小泉首相、靖国神社に参拝

<首相靖国参拝>小泉首相、靖国神社に参拝

 小泉純一郎首相は15日午前、東京・九段北の靖国神社に参拝した。首相は「内閣総理大臣小泉純一郎」と記帳。献花料を払った。首相の靖国参拝は01年の就任以来6年連続で、これまで回避していた終戦記念日の参拝に、退任を控え初めて踏み切った。現職首相の「8・15参拝」は85年の中曽根康弘首相以来21年ぶり。首相は01年自民党総裁選の公約であることを参拝理由として説明するとみられるが、中韓両国の反発は必至で、自民党総裁選の論議にも影響しそうだ。
 首相はモーニング姿で公用車に乗って公邸を出発、午前7時41分に同神社に到着し、本殿で参拝した。
 首相は01年4月の自民党総裁選で「8・15参拝」を公約に掲げた。しかし、同年は外交上の配慮から8月13日に前倒しした。その後、春季例大祭初日の4月21日(02年)▽1月14日(03年)▽元日(04年)▽秋季例大祭初日の10月17日(05年)――と日付を変えて参拝、8月15日は見送ってきた。
 しかし、首相として最後の参拝となる今年は、首脳交流を拒絶する中国への批判を強め、8月に入ってからは「公約は生きている」「公約は守るべきものだ」などと参拝の意向を強く示唆していた。
 現職首相の「8・15参拝」は三木武夫首相が75年に初めて実施。その後、福田赳夫首相、鈴木善幸首相が行ったが中曽根康弘首相が85年に公式参拝として実施して以来、参拝自体が中断。その後、橋本龍太郎首相や小泉首相らが参拝した際は、別の日程を選んでいた。
 首相が「8・15参拝」に踏み切ったのは、首相参拝を支持する安倍晋三官房長官の自民党総裁選での優位が揺るぎない情勢で政局への直接的な影響が回避でき、退任を控えての参拝なら中韓両国の反発も限定的との判断からとみられる。小泉首相の参拝への反発から中韓両国は首脳交流を凍結しており、今回の参拝で反発を強める近隣諸国との関係改善は次期政権の課題となる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060815-00000011-mai-pol


靖国神社参拝問題とA級戦犯問題、まずは戦犯の釈放と名誉回復が行われたことについて事実関係を明確にしてから論議しなければならないでしょう。

A級戦犯は絞首刑や禁固刑を受け、罪を償いました。後に総理大臣になった人もいます。A級戦犯はもはや罪人ではないことだけは前提としていく必要があります。

靖国参拝は、日本の国のために戦ってこられた全ての尊い犠牲者の方々に対し、再びこのような過ちをしないという、平和への誓いと捉えるべきだと感じます。

いずれにしても、悪戯に騒ぎ立てる事なく、戦没者たちを静かに慰霊したいものです。

--------------------------------------------------------------------------------

靖国神社参拝後の小泉総理大臣の記者会見 2006年8月15日

※kamenoが記者会見を文字に起こしたものです。なるべく全体を忠実に再現しておりますが、個人的なテープ起しであることをご了承ください。


総理、今回はどのようなお気持ちで参拝されましたでしょうか

これは、毎回申し上げているんですが、日本は過去の戦争を踏まえ反省しつつ、二度と戦争を起してはならない。そして今日の日本の平和と繁栄と言のは、現在生きている人によってだけ成り立っているのではない。戦争で尊い命を犠牲にされた、そういう方々の上に今の日本というのは、今日がある。 戦争に行って祖国のため、また家族のため命を投げ出さなければならなかった犠牲者に対して心からなる敬意と感謝の念を持って靖国に参拝しております。今年、その気持ちに変わりはありません。今までの過去5年間の私に対する靖国の批判をよく考えてみますと大方3点に要約されるんじゃないかと思います。


