カテゴリー:おしらせ

『わがまち港南の石仏たち』を頒布中です

「こうなんの歴史アルバム」シリーズ第3弾

『わがまち港南の石仏たち』が完成し、貞昌院で頒布中です。
 20170928-15

著者は港南歴史協議会に属している陶山誠さん。

港南区内に点在する石仏・石塔・石造物など、現在すでに失われてしまった16点を含め、353点を、写真とともに種類別のいわれやコラムで紹介しています。

20170928-16

A4判変形で140ページ。
とてもボリュームのある本ですので、上下巻に分かれています。

「久良岐郡域編」と「鎌倉郡域編」の上下各巻 1000円、上下2冊で2000円(今年に限り1800円)です。

ご希望の方は貞昌院まで。
貞昌院のほか、港南区役所1階売店や港南台タウンカフェでも取扱っております。

 

数量限定。無くなり次第頒布終了となります。

投稿者: kameno 日時: 8:07 PM | | コメント (0)

今日から秋彼岸

台風18号が過ぎ、少し残暑が戻ってきました。

今日から春彼岸です。
今年の彼岸は9月20日から26日、23日がお中日(秋分の日)です。 
例年通り、彼岸の入りまでに墓地の清掃を行いましたので、気持ちのよいお墓参りができることと存じます。

20110921-07

今年は彼岸花が例年よりも早く咲き、もう満開のピークを過ぎています。
どうぞ、白や赤の彼岸花を楽しみながらお墓参りされることをお勧めします。

-------春彼岸におしらせしたことを再掲します-----------------------

■おしらせとお願い

「〇〇家」と書かれている手桶は、今後はこれ以上増やさないようお願いします。
「〇〇家」と書かれた手桶が手桶棚を占領してしまうと、それ以外の方が使うことができず不便です。
よって、「貞昌院」の手桶を段階的に増やしてご用意いたしますので、手桶については、お墓参りのどなたでもご利用できるようにご配慮をお願いいたします。

投稿者: kameno 日時: 8:02 AM | | コメント (0)

9/10 貞昌院落語会のおしらせ

金原亭馬治師匠 落語と紙切り、子供落語お披露目

落語

貞昌院で年に2回開催している落語会のご案内です。
今回は、定期的に落語教室で稽古を積んできた小学生の落語家のお披露目もございます。
日頃の練習の成果を、どうぞ応援してくださいますようお願いいたします。
是非お越しください!

――――――――――――――――――――――――――――

さわやか寄席-落語と紙切り



金原亭馬治師匠・桃川健師匠・子供落語
日時 平成29年9月10日(日曜日)
場所 貞昌院 本堂にて
午後2時より 子供落語お披露目
貞昌亭花帆・貞昌亭瑞鳳
落語 金原亭馬治師匠(真打)
江戸紙切 桃川健師匠
木戸銭 800円 (小学生以下無料)

投稿者: kameno 日時: 5:53 PM | | コメント (0)

9/9 ゆめ観音アジアフェスティバルin大船観音のおしらせ

毎年9月に大船観音寺を会場に開催している「ゆめ観音アジアフェスティバル」のお知らせです。
今年は9月9日(土曜日)に開催いたします。
みなさま、お誘いあわせの上、是非お越しくださいますようご案内申し上げます。

---------------------------------

 

■2017年9月9日(土曜日) ゆめ観音アジアフェスティバル

Yume_2017_omote.jpg Yume_2017_ura.jpg
チラシ表面チラシ裏面

■観音前ステージ 12:00~
開会宣言
横濱たんぶう (和太鼓)
H@N@PS (ハッピーウイルス拡散ユニット)
猫十字社 (ヒーリングポップス)
SAKARAK   (カンボジア舞踊)
米山流殺陣術     (殺陣パフォーマンス)
MARISOL BELLY DANCE   (ベリーダンス)
アロハ ウエーブス  (ハワイアンバンド)
チャクリカ    (インド舞踊)
万灯供養    (平和祈願法要)
HULA PAKIPIKA     (フラダンス)
M dane creation   (オリエンタル コンテンポラリーダンス)
観音美醜×TSUMUZI (観音舞)
チーム アンジェララーガ (ボリウッドダンス)

■胎内にて
紙芝居を広める会(紙芝居実演)
木彫家・植草等雲(千体仏実演)

■出展・飲食 11:00~yume2017.pdf

シャンティ―国際ボランティア会(フェアトレード)
地球市民ACTかながわ  (東南アジア工芸品) 
異文化の風さかゑ (タイの衣料品) 
asian goyanglidah (インドネシア料理)
インドレストランJoy Moris     (インド料理)
チニーズ(インド雑貨・スパイス・ラッシー・チャイ)
のんのん    (大船おにぎり)
ネスパ    (地元企業による展示)
スカイテック    (太陽光発電・環境展示)
インド政府観光局 (観光案内)

◆キャンドルナイト 18:30~

「平和の火」を広げるキャンドルナイト

会場:大船観音寺 (鎌倉市岡本1-5-3 JR大船駅西口徒歩5分)
主催 ゆめ観音実行委員会
協力 第5教区/即心会/ひかり作業所/有志ボランティア
後援 鎌倉市
URL http://soto-zen.net/yume    TEL 0467-43-1561

投稿者: kameno 日時: 5:28 PM | | コメント (0)

今日から八月盆

今日から八月盆を迎えます。
(8月13-15日)

新しく山の日が祭日となってお盆休みの期間が長くなりました。
迎え盆のためのお墓参りをされる方も多くなっています。

 

お盆の迎え方、精霊棚の飾り方についてまとめていますので、併せてご参照ください
ここをクリック

貞昌院では、新盆をお迎えのかたを中心にお盆の棚経廻りをしております。
予め棚経予定時刻の通知をさせていただいておりますのでよろしくお願いいたします。

20170813-01

本堂の向こうから朝日が昇ってきました。
今日の横浜の最高気温は31度の予報です。

投稿者: kameno 日時: 6:50 AM | | コメント (0)

7/26(水)大施餓鬼法要が行われます。

7月26日・水曜日、恒例の貞昌院大施餓鬼(おせがき)法要が行われます。

 

■貞昌院大施餓鬼会
平成29年7月26日 水曜日

午後1時15分 受付開始
午後1時45分~法話 「地獄極楽六道図絵解き」 磯田浩一老師(静岡県 慶昌院住職)

clip_image002
(写真は以前津軽三味線法話をいただいた時のものです)

午後3時~ 大施餓鬼会法要

皆様のお参りをお待ち申し上げます。

20150725-0820150725-0720150725-06

 

大施餓鬼にむけて、境内および墓地の草刈清掃も終わりました。
法要後のお参りもしやすくなっていると思います。

投稿者: kameno 日時: 10:14 PM | | コメント (0)

6/24キャンドルナイトin大船のおしらせ

平和の火をココロに灯す・・・・今年も大船観音を会場にキャンドルナイトin大船が開催されます。

今年の開催は6月24日(土曜日)です。
会場 大船観音寺(JR大船駅西口 徒歩5分)

2017candle

 


「平和の火」採火式・原爆被爆者慰霊法要 18:00~ 
■キャンドル点灯 18:30から
平和の火を広げるキャンドルナイト
地元幼稚園の園児たちによるキャンドルも灯されます。 
キャンドル協力・玉縄幼稚園/ミカエル幼稚園/しろやま幼稚園/大船カトリック幼稚園/みどり子供園/深沢幼稚園/長谷幼稚園/ 片岡幼稚園
0467-43-1561 FAX:0467-43-1562 
【主催】 ゆめ観音実行委員会
日時 2017年6月24日(土曜日)18:00-20:30

みなさまのお越しをおまちいたしております。


■関連リンク
キャンドルナイトin大船2016開催報告
キャンドルナイトin大船2015開催報告
キャンドルナイトin大船 開催報告(2014年)
キャンドルナイトin大船観音2013(2)
キャンドルナイトin大船観音2013(1)
祈りと願いのキャンドルナイトin大船観音(2012年)
2011ゆめ観音アジアフェスティバル報告(3)
キャンドルナイトin大船2011報告
平和への祈り 大船観音から
2010年夏キャンドルナイトin大船観音報告
キャンドルナイトin大船開催報告
原水爆禁止国民平和大行進@大船観音
キャンドルナイト報告?笑顔が広がりますように
原爆投下は長崎を最後に
広がるねがいと平和の灯火
「広島原爆の火」の採火式を行います
Flame of the Atomic bomb in Ofna kannon

投稿者: kameno 日時: 10:34 AM | | コメント (0)

今日から春彼岸

暖かく穏やかな天気が続くようになりました。

今日から春彼岸です。
今年の彼岸は3月17日から23日、20日がお中日(春分の日)です。 
例年通り、彼岸の入りまでに墓地の清掃を行いましたので、気持ちのよいお墓参りができることと存じます。

20110921-07

 

