駒沢大学駅伝情報No.17

駒沢大学駅伝情報No.17

平成15年の情報です 2003/1/3

1996 19997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010
No.1
No.2
No.3
No.4
No.5
No.6
No.7
No.8
No.9
No.10
No.11
No.12
No.13
No.14 No.15 No.16 No.17 No.18 No.19 No.20 No.21 No.22 No.23 No.24


2003年春までの予定

◎熊日30Kロードレース 2月16日
http://kumanichi.com/fsports/30km/
島村清孝

◎千葉クロカン 2月16日
井出貴教

◎犬山ハーフマラソン 2月23日
http://chubu.yomiuri.co.jp/evt/ev_inu25.html
高橋桂逸・藤山哲隆

◎びわ湖毎日マラソン 3月2日
松下龍治

◎立川ハーフマラソン 3月9日  
内山直将 沖田祐補 山端信祐 塩川雄也 田中宏樹 古庄智幸 井出教貴 大川真幸 波田野裕 本宮隆良

◎京都シティーマラソン 3月9日
糟谷悟 佐藤慎吾

◎仙台ハーフマラソン 3月9日
北浦政史 吉田繁 太田貴之 風見尚 村上和春


お寄せいただいたメッセージ(抜粋)
■松下さん,広島男子駅伝お疲れさまでした。松下さんの走る姿を見ることができ,また明日から頑張れそうです!!
 怪我だけは本当に気をつけてください。富士通にいっても変わらず応援し続けます☆
■二区を走った松下龍治選手、ずっと応援してました。これからも頑張って下さい。
■駒澤大学 箱根駅伝総合優勝おめでとう!

祝・駒澤大学連覇!堂々の総合優勝

 
 2003年・第79回東京箱根間往復大学駅伝競走が開催され、駒澤大学が通算11時間3分47秒で、2年連続3度目の総合優勝を果たした。
 
  復路優勝を果たした山梨学院大は7区にエースの岩永を起用。対して駒澤大学は、1年生糟谷が予想以上の好走。トップの山梨学院と2分弱の差で襷をつなぎ、8区太田、9区島村、10区北浦が連続区間賞(北浦は区間新)。みごとトップでゴールのテープを切った。

 逆転のヒーローになったのは9区の島村だったが、大手町では山梨学院との差が5分以上もつき、層の厚さを見せ付ける「総合力」での連覇だった。

 優勝は駒澤大学、2位は往路優勝の山梨学院大。以下3位日大、4位大東大、5位中大、6位東洋大、7位東海大、8位順大、9位日体大、10位中央学院大までががシード権を獲得した。
  ⇒詳細な公式記録はこちらをご覧ください


最終10区を走る選手たちの力走 (通過順:今年は日本橋付近で応援しました)

1位 駒沢 北浦政史 2位 山梨 森和治 3位 日大 下重正樹 4位 大東 田上二朗
5位 中央 河合恵悟 6位 東洋 岩田豪 7位 東海 影山淳一 8位 順大 春田真臣

 photos by Tetsuya Kameno



2003年 第79回箱根駅伝 今年も駒澤は優勝を狙います!

 優勝候補筆頭の駒澤大学は、選手層の厚さが随一。1区に内田、4区で区間新をとったエース松下を今回は2区に起用。復路9区に主将島村を配置して、仮に遅れたとしても逆転できる体制を整える。

 今年のポイントは、補欠に入った太田、田中を何処に使うかだろう。 

 

第79回箱根駅伝 駒澤大学エントリー選手

エントリー予定
選手名
学年
1区
内田直将
3
2区
松下龍治
4
3区
佐藤慎吾
1
4区
塩川雄也
2
5区
田中宏樹
2
6区
吉田 繁
3
7区
糟谷 悟
1
8区
太田貴之
2
9区
島村清孝
4
10区
北浦政史
3
補欠

高橋桂逸

4
補欠
村上和春
1
補欠
藤山哲隆
1
補欠
井出貴教
1

 


公式記録は、箱根駅伝の公式サイトをご覧ください  箱根駅伝2003


 RETURN to the TOP PAGE

Teishoin.net by Rev.Tetsuya Kameno is licensed under a Creative Commons