たんぽぽの綿毛ふわふわと

ゴールデンウイーク2日目、全国的に行楽日和になりました。
ゆっくりと大型連休を楽しんでいる方も多いでしょう。

貞昌院ではすっかり新緑に包まれ、一面のタンポポが綿毛をつけ始めました。
ということで、タンポポで何枚か写真を撮ってみました。
20050430-1.jpg

20050430-2.jpg

アジュガ
20050430-3.jpg

シャクナゲ
20050430-4.jpg


6月30日の夏越しの大祓に向けて、茅萱が刈り取られました。 例年は貞昌院墓地から刈るのですが、大きくなってから運ぶのも大変なので、行事の2ヶ月前に移植して天満宮に植えてみようとの試みです。

20050430-0.jpg


6月30日に行われる夏越しの大祓とはどんなものか・・・昨年の写真をご覧ください

夏越しの大祓は、正月から六月までの半年間の罪穢(つみけがれ)を祓う伝統的な儀式です。
茅の輪をくぐることにより、疫病や罪蔵が祓われるといわれています。

くぐり方は左まわり・右まわり・左まわりと、八の宇を書くように三度くぐり抜けます。 こうして、心身ともに清らかになって、あとの半年間を新たな気持ちで迎えるのです。

 茅の輪の起源については、善行をした蘇民将来(そみんしょうらい)が素盞鳴尊(すさのおのみこと)から「もしも疫病が流行したら、茅の輪を腰につけると免れる」といわれ、そのとおりにしたところ、疫病から免れることができたという故事に基づきます。 

投稿者: kameno 日時: April 30, 2005 7:49 PM

コメントを投稿