今年の桜(ソメイヨシノ)の開花は昨年より少し遅れそうです。
どうぞ、華やかになりつつある景色を楽しみながらお墓参りされることをお勧めします。



■おしらせとお願い

貞昌院境内墓地の、墓参用水道について増設工事を行いました。

山の上の墓地は、見晴らしがよい反面階段を登った先に墓地区画があります。
坂を登った途中に駐車場を設けており、その駐車場の一角に水屋と水道があります。
このたび、階段を一つ上がった箇所に水道の蛇口を新設しております。
お墓参りの際、手桶に水を入れて階段を登る段数が軽減されると思います。

 
一つお願いがございます。
「〇〇家」と書かれている手桶は、今後はこれ以上増やさないようお願いします。
「〇〇家」と書かれた手桶が手桶棚を占領してしまうと、それ以外の方が使うことができず不便です。
よって、「貞昌院」の手桶を段階的に増やしてご用意いたしますので、手桶については、お墓参りのどなたでもご利用できるようにご配慮をお願いいたします。

投稿者: kameno 日時: 10:05 AM | | コメント (0)

4/1さわやか演奏会・4/8花まつり講談のおしらせ

貞昌院本堂を会場とした演奏会と講談のおしらせです。
檀信徒の皆様には郵送でご案内をお送りいたしております。



桜満開の弦楽四重奏音楽会のおしらせ (この音楽会は檀家さんに限らない一般向けです)
さわやか音楽会
clip_image001
日時 4月1日(土)午後2時~午後4時30分
(演奏は午後3時から)
場所 貞昌院本堂
会費 800円 (お茶菓子代として)
演奏者  SAKURA弦楽四重奏団


桜満開のこの時期に、皆様お誘いあわせの上皆様のご来寺を お待ちしております。
この弦楽四重奏音楽会は、地域交流拠点「さわやか港南」との共催となります。

お申込は 貞昌院 または さわやか港南 045-820-5883 まで。
なお、上永谷町内会防災部のバザーも境内で開催されます。

SAKURA弦楽四重奏団

井上 八世以 Yayoi Inoue(ヴァイオリン)
北鎌倉女子学園音楽科を経て国立音楽大学卒業。卒業演奏会に選ばれ出演。日本クラシック音楽コンクール全国大会に進出し受賞・国際芸術連盟新人オーディション合格等、コンクール・オーディションで多数受賞・合格する。ザルツブルクのモーツァルテウム音楽院にてマスタークラスを修了後コンサート出演者に選ばれる。演奏活動の他、横浜市委託指導員として指導するなど後進の指導にも力を注いできている。また楽譜出版、曲のアレンジ等の幅広い活動をしている。前澤均・堀伝の両氏に師事。横浜市民広間演奏会・戸塚区演奏家協会、各会員。湘南アルス室内合奏団メンバー。

濱 由起恵 Yukie  Hama(ヴァイオリン)
国立音楽大学器楽学科卒業これまでに前澤 均氏、堀 伝氏に師事。国立音楽大学在学中、学内オーディション合格者によるソロ 室内楽定期演奏会に出演。また同大学卒業演奏会、神奈川県新人演奏会などで活動を開始、同大学オーケストラともソリストとして共演。2001年には、日本テレビ主催“Virtuoso Gala Concert”に出演し、著名な演奏家たちと共演する。現在フリーのヴァイオリン奏者として、オーケストラ、カルテット等の室内楽を中心に演奏活動を行っている

飯田 絢子  Ayayko Iida(ヴィオラ)
5歳よりヴァイオリンを始める。北鎌倉女子学園中学音楽コース、同高等学校音楽科を卒業。国立音楽大学室内楽コース修了。同大学アドヴァンストコース修了。これまでに、ヴァイオリンを前澤悦子、前澤均、神代恭子、武藤伸二の各氏に、ヴィオラを川崎和憲氏に、室内楽を徳永二男、漆原啓子の各氏に師事。逗子ファンデーク音楽院、Studio Maninaヴィオラ・ヴァイオリン教室講師。http://artmusiczushi.wixsite.com/studio-manina

吉濱 綾伽 Ryoka Yoshihama(チェロ)
東京藝術大学卒業。日中友好協会による音楽家訪中団に参加。イギリスでChannel-Light-Vesselのメンバーとしてレコーディングやコンサート活動を行う。並行して、Asian Fantasy Orchestraのアジアツアーに参加し各国の音楽家たちと交流を深める。日本ハイドンアンサンブル主席チェロ奏者、フェリス女学院大学音楽学部講師などを経て、イギリスへ留学。最近は、トニー・ホルロイド(Dr.)、藤代敏裕(Pf.)とのTony&Friendsに作曲、演奏の両面で参加し、2017年6月18日、逗子文化プラザでのコンサートに向けて、活動スタートさせたところ。


 



貞昌院 花まつり 護持会総会のご案内 (花まつり、護持会総会、講談は檀信徒のみが対象となります。)



clip_image002陽春の候、檀信徒の皆様には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、例年のとおり花まつりを兼ねて護持会総会を行いますのでご案内いたします。
花まつりとは、お釈迦様の誕生日。誕生仏に甘茶を掛けて誕生を祝います。
本年は、先月「笑点」にも出演された講談師・一龍斎貞鏡さんによる『お釈迦様一代記』の講談をお楽しみいただきます。 
準備の都合上、檀信徒の皆様にお送りした返信葉書を3月31日までに投函をお願いします。
なお、欠席の方は委任状欄に御署名の上、ご投函ください。

4月8日(土)
10:30  花祭り法要     (本堂にて)
11:00  護持会総会     (本堂にて)
(前年度護持会会計決算、新年度予算案審議 / 墓地等環境美化費会計報告 / 護持会役員の件、その他)
11:30  講談 『お釈迦様一代記』 講談師・一龍斎貞鏡さん (本堂にて)
12:45 懇親会 (広間でお食事をご用意いたします)

講談師・一龍斎貞鏡

父が八代目一龍齋貞山、祖父が七代目一龍齋貞山、義理の祖父が神田伯龍であり、世襲制ではない講談界に於いて初の三代続いての講談師。
平成23年より神保町らくごカフェに於いて勉強会「一龍斎貞鏡の会」を始める。
平成25年より日暮里サニーホールコンサートサロンに於いて、自主興行の独演会『本日の提供は貞鏡でございます~土地に纏わる講談を読む会~』を定期的に開催中。
講談協会定席の他、仏教講談、講談バスツアー、司会など、講談の可能性を生かして様々な方面で活躍中。
平成24年二つ目昇進。

投稿者: kameno 日時: 10:43 AM | | コメント (0)

墓地水道新設と手桶についてのお願い

貞昌院境内墓地の、墓参用水道について増設工事を行っています。

2017_031001

山の上の墓地は、見晴らしがよい反面階段を登った先に墓地区画があります。
坂を登った途中に駐車場を設けており、その駐車場の一角に水屋と水道があります。

このたび、階段を一つ上がった箇所に水道の蛇口を新設しました。
お墓参りの際、手桶に水を入れて階段を登る段数が軽減されると思います。

2017_031002

 

また、近日中に手桶棚を増やす予定です。
春彼岸に向けて、よりお参りしやすい環境を整えたいと考えております。

 

一つお願いがございます。
「〇〇家」と書かれている手桶は、今後はこれ以上増やさないようお願いします。
「〇〇家」と書かれた手桶が手桶棚を占領してしまうと、それ以外の方が使うことができず不便です。

よって、「貞昌院」の手桶を増やしてご用意いたしますので、手桶をお墓参りのどなたでもご利用できるようにするよう、ご配慮をお願いいたします。

投稿者: kameno 日時: 1:55 AM | | コメント (0)

港南図書館30周年記念講演会

地元の港南図書館が開館30周年を迎えます。
これを記念して、下記のとおり2月25日(土曜日)に講演会とパネルディスカッションが開催されます。
パネルディスカッションでは、私もパネリストとして参加させていただくほか、港南区・丸山台、野庭地区の開発の様子を写真資料をもとに港南歴史協議会有志によりご紹介させていただきます。

申込みは2月14日より、座席に限りがありますので先着順となります。
皆様のご参加をお待ちしております。


港南図書館30周年記念事業
講演会&パネルディスカッション
日時 2月25日(土)午後2時から午後4時30分
場所 港南図書館会議室

内容 講演会 午後2時から午後3時30分
講師 神奈川大学教授 田上繁氏
テーマ「江戸時代の港南区域の村々を検索する~武蔵・相模国風土記稿と古文書から見える村の姿~」
パネルディスカッション 午後3時30分から午後4時30分
パネリスト 港南区在住の有識者3名
テーマ「港南図書館の誕生の頃」
定員 40名
申込 2月14日(火)午前9時30分から電話(TEL841-5577)または窓口(先着順)


 

