駒澤大学駅伝情報 No.21

駒澤大学駅伝情報 No.21

2007年 第83回大会

平成19年の情報です 2007/1/3

1996 19997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011
No.1
No.2
No.3
No.4
No.5
No.6
No.7
No.8
No.9
No.10
No.11
No.12
No.13
No.14 No.15 No.16 No.17 No.18 No.19 No.20 No.21 No.22 No.23 No.24 No.25

公式記録は、箱根駅伝の公式サイトをご覧ください  箱根駅伝2007

 


順大、6年ぶり11度目の総合優勝!=箱根駅伝

“山の神様”を味方につけた順大が6年ぶりの栄光――。「第83回東京箱根間往復大学駅伝競走」(箱根駅伝)の復路が1月3日に行われ、順大が6年ぶり11回目の優勝を遂げた。

 前日の5区で主将の今井が3年連続区間賞を獲得するなど4分差を逆転して往路優勝した順大。その勢いを保ったまま復路も走り切った。まずは箱根経験豊富な清野が6区でリズムをつくると、7区の井野が安定した走りでタスキをつなぐ。一時は東海大に1分24秒差まで迫られたが、8区・板倉が40秒近く差を広げると、9区・長門が区間賞を獲得する走りで4年生の意地を見せる。最後は、10区・松瀬が区間新記録をたたき出し、結果、2位の日大に6分14秒差をつける圧倒的強さで、大手町のゴールに飛び込んだ。
 仲村明監督は、50回目という節目の出場での優勝に、「このメンバーにめぐり合えて幸せ」と笑顔を見せた。
 2位には10区で逆転した日大。3位には一時、トップに1分24秒まで迫った東海大が入った。連覇を狙った亜大は往路で13位に沈んだが、復路は10位に入り、何とかシード権を確保。また、予選会から勝ち上がった早大は6位でフィニッシュ。名門復活の足がかりをつかんだ。ことしからオープン参加ではなく順位がつくことになった関東学連選抜は20位に終わった。
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20070103&a=20070103-00000019-spnavi-spo


往路 2区、復路 10区を力走する各選手の写真です
Photos by Tetsuya Kameno
サムネイルをクリックすると大きくなります

2区・平戸付近 (通過順)

1位 東洋大学 伊達秀晃
2-01.jpg
2位 山梨学院大学 M.モグス
2-02.jpg

3位 早稲田大学 竹澤健介 区間賞
2-03.jpg

3位 東洋大学 黒崎拓克
2-04.jpg
5位 日本体育大学 保科光作
5位 専修大学 座間紅祢
2-05.jpg
7位 中央学院大学 木原真佐人
2-07.jpg
8位 日本大学 福井誠
2-08.jpg
9位 國學院大學 三島慎吾
2-09.jpg
10位 順天堂大学 小野裕幸
10位 明治大学 岡本直己
10位 神奈川大学 豊田崇
10位 関東学連選抜 久野雅浩
10位 駒澤大学 宇賀地強
2-10-.jpg
2-10.jpg
15位 城西大学 伊藤一行
2-15.jpg
16位 法政大学 圓井彰彦
2-16.jpg
17位 大東文化大学 金塚洋輔
17位 中央大学 奥田実
2-17.jpg
19位 亜細亜大学 山下拓郎
2-19.jpg
20位 国士舘大学 高久佑一
2-20.jpg
 

 

10区日本橋近辺 (通過順:15番通過までは通過順=順位)

1位 順天堂大学 松瀬元太  区間新
3-01.jpg
2位 日本大学 阿久津尚二
3-02.jpg
3位 東海大学 吉田憲正
3-03.jpg
4位 日本体育大学 竹中友人
3-04.jpg
5位 東洋大学 尾田寛幸
3-05.jpg
6位 早稲田大学 宮城普邦
3-06.jpg
7位 駒澤大学 治郎丸健一
3-07.jpg
8位 中央大学 宮本竜一
9位 専修大学 木下卓己
3-08.jpg
10位 亜細亜大学 岡田晃
3-10.jpg
11位 城西大学 福岡功
3-11.jpg

12位 山梨学院大学 栗原圭太
3-12.jpg

13位 中央学院大学 池田政輝
3-13.jpg
14位 大東文化大学 久保謙志
3-14.jpg
15位 法政大学 伊藤雅紀
3-15.jpg
16番 19位 国士舘大学 黒崎悠
3-16.jpg
17番 16位 明治大学 藤田秀之
3-17.jpg
18番 20位 関東学連選抜 米澤豪
3-18.jpg
19番 17位 神奈川大学 片山弘之
3-19.jpg

20番 18位 國學院大學 森徳史
3-20.jpg

 

 



Teishoin.net by Rev.Tetsuya Kameno is licensed under a Creative Commons