今年は紅葉が遅いですね

紅葉の時期に遅れ…気象庁「地球の温暖化などが影響」


 気象庁は各地の気象台などの周辺で、動植物の季節による変化を毎年記録。カエデは秋になり気温が下がると、葉の葉緑素が分解し、赤色の色素が生成され紅葉する。この記録で、53年と昨年のカエデの紅葉した日を比較すると、長崎市で68日、甲府市で57日、和歌山市で31日、札幌市で20日、盛岡市で26日など、全国ほとんどの地点で大幅に遅くなっていた。
 全国46地点のカエデの紅葉日を平均すると、毎年0.3日、51年間で15日遅くなっており、特に70年代後半から遅くなる傾向がはっきり現れたという。
 同庁によると、日本の10月の平均地上気温は100年当たり0.9度上昇、11月も百年当たり1.1度の割合で上昇。こうした気温上昇は、二酸化炭素など温室効果ガスの増加に伴う地球温暖化の影響という。同庁では「温暖化のほか、カエデを観測している場所が都市部にあるため都市化の影響も受けている」と説明している。
http://news.www.infoseek.co.jp/topics/society/event.html?d=29fuji62986&cat=7




この、紅葉(黄葉)の遅れは、貞昌院境内でも実感できます。
例えば、8年前の1997年に定点観測した境内の銀杏と2005年を比較すると、11月28日現在、目測で8年前の11月15日の状況とほぼ同じであり、約2週間ほど遅れていることが分かります。
都市化の進展により、ヒートアイランド現象の影響を受け、さらに全体的に気温上昇傾向にあることが相俟って、このような現象を引き起こしているのでしょう。
四季のうち、春と秋の期間が特に短くなってしまい、季節感が失われつつある事がとても残念です。

【以下の写真は1997年の記録です】
ginkgo1.jpg

ginkgo2.jpg

ginkgo3.jpg

ginkgo4.jpg

ginkgo5.jpg

ginkgo6.jpg

ginkgo7.jpg

ginkgo8.jpg

ginkgo9.jpg

ginkgoa.jpg

ginkgob.jpg

ginkgoc.jpg

ginkgod.jpg

ginkgoe.jpg

ginkgof.jpg

ginkgog.jpg ←今年は、11/28現在、このあたり

ginkgoh.jpg

ginkgoi.jpg

ginkgoj.jpg

ginkgok.jpg

ginkgol.jpg

投稿者: kameno 日時: November 28, 2005 10:17 PM

コメントを投稿