講演会(古代製鉄と港南区」
日時 2月18日(土)午後1時30分から午後4時
場所 港南図書館会議室
講師 港南歴史協議会 遠藤吉隆氏
資料代 500円(当日徴収)
定員 45名(申込多数の場合抽選)
申込 「往復はがき」で受付 住所・氏名・電話番号を記入してください。
(はがき1枚につき1名でお願いします。)
(返信用の宛名・住所の記入もお忘れなく。)
締切 1月31日(火)消印有効
宛先 港南図書館 〒234-0056 港南区野庭町125 TEL841-5577


また、2月18日(土曜日)には港南歴史協議会協力による講演会もありますので、併せてご紹介いたします。


■関連リンク

都市横浜の記憶
港南歴史写真帖

投稿者: kameno 日時: 1:18 AM | | コメント (0)

新春さわやか寄席のお知らせ

「さわやか寄席」のご案内です。

貞昌院本堂では
「さわやか寄席」を毎年2回
「さわやかコンサート」を年1回
のペースで開催しています。

■新春さわやか寄席

日時 平成29年2月26日(日曜日)午後2時 より
場所 貞昌院 本堂にて


落語 金原亭馬治師匠(真打)
紙切り 桃川健師匠
木戸銭 800円
(貞昌院・さわやか港南共催)

20160123-0220160123-09
写真は昨年の様子です。

 


 

また、新春さわやかコンサートの日程も決まりました。

日時 平成29年4月1日(土曜日)午後2時 より
場所 貞昌院 本堂にて

 

コンサートについても詳細が決まり次第お知らせいたします。


■昨年の様子はこちら
新春さわやか寄席2016年

投稿者: kameno 日時: 5:48 PM | | コメント (0)

除夜の鐘生中継を行います

貞昌院からの除夜の鐘のライブ中継を行います。
配信日は、12月31日 、鐘を撞く時間は22時から24時まです

除夜の鐘は一般の参拝客の皆さまにお撞きいただいております。

 

 除夜の鐘は深夜0時で撞き終わります ので、ご希望の方は早めにお越し下さい。

今年は、freshlive,Ustream ,Youtube,でも生中継を予定しています。
Ustream や youtube freshlive から「除夜の鐘@貞昌院」などのキーワードでご覧ください。


https://freshlive.tv/embed/73517


Live streaming video by UstreamLive streaming video by Ustream

 

寒い中の除夜の鐘ですから、手作りの甘酒のサービスをさせていただきます。

20141228-02

こちらも併せてお楽しみください。


 除夜の鐘@貞昌院 

投稿者: kameno 日時: 11:33 PM | | コメント (0)

9/10ゆめ観音アジアフェスティバルin大船

ゆめ観音アジアフェスティバルが大船観音寺を会場として開催されます。
今年が18回目の開催となります。

日時 平成28年9月10日(土曜日)11:00-20:30
場所 大船観音寺(JR大船駅西口徒歩5分)


ゆめ観音アジアフェスティバルは、「つながる~ひろがる~アジアのねがい」をスローガンとして、大船観音寺を会場に平成11年より開催しております。アジアの参拝者が多い、大船観音で、観音信仰で結ばれたアジア各国・各地域の人々が集い、皆が楽しめる場を設けたいと考えたことがきっかけとなり、また、世界恒久平和を念願して建立された大船観音から、平和の願いがアジア、そして世界へと広がるよう願っています。
是非足をお運びください。

2016-omote.jpg 2016-ura.jpg

■ステージ 12:00~
• 開会宣言 (来賓 鎌倉市長様他)
• 夜弓神楽狐之灯矢 (和の歌舞パフォーマンス)
• 米山流殺陣術 (殺陣パフォーマンス)
• スミリール (インドネシア舞踊)
• Gospel choir 1 Cube (ゴスペルライブ)
• 柏木みどりジャズスタジオ(ジャズパフォーマンス)
• Manahua (フラダンス)
• 鎌倉市民踊協会 (民踊)
• Marisol Belly Dance (ベリーダンス)
• 万灯供養 (平和の火に囲まれて行う平和の祈り)
• 観音美醜×Mojo World×Liquid biuPil(ダンスパフォーマンス)
• チーム アンジェラ ラーガ(ボリウッドダンス)

◆観音胎内 午後
• 紙芝居を広める会(紙芝居)


■出展・飲食 11:00~
• チニーズ (インド雑貨・スパイス・ラッシー・チャイ)
• 地球市民ACTかながわ (東南アジア工芸品)
• 異文化の風さかゑ(タイの衣料品)
• ネスパ (湘南モノレール株式会社)
• スカイテック   (太陽光発電展示)
• のんのん (大船おにぎり)
• インドレストランJoy Monis(インド料理)
• 東京アショカ (インドカレー、タンドリーチキン)
• ハイチの会セスラ(ハイチの手作り民芸品)
• ドリームブリッジ(手作りキャンドル)
• 日タイ文化交流協(ラオスの惣菜やお菓子)
• インド政府観光局(観光案内)

◆キャンドルナイト 18:30~
• 「平和の火」を広げるキャンドルナイト

投稿者: kameno 日時: 9:29 AM | | コメント (0)

大賀蓮の種が獲れました

今年も多くの花を楽しませていただいた大賀蓮。

熟した実から種を収穫しました。
その中から大きな種を厳選しましたので、もしもご希望の方がいらっしゃるようであれば無料で差し上げます。

ご希望の方は、kameno@teishoin.net までご連絡ください。


※多数の希望を戴きありがとうございました。
※規定数に達しましたので、配付は一旦終了とさせていただきます。
8月28日正午までにご連絡いただいた方には近日中に発送させていただきます。

20160826-02

20160827-03

 

なお、石田精華園のサイトに種からの育て方が書いてありますので併せてご参照ください。

投稿者: kameno 日時: 3:34 PM | | コメント (0)

男の極み講座が開催されます

男の極み講座(全7回・日限山地域ケアプラザ・港南区社会福祉協議会共催)が開催されます。
第3回(10月25日)は貞昌院での坐禅です。

定員は20名。
皆様のご参加をお待ちいたしております。

パンフレット・申込用紙(PDF)

男の極み講座

~ 好奇心を強く持とう!本物と感動を! ~
家庭・地域でも魅力溢れる男性を目指し、仲間づくりを行います

 

10月11日 (火)
10時~12時

珈琲の淹れ方
「Bon Coin COFFEE」

初日に参加費を集めます。
筆記用具等

10月18日 (火)
13時半~15時半

男のヨガ
「内側から磨きをかけよう」

水分、タオル

10月25日 (火)
13時半~15時半

坐禅と心のあり方
@天神山 貞昌院 (貞昌院集合)

現地集合です。
上永谷5-1-3
筆記用具

11月8日 (火)
18時~20時

宇宙を学ぼう「天体観測」
ビクセン/星を見せる会社

防寒着 、カイロ
温かい飲み物
筆記用具等

11月22日 (火)
11時~14時

:男のイタリアン家呑みメシ
伊藤シェフ(半数10名で料理を行います)

エプロン、三角巾等

11月29日 (火)
11時~14時

:男のイタリアン家呑みメシ
伊藤シェフ(半数10名で料理を行います)

 

12月6日 (火)
13時半~15時半

地域と私のコミュニケーション
共育ひろば主宰:牧岡英夫講師

筆記用具等

参 加 費:2,000円【材費等込:初日に参加費を集めます】
定    員:20名【多数の場合抽選になります】
対 象:男性60歳以上、全て参加可能な方
会 場:日限山地域ケアプラザ 多目的ホール2F
申込期間:10月1日まで
申込方法:電話かFAXにて、①氏名、②年齢、③住所、④電話番号、⑤参加動機
申 込 先:日限山地域ケアプラザ  担当:地域包括支援センター、地域活動交流(問合先) 電 話 827-1870 FAX 827-1872
日限山地域ケアプラザ・港南区社会福祉協議会共催事業

投稿者: kameno 日時: 9:00 AM | | コメント (0)

天神山貞昌院晋山式礼

檀信徒のみなさまおよび関係諸師には既にお知らせさせていただいた通り、小衲儀 このたび當山廿九世重興徳峯寛量大和尚本然清浄忌の機縁に、晋山結制修行を厳修させていただくことになりました。
不肖もとより浅学菲才の身ですが 皆様方のご指導とご協力を戴きまして微力を尽くし精進致したいと存じます
今後とも益々のご指導御鞭撻の程よろしくお願いたします。


貞昌院新命 亀野哲也 九拝
貞昌院東堂 亀野哲雄 九拝
貞昌院総代世話人一同 合掌


平成28年3月25日(金)
首座入寺式、土地堂念誦、第29世住職逮夜、配役本則行茶
平成28年3月26日(土)
稚児行列、第30世住職退董式、晋山・晋山開堂、首座法戦式、第29世住職本然清浄忌、檀信徒総回向


 

本堂前に角塔婆を建立いたしました。

20160323-0920160323-0820160323-07

 

この角塔婆は、晋山結制に鑑み、先々代住職の三十三回忌の供養と、そして晋山結制にあたる心構えと積功累徳仏法が永遠のものであるようにという誓願の意味があります。

本堂に安置されている本尊釈迦牟尼仏の右手と五色の結縁(けちえん)紐(ひも)で結ばれ、角塔婆を触ることでお釈迦様のご縁が直接繋がります。

投稿者: kameno 日時: 10:36 PM | | コメント (0)