まず1つは中国韓国が不愉快に思うこと、反発しているからやめろという意見。これはどうですかねえ、私は日中日韓友好論者なんです。就任以来、現に中国や韓国との友好交流を様々な分野で拡大を続けております。そういう中でどの国とも1つや2つの意見の違い、対立はあります。それで、1つの意見の違いがある、不愉快な事がある、それによって首脳会談を行わないことが良いのかどうか。私はいつでも首脳会談を行う用意があると言っているんです。しかも靖国神社参拝を条件にして、この、参拝をしなければ首脳会談を行う、参拝をすれば首脳会談を行わないというのが、果たして良いのかどうか。私はこれは宜しくないと思っています。日本の首相というのは民主的な手続きによって選ばれた首相であります。日中間、日韓の間には様々な課題もある。
私は今までの日中首脳会談、日韓首脳会談においても未来志向で友好を図って行こう、御互い、相互互恵、相互依存関係を深めていこう、中国の発展、韓国の発展というのは、日本に脅威と言うよりも、むしろ日本にとってもチャンスなんだ。そういうことをはっきり表明して未来志向で友好交流を進めていこうということを申し上げているんです。
それに対して、私を批判する方、これは、しかし中国が嫌がっていることをやるなと、これは、突き詰めていくと中国韓国が不快に思う事はやるなということでしょ。これについて批判する方はどう思うか。もし私が一つの問題で私が不愉快に思う、仮に中国、ここは日本の安保理、常任理事国入りに反対しています。これは日本にとっては不愉快だと。だから私は中国韓国と首脳会談を行わないと言ったらどちらを批判するでしょうか。
私は中国が反対しても、韓国が反対しても、首脳会談をいつでも行いましょうと言ってるんですよ。
今回もそうですね。私が拒否しているのではないんです。ということは、中国の嫌がることは止めなさいというのは、靖国参拝批判の一つですね。中国に不快な思いをさせてはいけません。中国の言う事を聞きなさい。韓国の言う事を聞きなさい。そうすればアジア外交がうまく行きます・・・・私は必ずしもそうではないと思いますね。
1つや2つ、どの国も意見の対立や違いはあります、そういうことを乗り越えて未来志向で友好関係を進展させていくのが、日本にしても他国にしても大事ではないでしょうか。
中には、小泉はアメリカと親しい。アメリカのブッシュ大統領が靖国参拝するなと言えばしないだろうと。そんなことはありません。ブッシュ大統領が靖国参拝するなと言ったとしても、私は行きます。尤も、ブッシュ大統領はそんな大人気ないことは言いませんけどね。

もう1つはね、A級戦犯が合祀されているから行っちゃいかんという議論。これは、私は特定の人に対して参拝しているんじゃないんです。この戦争で苦しい思いをされ、出来れば避けたかった。戦場に行きたくなかった多くの兵士がいるんです。そういう方々の気持ちをもって、なんという苦しい辛い体験をせざるを得ない時代に生まれたんだろうか。そういう犠牲者に対して心から哀悼の念を表すべきだなと。これ日本の文化じゃないでしょうか。
特定の人がいるから、後の人のことは考えなくてもいいと、一部の自分が許せない人がいるから。それより圧倒的多数の戦没者の方々に対して哀悼の念をもって参拝するのが何でいけないのか。私はA級戦犯のために行っているんじゃないですよ。多くの戦没者の方々に哀悼の念を表す。二度とこのような苦しい戦争をさせてはいけない。そういう気持ちで参拝しているんです。

