駒沢大学駅伝情報 No.4

駒沢大学駅伝情報 No.4

平成9年の情報です 1997/5/14

1996 19997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010
No.1
No.2
No.3
No.4
No.5
No.6
No.7
No.8
No.9
No.10
No.11
No.12
No.13
No.14 No.15 No.16 No.17 No.18 No.19 No.20 No.21 No.22 No.23 No.24

第73回箱根駅伝は復路新記録優勝で終わりました
おめでとう駒沢大学復路優勝(大会新記録)!!!

その後の選手、チームの活動を後援会より報告いたします。
このページは、駒大陸上部後援会の御協力によって更新しています。


駅伝後の経過報告

  • 1月3日  駒大玉川校舎にて打上げ
  • 2月11日 岐阜犬山ハーフマラソン(藤田選手2位)
  • 3月1日 第73回箱根駅伝報告会・第74回箱根駅伝激励会
  • 3月2日 三浦ハーフマラソン(吉田選手2位、佐藤選手3位)
  • 3月2日 品川子どもマラソンの先導役に松本選手他3名参加
  • 3月9日 立川ハーフマラソン(吉田選手3位)
  • 3月9日 仙台ハーフマラソン(大西選手4位)
  • 3月26より3日間 新入部員坐禅合宿(飯能・浄心寺)
  • 4月5日 亜細亜大学5000m記録会
  • 4月7日 駒大陸上部専用運搬車、後援会より引き渡し
  • 4月13日 八大学対抗陸上競技会
  • 4月13日 焼津みなとハーフマラソン(西田選手7位)
  • 4月20日 霞ケ浦10マイル(河合選手1位、斉藤選手5位)
  • 4月20日 兵庫リレーカーニバル
  • 4月26日 東海大学記録会(藤田選手自己新)
  • 4月30日 駒大新人歓迎会(駒大玉川校舎食堂)
  • 5月4日 日体大記録会(古賀選手自己新)
  • 5月5日 水戸国際陸上競技大会

以上が今年箱根駅伝以後の経過です。すこぶる順調に選手は成長しています。これからも盛大なご声援をお願いいたします。


今後のスケジュール

  • 5月23~ 関東大学陸上選手権大会
  • 7月13日 南部記念陸上
  • 7月20日 札幌国際ハーフマラソン
  • 9月12~ 全国陸上競技選手権大会
  • 10月2~ 日本選手権
  • 10月10日 出雲全国大学選抜駅伝
  • 10月27~ 東日本縦断駅伝
  • 11月2日 秩父宮杯全日本大学駅伝選手権

恒例・新入部員坐禅合宿

 この年度がわりの時期は毎年新しい選手が、後援会事務局長の自坊、飯能・浄心寺を会場に合宿と坐禅を行ないます。
 春のお彼岸あけの良い季節に高校を卒業した新人が、大八木コーチの実践する高いレベルでの練習方法と駒大の選手としての意識を2泊3日で、坐禅を通して理解してから駒沢大学陸上部の仲間入りをします。
 駒大が宗門色を薄めていく中、陸上部は森本監督、高岡ヘッドコーチの提案で坐禅を通して選手の拠り所を求めようとしています。
 坐禅合宿最初の年は全選手参加でしたが、上級生の意識は「こんなことはしてもしょうがない」といった態度がみられ、翌年からは新入部員の歓迎合宿に変更しました。
 また、飯能の地形が長距離選手のトレーニングにとても適しているのと、坐禅合宿のできる施設を提供していただけることが予算の少ない陸上部にとって大変有り難いということで、この時期と場所が定着して続いています。
 この合宿での食事は駒大の誇る女子マネージャーの腕が大いに発揮されます。買い出しから食事づくり、風呂の準備、洗濯の仕方まで細々と面倒を見てくれます。
 この女子マネージャーも、入部時には包丁を持ったことがない人がほとんどですが、数ヶ月を経て、料理の達人になっているのが驚きです。


・・・駒大陸上部後援会「栄光のゴールをめざして」より


RETURN

Teishoin.net by Rev.Tetsuya Kameno is licensed under a Creative Commons