さわやかコンサートのお知らせ

河津桜はもう葉桜となり、ソメイヨシノの開花も間近になりました。

この時節に毎年恒例になりました「さわやかコンサート」が貞昌院本堂で開催されます。
201100328-01

日時 平成28年3月13日(日曜日) 午後3時より
場所 貞昌院本堂 にて
お茶菓子代として 800円
お申し込み、問合わせは 電話 045-820-5883(さわやか港南)まで
直接 貞昌院への飛び込み参加も歓迎します
 
出演 磯田浩一師(静岡県慶昌院住職・津軽三味線奏者)

今年は、法話を交えた力強い津軽三味線の演奏をお楽しみ下さい。
さわやかコンサートは社会福祉協議会・さわやか港南主催により定期的に開催されている落語や演奏会など、地域の方と一緒に楽しむ催しです。



■これまでの記録

さわやかコンサート2015
さわやかコンサート2014春
さわやかハープコンサート
さわやか弦楽四重奏演奏会
第2回ふるさと福島を語る会・さわやかコンサート

投稿者: kameno 日時: 11:05 PM | | コメント (0)

3月26日に稚児行列を行ないます

御稚児(おちご)さん募集のご案内

http://teishoin.net/chigohttp://teishoin.net/chigo


貞昌院では、この春(平成28年3月26日・土曜日)に稚児行列(ちごぎょうれつ)を行ないます。
稚児行列は、古来より神仏の行事が行われる時に、賢く優しい子に育つようにという願いを込めて、可憐なお子様を天童に見立てて行列するものです。
ちょうど桜が見ごろになる日程です。
お子さんの一生一度の良い思い出に、 皆さまの可愛いお子様や、お孫さん、ご近所のお友達を御誘いの上、 ぜひご参加ください。
檀家さん以外ても歓迎です。

→ご案内・お申込書(PDF)

■開催日 平成28年3月26日(土曜日)
■参加対象 0歳から12歳まで 保護者の方の付き添い要
■稚児参加料 金5,000円(1名につき) 貸衣装・記念写真・おみやげ(記念品)込み
■必要なもの スニーカー・下着
■申込方法 平成28年2月末日までに稚児参加申込書に必要事項を記入の上お申込下さい。
3月上旬に衣装引換券 おみやげ券をお送りいたします。

 

■当日の流れ(予定)
8時00 分までに上永谷町内会館に集合、 衣装受け渡し・着替え・化粧準備 →衣装引換券をお持ちください
8時40 分 町内会館出発、 行列にて貞昌院へ
9 時00 分 貞昌院到着 灌頂師による洒水のご祈願 記念撮影等
各自町内会館に戻り、衣装返却・おみやげのお渡し、 10 時ごろ解散

■衣装について
お申込書をご参照下さい。

■その他
・お車でお越しの方は近隣のコインパーキング等をご利用下さい。
・お申込みが一定数を超えた場合、締め切る場合がございます。予めご了承ください。
・荒天の場合は写真撮影のみとなります。

→ご案内・お申込書(PDF)

※申込書を貞昌院までご持参またはFAXまたは郵送下さい。後日、衣装引換券・おみやげ券をお渡し致します。
FAX 045(843)8864
233-0012 横浜市港南区上永谷5-1-3 貞昌院

投稿者: kameno 日時: 11:55 AM | | コメント (0)

1/23新春さわやか寄席のご案内

今月23日(土曜日)に貞昌院さわやか寄席が開催されます。
昨年真打に昇進された金原亭馬治師匠の落語と、桃川健さんの紙切をお楽しみください。

20140827-2620140827-25

日時 平成28年1月23日(月曜日)

午後2時より
・落語 金原亭馬治 師匠
・江戸紙切り 桃川健 師匠
木戸銭 800円 (小学生以下無料)

場所 貞昌院 本堂にて

お申込みは、希望者のお名前、連絡先を記載の上 kameno@teishoin.net または 電話 045-820-5883(さわやか港南)まで。

投稿者: kameno 日時: 10:34 AM | | コメント (0)

除夜の鐘のおしらせと生中継について

貞昌院からの除夜の鐘の中継を UStream と WebCamera の2通りで配信します。
配信は、12月31日 、鐘を撞く時間は22時40分から24時まです

 除夜の鐘は深夜0時で撞き終わります ので、ご希望の方は早めにお越し下さい。


Ustream や youtubeから下記のURL,または「除夜の鐘@貞昌院」などのキーワードでご覧ください。


Live streaming video by Ustream


https://youtu.be/Vwv4h1UB588

寒い中の除夜の鐘ですから、手作りの甘酒のサービスをさせていただきます。

20141228-02

こちらも併せてお楽しみください。

投稿者: kameno 日時: 8:54 PM | | コメント (0)

今年の除夜の鐘のおしらせ

貞昌院では大晦日の12月31日、夜10時30分過ぎから一般の参拝客の皆さまにお撞きいただいております。

 

除夜の鐘は深夜0時で撞き終わります ので、ご希望の方は早めにお越し下さい。

 

20151225-01

境内では手作りの甘酒のサービスをさせていただきます。

本年は「獺祭」の酒粕から作った甘酒です。
こちらも併せてお楽しみください。

20151225-02


また、例年のとおり貞昌院の鐘の音を世界中の多くの方にお届けするためにインターネット中継をいたします。 
今年は、Ustream に加えて、Youtubeでも生中継を予定しています。

Ustream や youtubeから「除夜の鐘@貞昌院」などのキーワードでご覧ください。


Live streaming video by Ustream

 

実際の参拝に加えて Ustream や Youtubeでの多くの視聴をいただきました。

 


 

除夜の鐘@貞昌院 

投稿者: kameno 日時: 12:04 PM | | コメント (0)

『哲学 一夜漬け』が発売されます

2012年に発売された 『ようこそ禅の世界へ-日経おとなのOFF』 では、その前年11月に亡くなったスティーブ・ジョブズと禅についての取材協力をさせていただきました。

それが、今回『哲学 一夜漬け』日経おとなのOFF特別編集ホームマガジンとして再編集され発売となります。

ISBN978-4-8222-7263-0

20151213-02

人生を楽しくするエッセンスがいっぱい詰まった本です。
この本の締め括りが「禅」の思想となっています。

定価は648円+税と、とてもお手頃になっておりますので、是非お読み下さい。

20151213-01

投稿者: kameno 日時: 11:50 AM | | コメント (0)

9/12 ゆめ観音アジアフェスティバルin大船

大船観音寺を会場に開催されるゆめ観音アジアフェスティバル、9月12日(土曜日)開催です。

20150911-01
開催前日夕方の大船観音。準備も大詰め。

-----------------------------------

平成27年(2015年)9月12日(土曜日)開催
■第17回 ゆめ観音アジアフェスティバル



yume2015-01.jpg yume2015-02.jpg

戦後70年目の節目を迎え、夕刻には境内で大切に灯され続けている「平和の日(広島原爆の残り火)」を広げて萬燈供養法要が営まれます。
そして、会場にはキャンドルの炎が灯され、広がります。

この日はアジアの国と地域、それぞれの平和への祈りが舞踊や音楽となり、観音前ステージで披露されます。
9月12日は是非大船観音寺に足をお運びください。

--------------------------------------

■ゆめ観音 観音前ステージ スケジュール
12:00 開会宣言
12:30 プレアデス
13:00 kokanee
13:30 sora
14:00 横濱たんぶう
14:30 スミリール
15:00 丸義会
15:30 SAKARAK
16:00 チョムロム・ナータシン・タイ
16:20 津軽三味線小山流
16:50 プスパラトナ
17:30 万灯供養
18:30 Devadasi Studio
19:10 スパイシー・トゥムカ
19:40 美醜


■出店予定一覧

チニーズ
インド政府観光局
アショカ
地球市民ACTかながわ
スカイテック
のんのん
いんどぱん

 

日本列島を横断した台風18号が東日本を中心に大きな被害を出しました。
被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

投稿者: kameno 日時: 10:37 PM | | コメント (0)

70年目の広島原爆忌

昭和20年8月6日8時15分。
アメリカ軍により広島に原子爆弾が投下されてから70年目の「広島原爆の日」を迎えます。
あらためて犠牲となられた多くの方々に弔意を表します。


過去最多の100カ国とEU参列、中国は欠席 広島市の平和記念式典

広島市は4日、被爆70年となる「原爆の日」の6日に平和記念公園(中区)で催される「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」(平和記念式典)に、過去最多の100カ国と欧州連合(EU)の代表が参列する見通しを明らかにした。これまでの最多74カ国(平成22年)を大きく上回る。米国からはキャロライン・ケネディ駐日米大使のほか、政府高官として初めてガテマラー国務次官も参列する。
初めて参列するのは、スリランカやフィリピンなど7カ国。核保有国では、米国をはじめイギリス、フランス、ロシアが参列。事実上の核保有国とされるインド、パキスタン、イスラエルも参列する。中国は欠席。北朝鮮は未回答。
大使参列国も65カ国で24、25年の40カ国を上回り過去最多となる。国内からは安倍晋三首相や塩崎恭久厚労相のほか、広島市名誉市民で、世界的バレリーナの森下洋子さんらも参列する予定。(産経新聞Sankei west)