それと第3点。憲法違反だから靖国神社参拝してはいけないという人もいます。これもね、憲法第19条、第20条、これを良く読んでいただきたい。私は神道を奨励するために靖国神社に行っているのではありません、今説明したように。、また、過去の戦争を美化したり、正当化したりするために行っているのでもありません。また軍国主義を承領する、そういう気持ちで行っているのでもありません。
今も申し上げたとおり二度と戦争を起してはいけない。戦没者に、戦争に行って倒れた方々こういう方々の犠牲を片時も忘れてはいけないと、そういう気持ちでお参りをしているんです。そして、第19条の思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。これをどう考えますか。まさに心の問題でしょう。これを日本の首相が、日本の施設にお参りする、お祈りする、それを外国の政府、尤もだといって、小泉はいかんと小泉を批判する。これが本当にいいことなのかどうか、今の日本の誰にでも許されている自由という問題をどう考えるのかを。
私は伊勢神宮にも毎年参拝しています。そのときには何名かの閣僚も随行しています。別に私は強制していません。そして皆様の前で、神道形式に則って伊勢神宮に参拝しています。そのときに憲法違反という声は起こりませんね。何故なんでしょう。
私はこういうことから、賛否両論あっていいんです。日本は言論の自由が認められていますから。今までも私はこういうことを答弁なり普段の話でしているんです。今回もまったくその同じ気持ちで参拝しているんです。

何故今回終戦の日の8月15日を選ばれたのでしょうか

これは、最初、多くの方々が15日だけは止めてくれと。様々な方から言って参りましたね。まあ、そういう方々の意見も聞かなければならないということで、あえて、15日を避けて参拝してきました。8月13日、4月、10月、1月・・・・しかし、8月15日を避けても何時も批判反発、そして何とかこの問題を大きく取上げようとする勢力。変わらないですね。いつ行っても同じです。ならば、今日は適切な日ではないかと。これから戦没者の追悼記念式典も行われます。私はこれから千鳥が淵の戦没者墓苑にお参りします。戦没者の追悼式典にも出席します。適切な日だなと判断いたしました。

去年参拝した際は、昇殿もせず記帳もしませんでした。今回の参拝ではモーニング姿で内閣総理大臣と記帳して昇殿もしたと言う事ですが、その理由についてお聞かせください。

今お話したように、今日は戦没者の追悼式もありますし、千鳥が淵の戦没者墓苑にもお参りしますし、その時はこの服装で行きますね。私はきちっと昇殿、本殿に参拝した方が、今日はみんな騒いでいていますから、あのような、去年みたいな形で行くと警備の方も大変でしょう。みなさん、大勢の方々が見えているし、そういうことも考えて本殿に参拝するのが適切ではないかと思いました。

総理、2回目の参拝での所感で総理は終戦記念日やその前後の参拝にこだわる事は再び内外に不安や警戒を抱かせる事は私の意に反するとしてました。今日の参拝はその所感と矛盾するのではありませんか。

矛盾しません。それは過去5年を踏まえていつ行っても問題にして混乱にしようとする勢力があるんです。それは仕方が無いです。過去の経験を踏まえて、それが生きてきたんですね。いつ行っても参拝をなんとか争点にしようとか混乱させようとか、騒ぎにしようとか、国際問題にしようとかいう勢力があるんです。これに対していけないといっても日本には言論の自由が認められているんですからどうにもなりません。ですからいつ行ってもこういう騒ぎにしようという勢力はあるんですから8月15日に行っても適切じゃないかと。また、むしろこだわっている、毎回こだわろうとする勢力がいるんですよ。私が今まで靖国神社の問題も質問されない限りは答えたことは無いんですよ。自ら靖国問題をこうだああだと言った事じゃなくって、いつも皆さんの質問に答えて言っている訳です。いろいろな説明に他の事も言いたいんですけれども、一番マスコミが取上げるのは靖国参拝の事でしょ。そういうのは止めた方が言いといっても聞かないですから、マスコミは。いつでもこだわっているのはマスコミではないでしょうか。あるいは私に反対する方々じゃないでしょうか。そういうのも踏まえて、これはいつ行っても同じじゃないかと思いました。


