駒澤大学駅伝情報 No.19

駒澤大学駅伝情報 No.19

2005年 第81回大会

平成17年の情報です 2005/1/3

1996 19997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010
No.1
No.2
No.3
No.4
No.5
No.6
No.7
No.8
No.9
No.10
No.11
No.12
No.13
No.14 No.15 No.16 No.17 No.18 No.19 No.20 No.21 No.22 No.23 No.24

公式記録は、箱根駅伝の公式サイトをご覧ください  箱根駅伝2005


祝!駒澤4回連続総合優勝!!

本当によくやりました! おめでとう!駒澤大学!!


駒大無敗伝説へ! 2005年箱根駅伝

2005年第81回東京箱根間往復大学駅伝競走は、2日午前8時・大手町をスタート。駒澤は史上5校目の4連覇を狙います。
前回優勝メンバー8人をそろえる必勝布陣。
田中宏樹主将と塩川雄也は「在学4年間に4度走って4度優勝」という箱根無敗記録に挑みます。


往路2区を走る選手たちの力走 (2区・戸塚区平戸付近通・過順に並んでいます)
サムネイルをクリックすると大きくなります


1 東海大学
伊達秀晃


2 山梨学院大学
オンベチェ・モカンバ

3 亜細亜大学
岩崎洋平

4 日本体育大学
熊本剛

5 城西大学
田上貴之
5 日本大学
岩井勇輝
5 駒澤大学
佐藤慎悟
5 東洋大学
北岡幸浩

9 順天堂大学
松岡佑起
9 専修大学
座間マボロベネディック

11 法政大学
原田誠

12 早稲田大学
篠浦辰徳

関東学連選抜
三島慎吾


13 中央学院大学
中東亨介
13 神奈川大学
竜田美幸

15 明治大学
幸田高明

16 帝京大学
戸村将幸

17 中央大学
高橋憲昭

18 大東文化大学
佐々木誠

19 拓殖大学
上村智祐

photos by Tetsuya Kameno


復路10区を走る選手たちの力走 (10区・日本橋近・通過順に並んでいます)
サムネイルをクリックすると大きくなります


1 駒澤大学
柴田尚輝


2 日本体育大学
山田紘之

3 日本大学
下重正樹

4 中央大学
田村航

5 順天堂大学
松瀬元太

6 東海大学
植木崇行

7 亜細亜大学
山下拓郎

8 法政大学
秋山和稔

9 中央学院大学
大内陽介

10 神奈川大学
内野雅貴

11 早稲田大学
高岡弘

12 大東文化大学
薄田洋輔

13 東洋大学
大橋怜

14 帝京大学
白石利治
15 山梨学院大学
後藤順

16 城西大学
篠原秀一

18 専修大学
谷口善隆

17 拓殖大学
阿部哲史

関東学連選抜
亀田健一

19 明治大学
佐藤慈

photos by Tetsuya Kameno


2005年駅伝概況
【往路】東海、念願の往路優勝!!!駒澤惜しくも往路2位!

【1区】
5キロ付近までは混戦状況だったが、やがて拓大、中大が遅れ始める。
亜細亜が一度先頭に躍り出し、それに東海が続き、2人の争いになるも、最終的に東海大・丸山が一位で襷を渡す。2位亜細亜大、3位日体大、4位早稲田。

【2区】
山梨学院のモカンバと東海大の伊達が快調な走りを見せる。特にモカンバは14位から12人抜き。
1位東海、2位山梨学院、3位亜細亜、4位日体大。駒澤は8位、早稲田は11位。

【3区】
日大・サイモンが4人抜きで一気に2位へ。東海は手堅い走りで1位をキープ。
駒澤は井手の快調な走りで5位に浮上する。東海を捉え、首位に

【4区】
駒澤・主将の田中が区間トップで3位に浮上。2位日大の目前まで迫る。
勢いに乗る東海大は、堅調に首位をキープ。4位日体大、5位山梨学院。

【5区】
東海大・越川、駒澤に6秒差まで詰め寄られるも最後まで首位を譲らず1位でゴール。念願の往路優勝を果たした。
順天大・今井が驚異的な走り。驚異の1時間9分台の記録で4位に食い込む。
2位の駒澤は30秒差で復路に挑む。以下、3位日大、4位順天大、5位日体大、6位中央大。早稲田は15位に終わった。

【復路】駒澤、総合4連覇!早稲田は惜しくもシード権を落とす

【6区】一番手スタートの東海大・石田が順調な走り。後半、駒澤・藤山が15秒差まで追い上げる。
3位日大・末吉もトップとの差を縮める。

【7区】駒大の糟谷がピッチを上げ、一気に首位の東海大・角田をとらえる。糟谷は前回に続き、区間賞に輝いた。

【8区】首位駒大、1年生・藤井が後半、ややスピードを落とし、差を縮められる。日大・福井も驚異的な追い上げで2位に迫る。

【9区】駒大のエース・塩川が区間新記録の激走。駒大の優勝は揺るぎないものとなった。日大・武者も、スパートをかけ、一気に東海大・倉平を捉え、2位に。

【10区】駒大の柴田は自らのペースを守り、独走態勢のまま復路4連覇のゴールを切った。
2位は日体大・山田が区間新の走りを見せた。以下 3位日大、4位中大。
早大・高岡は区間新の執念の走りを見せるも、わずかの差で11位となり、シード権を落とした。


公式記録は、箱根駅伝の公式サイトをご覧ください  箱根駅伝2005


 RETURN to the TOP PAGE

Teishoin.net by Rev.Tetsuya Kameno is licensed under a Creative Commons