広島、長崎への原爆投下から70年が経過し、体験を生の言葉で語ることが出来る方も少なくなりました。
今後ますます戦争があったことや、各都市に空襲があったこと、広島・長崎に原子爆弾が投下されたことも風化していくことが懸念されます。
次世代に受継いでいくために、伝えていくことが大切であると感じます。

JR大船駅西口の大船観音寺には、70年前に投下され多くの命を一瞬で奪った原子爆弾の残り火(平和の火)が灯されています。
この火を大切に守っているのは神奈川県原爆被災者の会のみなさまです。
平和の火を原爆に被災された方自らが、この火を守っている場所は、全国で唯一、大船観音寺ただ一箇所です。
20140806-01
(写真は大船観音寺のキャンドルナイト・平和祈願法要で挨拶される神奈川県原爆被災者代表)


今年9月12日(土曜日)には「第17回 ゆめ観音アジアフェスティバル」が大船観音で開催されます。 
ゆめ観音においても、午後5時30分ごろより、会場に広島に投下された原子爆弾の残り火(平和の火)に囲まれた大船観音の白衣観音様の前で平和を願う万灯供養法要を厳修いたします。 
ゆめ観音は、開催17年目を迎えました。

homepage-image

第17回 ゆめ観音アジアフェスティバルin大船
開催日時 2015年9月12日(土) 11:00~20:30 (雨天時は胎内ギャラリー・事務所・出店のみ)
開催場所 大船観音寺 (鎌倉市岡本1-5-3:JR大船駅西口・湘南モノレール大船駅から徒歩5分)
白衣観音像前ステージ 及び 境内


■ステージ 12:20~
kokanee    (カナダ育ちの兄妹ユニット)
sora    (オーガニック夫婦デュオ)
横濱たんぶう (和太鼓集団)
スミリール    (ジャワ舞踊・ガムラン)
丸義会    (津軽三味線)
SAKARAK    (カンボジア舞踊)
チョムロム・ナータシン・タイ (タイ舞踊)
津軽三味線小山貢憲会 (津軽三味線)
プスパラトナ    (バリ舞踊)
万灯供養    (平和祈願法要)
Devadasi Studio    (ベリーダンス)
スパイシー・トゥムカ(ボリウッドダンス)
美醜    (観音舞琵琶の調べ)

■出展・飲食 11:00~
チニーズ(インド雑貨 スパイス・チャイ)
地球市民ACTかながわ(東南アジア伝統工芸品)
インド政府観光局(インド観光案内)
アショカ(インド料理)
スカイテック(環境展示)
JIAOLIU鎌倉(フラワーペイント)
いんどぱん(アクセサリー・衣装)
ドリーム ブリッジ(手作りキャンドル)
のんのん(大船おにぎり)

◆キャンドルナイト 18:30~
「平和の火」を広げるキャンドルナイト

主催 | ゆめ観音実行委員会(大船観音寺・第五教区)
後援 | 鎌倉市


■関連ブログ記事

■関連ブログ記事
キャンドルナイトin大船2015開催報告
2014ゆめ観音アジアフェスティバル(1)
キャンドルナイトin大船 開催報告(2014)
キャンドルナイトin大船観音2013(2)
キャンドルナイトin大船観音2013(1)
原爆投下は長崎を最後に
横浜刑務所とテニアン北飛行場
65年目の広島原爆の日に
キャンドルナイトin大船2011報告
平和への祈り 大船観音から
2010年夏キャンドルナイトin大船観音報告
広がるねがいと平和の灯火
「広島原爆の火」の採火式を行います
Flame of the Atomic bomb in Ofna kannon

投稿者: kameno 日時: 7:55 AM | | コメント (0)

7月26日は大施餓鬼会(おせがき)の日です

ミストシャワーのテスト!

20150725-05


明日(7月26日・日曜日)、恒例の貞昌院大施餓鬼(おせがき)法要が行われます。

■貞昌院大施餓鬼会
平成27年7月26日 日曜日

午後2時より 法話・おはなし
午後3時より 大施餓鬼会法要

明日の大施餓鬼に向けて準備を進めています。
今年は空調の効いた部屋を増やしましたので、外だけでは無く、是非室内にもお参りください。
皆様のお参りをお待ち申し上げます。

20150725-0820150725-0720150725-06

 

心配された台風12号は九州沖縄方面への進路を取り、その代わりに太平洋高気圧が東日本を覆っています。
そのため、しばらくは気温が高めの日が続きそうです。

この時期は植物たちの生育も早いため、大施餓鬼(おせがき)直前に行なっている草刈り清掃も終わりました。
境内や墓地周りがとてもスッキリしています。



■昨年の様子はこちら
大施餓鬼会法要が行なわれました
投稿者: kameno 日時: 1:23 PM | | コメント (2)

6/21 キャンドルナイトin大船観音開催

今年も、大船観音寺を会場に「キャンドルナイトin大船観音」が開催されます。

日時 平成27(2015)年6月21日(日曜日)午後6時より
会場 大船観音寺(JR大船駅西口下車 徒歩5分)


candle2015.jpg 
↑クリックすると拡大します

(↓りうりう師による昨年の動画です。これまでの記録はページ末のリンクをご参照下さい)

 

大船観音寺には70年前、広島に投下された原子爆弾の残り火(平和の火)が大切に保存されています。
この平和の灯ををキャンドルに灯して広げる静かなイベントです。

 

夏至に開催されるキャンドルナイト。
キャンドルナイトの際には、電気照明の代わりに、ろうそく(キャンドル)を灯します。
便利な文明社会にどっぷりつかっている現状をいま一度振り返り、ろうそくの温かくやわらかい明かりに集まった家族、友人、皆と語り合うことによって、日常生活に還元していくことこそが、キャンドルナイトの目的であるといえます。
ろうそくの明かりがなぜ人を惹きつけ、人を集めるのかは、ろうそくが古来より宗教儀式の中で重んじられて来たということにその理由が見つかるかもしれません。


今年(2015年)開催のキャンドルナイトin大船観音では、ハーピスト・八木健一さんに演奏をいただきます。


■キャンドルナイト演奏会

八木健一(ハープ)

小学生からアイリッシュハープを習いヨセフ・モルナール氏( ウィーン少年合唱団出身/ 日本ハープ協会会長) の薦めでペダルハープに転向。以後も同氏に師事し、桐朋学園大学ディプロマコースでモルナール氏にハープを師事。

桐朋学園オーケストラ演奏会( 小澤征爾氏指揮)、名古屋フィルハーモニーオーケストラ、群馬交響楽団、東京シティーフィル等に参加。

幅広い音楽活動を続け現在に至る。室内楽、ソロ演奏で活躍するかたわら、毎年草加市で開かれる国際ハープフェスティバルでは実行委員長を務めている。

[東京大空襲鎮魂演奏について]

「私の父八木康二は昭和20 年3 月10 日に東京下町を襲った大空襲を罹災し、家族4 人を失った。父は生前その悲惨さを黙して語らなかったが、父の姿から、その無念さが伝わって来て生涯癒されることはなかった。そんな父が他界した翌年の 2009 年3月10日に、私は亡き父や罹災された方たちのために、東京大空襲のレクイムCD「祈り・光へ」を制作し披露した。私はそれ以来、亡き父の遺志を継ぎ、 毎年3月には平和コンサートを続けている」

また、2011 年5月と2012 年8月には曹洞宗神奈川第二宗務所の僧侶による「お炊き出し」と「復興支援活動」のために宮城県東松島市を訪れ演奏し、2013 年9 月には石巻で「こころの復興コンサート」を行っている。現在、日本ハープ協会理事



心地よいケルティッシュハープの音に包まれたスローな雰囲気をどうぞお楽しみください。 
みなさまのご参加をお待ちしております。


■関連リンク
キャンドルナイトin大船 開催報告(2014年)
キャンドルナイトin大船観音2013(2)
キャンドルナイトin大船観音2013(1)
祈りと願いのキャンドルナイトin大船観音(2012年)
2011ゆめ観音アジアフェスティバル報告(3)
キャンドルナイトin大船2011報告
平和への祈り 大船観音から
2010年夏キャンドルナイトin大船観音報告
キャンドルナイトin大船開催報告
原水爆禁止国民平和大行進@大船観音
キャンドルナイト報告?笑顔が広がりますように
原爆投下は長崎を最後に
広がるねがいと平和の灯火
「広島原爆の火」の採火式を行います
Flame of the Atomic bomb in Ofna kannon
投稿者: kameno 日時: 8:54 PM | | コメント (0)