来月の御退陣の前に直接不戦の誓いと戦没者追悼の意で参拝なさっているんだということを中国韓国の首脳と直接会って理解を求めるためにご説明される意向は無いですか。

今までの日中首脳会談、日韓首脳会談においてもその考えは伝えてあります。何回でも。いつでも会えば中国側が、韓国側が靖国参拝するなと言えば、いつでも中国側韓国側の考えと私は違うということを私は説明しています。今お話したような考えを私は説明しております。これは平行線です。外交カードにはしないと。一つの条件を付けられて、これに従うか従わないか、それで首脳会談をするしないの判断をするということは、私は宜しくないと思っています。私はこれからも中国韓国と友好的に発展しようと未来志向で考えた方がいいんじゃないかということを再三申し上げております。この考えに変わりありません。


内閣総理大臣と記帳されていますが、総理大臣の立場としての参拝ということでしょうか。

総理大臣である人間小泉純一郎が参拝しているんです。

公式の参拝として受取って宜しいですか?

職務として参拝しているのではありません。

今回の参拝が総裁選に与える影響はどのようにお考えですか。

それは総裁候補時点の考え方とマスコミの皆さんが争点にしたがっている面が強いですから、それ如何でしょうね。

靖国に合祀されているA級戦犯の戦争責任についてどうお考えになるかお願いいたします。

それは戦争の責任をとって戦犯として刑を受けているわけですよ。それはご本人たちも認めているし。それはあると思いますが、それとこれとは別です。何回も申し上げている通り、特定の人のために参拝しているわけではないです。戦没者全体に対して哀悼の念を表するため参拝しているんです。今言った、主な三点。靖国参拝に反する人、よく考えて欲しいです。考えは自由です。
投稿者: kameno 日時: August 15, 2006 8:21 AM

コメント: 小泉首相、靖国神社に参拝

毎朝御先祖様にお経を上げますが、今朝は伯父の命日のお経、戦争犠牲者へのお経、原爆犠牲者へのお経を上げて冥福を祈り、世界平和を祈りました。神道形式によらない仏教徒としてのお勤めをしました。
今後自民党の総裁選挙でこの問題は避けて通れませんし、中国や韓国は靖国問題以上に謝罪と保障を求めているようです。もっと議論すべきですね。

投稿者 ikuo | August 15, 2006 1:15 PM

谷垣財務相のコメントを併せてご紹介させていただきます。

谷垣財務相は、15日午前の閣議後会見で、小泉首相が15日朝に靖国神社で参拝したことについて「小泉首相は総裁選での公約をふまえて、1つのけじめをつけたのだろう」とし、一定の理解を示した。ただ、残された問題もあると指摘し「A級戦犯合祀には、いろいろ議論がある。周辺諸国との関係改善が課題」と述べた。
谷垣財務相は、小泉首相の今日の参拝について「自分の公約でこれをやると言って今日はそのけじめをつけた。私たちはそういう小泉首相を総裁選で推してきた」として、一定の理解を示した。ただ、自分自身は今日は参拝していないとした。
 A級戦犯の合祀問題について「戦争で亡くなった方をどう慰霊し国家として記録していくかということは、まだまだ未整理の状況があり、そのあたりをきちんと議論したうえで、日本としてどういう考え方をとるのか踏まえたうえで、周辺諸国との関係をどう改善していくかという課題が残っている」とした。
 また、「前の戦争をどうけじめをつけて日本が国際社会にどう復帰したかという問題と関連してくる部分があると考えている。したがって内心の問題ということは当然だが、外からみた場合にわかりにくい点が残る」との認識を示した。
  小泉首相が、けさの参拝後記者団に、中国が嫌がることをやめたからといって関係が改善するとは限らないと述べたことについて「私もそれで全てが解決するとは思っているわけではない。日本と中国とは歴史的にも長い、プラス・マイナス色々な関係があった。ただ、何か問題があったときに話し合いで解決できる基盤を作っていくことが必要。日本側だけでなく相手側にもそれを求めるのは当然」との考えを示した。

投稿者 kameno | August 15, 2006 4:40 PM

コメントを投稿