆめ観音実行委員長/大船観音寺住職 横山敏明師)

受賞理由

「つながる?ひろがる?アジアのねがい」をスローガンとして、大船観音寺を会場に「ゆめ観音アジアフェスティバル」を平成11年より開催。アジア各国の僧侶による法要のほか、アジア各地の民族舞踊や音楽の公演なども開く。
開催の動機は、大船観音にアジアの参拝者が多いことから、観音信仰で結ばれたアジア各国・各地域の人々が集い、皆が楽しめる場を設けたいと考えたことにある。
そこで、大船観音は世界恒久平和を念願して建立されたことからも、その平和の願いが大船からアジア、そして世界へと広がるよう願って大船観音寺、SOTO禅インターナショナルを中心に「ゆめ観音実行委員会を組織した。
回を重ねるごとに認知度は高まり、来場者も増え、地元の恒例行事として定着してきている。
また、鎌倉市やかながわ国際交流財団などの協力、後援を得られるようになり、平成18年には神奈川県知事より感謝状が贈られた。
今回、アジア各国民・諸民族のの文化への理解を深め、平和を希求する新たなかたちを構築した功績が高く評価され、受賞に至った。


非常に名誉ある賞を戴きまして感激しています。
これまで10年間のゆめ観音に係ってきた大船観音寺、SOTO禅インターナショナル、神奈川県第五教区、各大学、関係機関/企業/NPO、そして出演者、出展者のみなさん、地元商店街住民のみなさん・・・一つひとつの力が合わさっての受賞だと思います。

とり急ぎご報告まで

shuho200810.jpg
曹洞宗報2008年10月号

■ゆめ観音実行委員会組織
yume200903.jpg

■参考資料:これまでの出演・出店団体数の推移
yume200903-02.jpg

ゆめ観音アジアフェスティバルについては、このブログの右上にある「ブログ内検索」で「ゆめ観音」を検索していただくと詳細報告がございます。

また、公式サイト http://soto-zen.net/yume/ を併せてご参照ください。

投稿者: kameno 日時: March 19, 2009 8:17 AM

コメント: ゆめ観音実行委員会-正力松太郎賞受賞

> kameno先生

吉報ですね。皆さんの尽力があってのことと思います。今思えば、このイベントがあって、拙僧の萬燈供養の研究も進んだという経緯がありますので、拙僧も感謝しております。さらに素晴らしいイベントになることを祈念しております。

投稿者 tenjin95 | March 19, 2009 8:58 AM

tenjin95さん
何か10年間の区切りでこのような賞を戴くことができたことは本当に嬉しいことだと思います。
継続することの意義は大きいですね。
特に万灯供養法要につきまして、tenjin95先生の骨組みもあって荘厳な「大船バージョン」の差定が組立てられています。
これからが大事ですね。今後ともよろしくお願いいたします。

投稿者 kameno | March 19, 2009 9:26 AM

kameno様

この度の受賞、おめでとうございます。キャンドルナイトに始まりゆめ観音アジアフェスティバルではアジア各国の人たちの民俗芸奉納、世界平和を願う萬燈供養など、どれもみんな若者の参加型フェスティバルである事がすばらしいと思います。解体基金、廃油リサイクルも同様に一人一人が出来ることからはじめることの大切さを学ばせていただています。今後のご活躍を期待しています。

投稿者 ゼラニウム | March 19, 2009 4:24 PM

この度は受賞おめでとうございます。
同じ宗侶として、また縁ある者として感激の極みです。
さすがKameno先生ですね!
今後ますますのご活躍を心よりお祈り申し上げます。

投稿者 叢林@Net | March 19, 2009 11:22 PM

ゼラニウムさん
第10回の時には遠方より参加くださいまして有難うございます。おかげさまで楽しい時間を過ごすことができました。
今年に向けての新しいアイデアも戴き感謝しています。これからもよろしくお願いいたします。

叢林@Netさま
ありがとうございます。
ゆめ観音に関った全ての方々に対する受賞です。
継続と、協働の力は大きいですね!

投稿者 kameno | March 20, 2009 5:48 AM

この度の受賞、おめでとうございます。この賞の名は知っていたのですが、目的や受賞対象者は知りませんでした。正に受賞に相応しい活動を展開されてきたと思います。評価されて良かったですね。

さらに平和の願いが広がりますよう、祈念します。

投稿者 tera日記 | March 20, 2009 6:38 AM

tera様
賞の名前を聞くと、まずは「野球関係」の賞だと思ってしまいますね。
仏教精神に基づいた活動を行っている個人、団体を対象としてこのような賞が設けられていることは尊いことだと感じます。ありがたいことです。
アジアのねがい、平和の灯火が広がっていきますよう。

投稿者 kameno | March 20, 2009 10:07 AM

遅ればせながら、正力松太郎賞 本賞受賞おめでとうございます。受賞することによって、その活動が更に大勢のかたに知られるきっかけとなり、仏教の啓蒙につながると善いと思います。

投稿者 うさじい | March 21, 2009 3:28 AM

うさじい様
ありがとうございます。
「ゆめ観音」の初心を忘れずに、大切に受け継いでいきたいと考えています。
この繋がりがますます広がっていきますように。

投稿者 kameno | March 21, 2009 12:10 PM

コメントを投稿