『峨山道 GASANDO』 ~ 真読とオーケストラのために

本年は總持寺二祖 峨山禅師650回大遠忌の年にあたります。
10月の本法要の他、様々な法要や行事が行なわれますが、その一つとして作曲家・池辺晋一郎氏による『峨山道 GASANSO』の公演が6月23日に開催されます。


祈りの調べ ~ 池辺晋一郎と僧伽(サンガ)の出逢い

大遠忌記念作品 『峨山道 GASANDO』 ~ 真読とオーケストラのために

info01 info02

開催日時 6月23日(火曜日) 13時30分開場 14時00分開演
開催場所 みなとみらいホール(大ホール)


作曲/指揮/お話:池辺晋一郎 ・ ソプラノ:沢崎恵美 ・ バリトン:大山大輔


管弦楽:神奈川フィルハーモニー管弦楽団
真読:大本山總持寺雲水・青年僧侶有志

演奏曲目
・独眼竜正宗
・影武者
・剣岳 点の記
・春を背負って
・風の子守歌
・峨山禅師讃歌
・峨山道(大遠忌記念作品・世界初演)


全席指定 2000円
チケット取扱い チケットピア 0570-02-9999 http://t.pia.jp [Pコード 259-252]
東京コンサーツ 03-3226-9755 、みなとみらいホール 045-682-2020

主催:曹洞宗大本山總持寺大遠忌局 制作協力:東京コンサーツ


これに先立ち、記者会見が行われました。

201505014-02201505014-01

記念報恩公演 祈りの調べ 池辺晋一郎と僧伽の出逢い 記者会見(要旨)
  
本公演は、 總持寺における『大悲心陀羅尼』の独特な読経法「大悲真読」と作曲家・池辺先生とのコラボレーションによる新曲「峨山道」の世界初演となる。
記者会見で、池辺晋一郎先生 は、「真読の読経は細かく時間構成が決まっており、真読のテンポに合わせ前奏と後奏のオーケストラ部分を作曲している。 このような作曲経緯は体験したことがなく非常に興味深くもあり、難しくもある。現在誠心誠意すすめているところである」 と述べられた。また菩提寺が曹洞宗であること、峨山禅師がお生まれになった能登にはお仕事で頻繁に足を運ばれ、石川県立音楽堂では10年以上洋楽監督を務められていること、鶴見の總持寺にも近い横浜みなとみらいホールでは数年前から館長さ れていることなど、曹洞宗並びに大本山總持寺とは、非常に不思議な御縁を感じられていると話された。
また、峨山禅師の両箇の月の教えになぞらえ、自身のモットーとして一つの事象に対して一つの視点だけでなく別の視点を試みることを行なっている。これを善玉ダブルスタンダードと呼んでいる。別の視点により、そのものがさらに輝きを増すと感じている。この考えで作曲を進めている、と補足された。
乙川監院 は、この新曲に対する期待感について如浄禅師から道元禅師、瑩山禅師まで5代のお祖師方が祀られる永光寺五老峰について 触れ、「峨山道には、峨山禅師が直接歩かれたイメージもあるが、それだけでなく5人の先師の教えを自分に深く刻み、自己 の立場を確認する作業があったと確信する。法を訪ねる歩みが大いなる足音である。池辺先生は能登にも深い御縁があり、そこで研ぎ澄まされた池辺先生の感性によって、「峨山道」が曲に乗ってさらに伝播していくことを期待する」と付け加え、記者会見は閉会した。
(2015年3月25日 於 京都市センチュリーホテル)

 

大悲真読とは、總持寺二祖峨山禅師が永光寺を兼務していたころ、毎朝未明に羽咋・永光寺の朝課を勤めてから、能登半島を南北に貫く峨山道を辿り走り抜け、能登・總持寺の朝課に駆けつけた伝承(峨山往来)にもとづき、總持寺で朝課において読まれる大悲呪を非常にゆっくり読む読経法のことです。
現在の大本山總持寺でも受け継がれています。

大悲真読の動画が↓こちらです。(24:50あたりから)

 

6月23日の公演を是非ご覧いただけますようご案内いたします。
オススメの公演です。

投稿者: kameno 日時: 8:23 AM | | コメント (0)

3/28 さわやかコンサートのおしらせ

桜の開花宣言から数日経過し、おおむね三分咲きになりました。
この桜の季節に毎年恒例になりました「さわやかコンサート」が貞昌院本堂で開催されます。

201100328-01

日時 平成27年3月28日(土曜日) 午後2時30分より
場所 貞昌院本堂 にて
お茶菓子代として 800円
直接 貞昌院までお越しください。
問合わせは 電話 045-820-5883(さわやか港南)まで

出演 森まきこ さん

 

シャンソン、カンツォーネ、演歌、ポップス、オペラなど、ジャンルを越えた クロスオーバー歌手ならではのライブをお楽しみください。

 

さわやかコンサートは社会福祉協議会・さわやか港南主催により、定期的に開催されている落語や演奏会など、地域の方と一緒に楽しむ催しです。


■これまでの記録はこちら

さわやかコンサート2014春
さわやかハープコンサート

投稿者: kameno 日時: 1:05 AM | | コメント (0)

『港南区小字地図』が発行されました

港南区周辺は、高度経済成長期の大規模宅地開発により地形が大きく変貌しました。
それとともにかつてあった「小字(こあざ)」の多くが消えてしまい無味乾燥な「〇〇町◯丁目」という表示に変わってしまいました。
「小字」は地域の歴史や地勢、風土を伝え、また防災の観点かも貴重な資料です。


そこで、港南歴史協議会では港南区内の141もの「小字」を調査し、現代版地図と明治期の地形図にマッピングした『港南区小字地図』を作成しました。
また、別冊「小字名の由来」では町村の歴史、江戸時代と昭和初期の村名と現在の町名の対照をはじめ小字の由来を網羅しています。

 

20150306-05jpg20150306-04jpg20150306-03jpg20150306-02jpg

小字名の由来については郷土史文献や古文書の調査のほか、区内各地域の古老の方々に取材をしました。
小字境界の特定には『横浜市土地法典中区版』の地籍図や、明治15年測量の「地形図」、ゼンリンの「ブルーマップ」などを比較検討して「小字界線」を確定していくという方法をとっています。

「港南区小字地図」をご希望の方は、下記取り扱い場所でお求めください。
また、貞昌院でも頒布用に何部かご用意いたしております。

………………………………………………………………………………………………

『〜古地図から由来がわかる〜 港南区小字地図』

発行日:平成27年2月21日

発 行:特定非営利活動法人 港南歴史協議会

仕 様:[地図]A1判、両面カラー [別冊]A4判変形、28ページ

頒布価格:1000円
………………………………………………………………………………………………
内容:
◉ 表面地図『オリジナル版港南区小字地図』 ・ 1/10,000 オリジナル版港南区都市地図 ・ 昭和5年頃の市町村界、市町村名、小字界、小字名 ・ 江戸時代後期の村界、村名 ・ 区内の主な史跡・旧跡
◉ 裏面地図『迅速図による港南区小字地図』 ・ 明治15年測量フランス式彩色地図(1/10,000 ) ・ 昭和5年頃の小字界と小字名(他区へ編入した小字も含む) ・ コラム「小字に見る港南の歴史」(古代〜中世〜近世)
◉ 別冊『港南区小字名の由来』 ・ 「小字名とは」「小字地図の作成方法」「小字名の由来について」 ・ 「小字名の由来」江戸時代後期の村名・昭和5年頃の町名・ 町村の歴史概要・昭和5年頃の小字名とその由来 ・ 「港南区の古道歴史物語」 ・ 「港南区の古道マップ」 ・ 「小字の歴史と意義」 ・ 「江戸後期と昭和初期の小字対照表」 ・ さくいん「現在の町名と旧村名・小字名の対照表」
………………………………………………………………………………………………

『港南区小字地図』は次の施設、店舗でお求めになれます。
● 港南区役所地下売店(市営地下鉄港南中央駅前)
● 港南台タウンカフェ(JR港南台駅徒歩3分 港南台三丁目)
● さわやか港南(日限山一丁目)
● コミュニティル-ム「ここ」(野庭深田橋バス停すぐ)
● 港南歴史協議会の各団体
港南の歴史研究会/港南歴史散策の会/港南の歴史を学ぶ会/日下小学校資料館/歴史に学ぶ港南台の会/永野小土曜塾/日下楽遊クラブ/貞昌院/地図編集工房/港南区民協議会
※取り扱所の最新情報は、港南歴史協議会のホームページをご覧ください。
http://www19.atwiki.jp/konanrekishi/
………………………………………………………………………………………………
◉頒布申込
次の項目をご記入の上、港南歴史協議までFAX、あるいは横浜市民メディア連絡会までメールでお申し込みください。品物を発送の際、振込先等を同封いたしますので後ほどお振込お願いいたします。
(1) お名前:
(2) ご住所:
(3) 電話番号:
(4) メールアドレス:
(5) ご希望冊数:
頒布価格:1000円 送料:100円(1冊)
………………………………………………………………………………………………

>>港南歴史協議会 FAX: 045-841-6773
>>市民メディア連絡会 Mail: ycmc.com★gmail.com(★→@に替えてください)
………………………………………………………………………………………………
◉お問合せ
特定非営利活動法人 港南歴史協議会
事務局 : 横浜市港南区日野南5-13-12
TEL & FAX : 045-841-6773
問合せフォーム: http://www19.atwiki.jp/konanrekishi/contact

投稿者: kameno 日時: 4:42 PM | | コメント (0)

2/28貞昌院さわやか寄席のおしらせ

今月28日(土曜日)に貞昌院さわやか寄席が開催されます。
このたび真打に昇進された金原亭馬治師匠の落語と、桃川健さんの紙切をお楽しみください。

 

20140827-2620140827-25

日時 平成27年2月28日(月曜日)

午後1時より
・落語 金原亭馬治 師匠
・江戸紙切り 桃川健 師匠
木戸銭 800円

場所 貞昌院 本堂にて

お申込みは、希望者のお名前、連絡先を記載の上 kameno@teishoin.net または 電話 045-820-5883(さわやか港南)まで。

投稿者: kameno 日時: 10:17 PM | | コメント (0)

2014年を締めくくる除夜の鐘について

貞昌院では大晦日の12月31日に恒例の除夜の鐘を撞きます。
夜10時30分過ぎから一般の参拝客の皆さまにお撞きいただいております。

jyoya.jpg

 

除夜の鐘は深夜0時で撞き終わります ので、ご希望の方は早めにお越し下さい。


また、例年のとおり貞昌院の鐘の音を世界中の多くの方にお届けするためにインターネット中継をいたします。 
今年は、Ustream に加えて、Youtubeでも生中継を予定しています。

Ustream や youtubeから「除夜の鐘@貞昌院」などのキーワードでご覧ください。


Live streaming video by Ustream

http://youtu.be/N6qgZlfL64Y

 

一年前の Ustream 除夜の鐘除夜の鐘には延べ 2,789合計視聴をいただきました。
多くの参拝をいただき有難うございました。

 

 

寒い中の除夜の鐘ですから、手作りの甘酒のサービスをさせていただきます。

20141228-02

 


こちらも併せてお楽しみください。


 

除夜の鐘@貞昌院 

投稿者: kameno 日時: 9:47 AM | | コメント (1)

9/13ゆめ観音アジアフェスティバル

明日・2014年9月13日(土曜日)
「第16回 ゆめ観音アジアフェスティバル」が大船観音で開催されます。 

早いもので、開催16年目を迎えました。
スタッフ一同皆さまの御来場をお待ち申し上げます。

homepage-image

第16回 ゆめ観音アジアフェスティバルin大船
開催日時 2014年9月14日(土) 11:00~20:30 (雨天時は胎内ギャラリー・事務所・出店のみ)
開催場所 大船観音寺 (鎌倉市岡本1-5-3:JR大船駅西口・湘南モノレール大船駅から徒歩5分)
白衣観音像前ステージ 及び 境内


パンフレット表面(PDF) パンフレット裏面(PDF)
■ステージ 12:20~

開会宣言
JIAOLIU鎌倉(大道芸)
Madhu-Priya(インド寺院古典舞踊)
SAKARAK(カンボジア舞踊)
KOKANEE(カナダ育ちの兄弟ユニット)
麻はか(アフリカ弦楽器)
Marisol Belly Dance(ベリーダンス)
丸義会(津軽三味線 民舞)
鎌倉市民踊会(民踊)
Radiant Brass (ブラスアンサンブル)
万灯供養法要(平和祈願法要)
Devadasi Studio (ベリーダンス)
Ethno-Exotica Vaudeville(多民族的ヴォードヴィル☆エンターテイメント)


■出展・飲食 11:00~

チニーズ(インド雑貨 スパイス・チャイ)
地球市民かながわ(東南アジア伝統工芸品)
ハイチの会 セスラ(ハイチ支援グッズ)
インド政府観光局(インド観光案内)
アショカ(インド料理)
スカイテック(環境展示)
異文化の風さかゑ(民芸品)
JIAOLIU鎌倉(フラワーペイント)
ブリッヂ フォー ピース(平和展示)
ドリーム ブリッヂ(手作りキャンドル)
のんのん(大船おにぎり)

◆キャンドルナイト 18:30~

「平和の火」を広げるキャンドルナイト

主催 | ゆめ観音実行委員会(大船観音寺・第五教区)
後援 | 鎌倉市


■関連ブログ記事
キャンドルナイトin大船 開催報告(2014)
キャンドルナイトin大船観音2013(2)
キャンドルナイトin大船観音2013(1)
原爆投下は長崎を最後に
横浜刑務所とテニアン北飛行場
65年目の広島原爆の日に
キャンドルナイトin大船2011報告
平和への祈り 大船観音から
2010年夏キャンドルナイトin大船観音報告
広がるねがいと平和の灯火
「広島原爆の火」の採火式を行います
Flame of the Atomic bomb in Ofna kannon

投稿者: kameno 日時: 8:52 AM | | コメント (0)

講演会@大本山總持寺のお知らせ

SOTO禅インターナショナル(SZI)では、毎年両大本山(永平寺・總持寺)を会場に特別講義を主催いたしております。
このうち、9月17日開催の大本山總持寺での特別講義(学科)は一般の方の参加も歓迎いたします。clip_image002
昨年の様子はこちらでご覧いただけます
既に多くの参加申し込みをいただいておりますが、会場の余裕がございますのでもしご希望ございましたら早めにお申込み下さい。
皆様のご参加を心よりお待ち申しあげます。

日時 平成26年9月17日(水)
14:00 受付開始    
14:20 開講式
14:30 特別講義(学科)
16:00 終了予定

場所 大本山總持寺 三松閣4階大講堂
JR京浜東北線「鶴見」西口より 徒歩10分


演題 「坐禅は安楽の法門なり」
講師 藤田一照 師
会費 無料

(講師プロフィール)
愛媛県生まれ。東京大学大学院教育学研究科教育心理学専攻博士課程中途退学。29歳で出家し曹洞宗僧侶となる。1987年からアメリカ東部にある坐禅堂の住持として渡米、近隣の大学や瞑想センターなどでも坐禅指導や仏教の講義をおこなう。1995年には来日したティクナットハン師の通訳をつとめた。現在、曹洞宗国際センター所長。訳書に『禅への鍵』、『未来の宗教 空と光明』(以上 春秋社刊)『ダルマの実践』、『フィーリング・ブッダ』(以上 四季社刊)、『自己牢獄を超えて』(コスモス・ライブラリー)『現代坐禅講義―只管打坐への道』(佼成出版社)『アップデートする仏教』(幻冬舎新書・共著)などがある。


SZI主催 講演会参加申込票(PDF)

投稿者: kameno 日時: 10:32 PM | | コメント (0)

8月27日貞昌院さわやか寄席

好評をいただいております貞昌院さわやか寄席が開催されます。

日時 平成26年8月27日(水曜日)
場所 貞昌院 本堂にて

午後2時30分より 子供落語お披露目 
・貞昌亭花帆 (小学生)
・貞昌亭瑞鳳 (小学生)
・貞昌亭信之介 (小学生)

午後4時より
・落語 金原亭馬治 師匠
・江戸紙切り 桃川健 師匠

木戸銭 800円

20130120-09
(上写真は以前の様子です)

お申込みは、希望者のお名前、連絡先を記載の上 kameno@teishoin.net または 電話 045-820-5883(さわやか港南)まで
あるいは、貞昌院に直接お越しください。


嬉しいお知らせです。

金原亭馬治師匠が、平成27年三月下席から真打ち昇進が決まりました。
本当におめでとうございます。

また、江戸紙切りの桃川健師匠が今月の神奈川新聞に紹介されておりました。

20140826-01
(神奈川新聞2014年8月17日)

伝統芸能の真髄をこの機会に是非ご堪能下さい。

投稿者: kameno 日時: 8:22 PM | | コメント (0)

らららかながわ 朝活特集

神奈川新聞を購読されている方には、今朝 女性のための密着マガジン『ららら かながわ』が届いていると思います。
8月号の特集は「朝”活”始めませんか?」です。

眠気に勝てば己に克てる・・・をテーマに、シャキッとした朝を迎え充実した一日を過ごすためのノウハウが詰まっています。
そのうち、坐禅のコーナーで貞昌院坐禅会が紹介されました。

20140731-01

20140731-02

※『ららら かながわ』は、横浜市営地下鉄の主要駅でも配布しているそうです。

 

一日を身を調え、心を調えてスタートすることをオススメいたします。

まずは、朝活を習慣づけることから始めでは如何でしょうか。

皆様のお近くにも坐禅会を開催しているお寺は多いと思いますので、坐禅を始めてみたい、という方はこちらを御覧ください。
坐禅道場リスト


■関連ブログ記事

朝の坐禅、始めませんか?

投稿者: kameno 日時: 4:24 PM | | コメント (0)

大施餓鬼(おせがき)のお知らせ

7月26日(土曜日)、恒例の貞昌院大施餓鬼(おせがき)法要が行われます。

■貞昌院大施餓鬼会
平成26年7月26日 土曜日

■午後2時より 法話・おはなし
■午後3時より 大施餓鬼会法要

 

梅雨が開けてから蒸し暑い日が続いています。
植物たちの生育も早いため、大施餓鬼(おせがき)直前に行なっている草刈り清掃も終わりました。
境内や墓地周りがとてもスッキリしています。

20140724-0320140724-0220140724-04

 

皆様のお参りをお待ちいたしております。

 


 

好評をいただいております貞昌院新春さわやか寄席が来月開催されます。

日時 平成26年8月27日(水曜日)
場所 貞昌院 本堂にて

午後2時30分より 子供落語お披露目
午後4時より 落語 金原亭馬治 / 紙切り 桃川健
木戸銭 800円

20130120-09
(上写真は以前の様子です)

お申込みは、希望者のお名前、連絡先を記載の上 kameno@teishoin.net または 電話 045-820-5883(さわやか港南)まで

投稿者: kameno 日時: 9:15 AM | | コメント (0)

本日 茅の輪くぐり・夏越大祓

天滿宮では、茅萱の輪が設けられています。
一年の半分が経過した6月30日、毎年恒例の夏越大祓・茅の輪くぐりの神事が行なわれます。

20140630-0120140630-03

 

【日 時】6月30日(月曜日) 午後4時より ※午後3時15分頃より受付を開始致します。
【場 所】永谷天満宮境内(貞昌院となり、神楽殿前)
【初穂料】お一人500円以上お心持ち

※ご参列の方には「茅の輪守」を授与致します。
※ご予約の必要はございません。大祓当日に直接当宮へお越しください。
※大祓当日にご参列ができない方は、大祓前日までに社務所へお清めした人形をお持ちください。
(人形は社務所でお頒ちしております)

20140630-02

夏越大祓とは、日々の生活の中で少しづつ積み重なった小罪や穢れを省みて、私たちが清浄で正しい心に立ち返るよう祈りを捧げる神事です。
人形(ひとがた)で身体を拭い、清らかな身と心で茅の輪をくぐります。


■昨年の様子はこちら

夏越の大祓2013

投稿者: kameno 日時: 1:34 PM | | コメント (0)

子ども落語会 お披露目のおしらせ

毎月、落語家の金原亭馬治師匠による子ども教室が行なわれています。

20140623-01


お待たせしました。
いよいよ子どもたちの落語のお披露目が決まりました。

日時 8月27日(水曜日)午後2時より
場所 貞昌院本堂

午後2時から子どもたちの落語のお披露目
引き続き午後4時から 桃川健さんの紙切り、そして金原亭馬治師匠の落語というプログラムです。

また近くなりましたら詳細をお知らせいたします。
是非多くの皆さんに御来場いただけるますよう、少し早めにご案内申し上げます。

 


■関連ブログ記事

少しづつ春
第1回 子ども落語教室報告

投稿者: kameno 日時: 12:20 AM | | コメント (0)

【本日開催】夏至のキャンドルナイト@大船観音

今年も、大船観音寺を会場に「キャンドルナイトin大船観音」が開催されます。

日時 平成26(2014)年6月21日(土曜日)午後5時30分より
会場 大船観音寺(JR大船駅西口下車 徒歩5分)


広島に投下された原子爆弾の残り火(平和の火)をキャンドルに灯して広げる静かなイベントです。
20130622-60_4
(↑写真は昨年のものです。これまでの記録はページ末のリンクをご参照下さい)

candle2014

 

 

夏至に開催されるキャンドルナイト。
キャンドルナイトの際には、電気照明の代わりに、ろうそく(キャンドル)を灯します。

便利な文明社会にどっぷりつかっている現状をいま一度振り返り、ろうそくの温かくやわらかい明かりに集まった家族、友人、皆と語り合うことによって、日常生活に還元していくことこそが、キャンドルナイトの目的であるといえます。
ろうそくの明かりがなぜ人を惹きつけ、人を集めるのかは、ろうそくが古来より宗教儀式の中で重んじられて来たということにその理由が見つかるかもしれません。

例えば、キリスト教の祭儀でも、祭壇上にろうそくの灯火が必ず献じられます。
正教会の奉神礼、ローマ典礼、聖体礼儀、聖体祭儀においても例外ではありません。

仏教行事でもそうですね。
『阿闍世王授決経』や『賢愚経』「貧女難陀品第二十」では、お釈迦さまを灯明により供養するという物語がでてきます。
法要ではろうそくが欠かせませんし、各家庭のお仏壇でも燭台にロウソクを灯します。
「灯は命を延ばし、仏の為に灯を燃やせば死後天眼を得て冥界をさまよう事もなく、灯供養は諸幽冥を照らし、苦病の衆生はその光明を蒙り福徳によって皆休息を得る…」『古事類苑』
ろうそくには、仏の智慧が私たち全ての迷いを除き、悟りを導くがごとく、闇を照らし全てを明るくする力があります。これにより迷いなき真実の智慧を得ることができます。お盆行事は江戸時代、ろうそくの普及により庶民の間に広まりました。

 

 

今年(2014年)開催のキャンドルナイトin大船観音では、エンリケ・やぎりんバンドのお二人に演奏をいただきます。

【エンリケ・やぎりんバンド】
・エンリケ・カレーラ Enrique CARRERA(アルパ)
・八木倫明 YAGI Rimmei(ケーナとナイ

心地よいアルパとケーナの音に包まれたスローな雰囲気をどうぞお楽しみください。 
みなさまのご参加をお待ちしております。

 

 


■関連リンク
キャンドルナイトin大船観音2013(2)
キャンドルナイトin大船観音2013(1)
祈りと願いのキャンドルナイトin大船観音(2012年)
2011ゆめ観音アジアフェスティバル報告(3)
キャンドルナイトin大船2011報告
平和への祈り 大船観音から
2010年夏キャンドルナイトin大船観音報告
キャンドルナイトin大船開催報告
原水爆禁止国民平和大行進@大船観音
キャンドルナイト報告?笑顔が広がりますように
原爆投下は長崎を最後に
広がるねがいと平和の灯火
「広島原爆の火」の採火式を行います
Flame of the Atomic bomb in Ofna kannon

投稿者: kameno 日時: 8:38 AM | | コメント (0)

キャンドルナイトin大船観音のおしらせ

今年も、大船観音寺を会場に「キャンドルナイトin大船観音」が開催されます。

日時 平成26(2014)年6月21日(土曜日)午後5時30分より
会場 大船観音寺(JR大船駅西口下車 徒歩5分)

広島に投下された原子爆弾の残り火(平和の火)をキャンドルに灯して広げる静かなイベントです。
(これまでの記録はページ末のリンクをご参照下さい)

candle2014

会場では、エンリケ・やぎりんバンドのお二人に演奏をいただきます。
【エンリケ・やぎりんバンド】
・エンリケ・カレーラ Enrique CARRERA(アルパ)
・八木倫明 YAGI Rimmei(ケーナとナイ)

心地よいアルパとケーナの音に包まれたスローな雰囲気をどうぞお楽しみください。 
みなさまのご参加をお待ちしております。


■関連リンク
キャンドルナイトin大船観音2013(2)
キャンドルナイトin大船観音2013(1)
祈りと願いのキャンドルナイトin大船観音(2012年)
2011ゆめ観音アジアフェスティバル報告(3)
キャンドルナイトin大船2011報告
平和への祈り 大船観音から
2010年夏キャンドルナイトin大船観音報告
キャンドルナイトin大船開催報告
原水爆禁止国民平和大行進@大船観音
キャンドルナイト報告?笑顔が広がりますように
原爆投下は長崎を最後に
広がるねがいと平和の灯火
「広島原爆の火」の採火式を行います
Flame of the Atomic bomb in Ofna kannon

投稿者: kameno 日時: 10:58 PM | | コメント (0)

梅花流詠讃歌 鍵盤アプリ

曹洞宗梅花流詠讃歌の練習に資するために開発した鍵盤アプリの評価版ができました。
画面解像度1,280×720ドット以上のスマートフォン・アンドロイドタブレットで動作します。

baikasan
ばいかさん©曹洞宗


初期バージョンは評価版という位置づけとして神奈川県第二宗務所で開発しました。
今後いただいたご意見ご要望をもとに曹洞宗公式アプリとして開発・公開を進めていく予定です。

●梅花流詠讃歌とは、鈴鉦を用いて唱える仏讃歌であり、お釈迦さま・両祖さま(道元禅師・瑩山禅師)を讃え、ご先祖さまを敬うこころを唱えます。
その歌は日本の風土と暮らしの中で生まれた和音階を元にしています。やさしく穏やかな曲は、唱えやすく安らかなこころが生まれ、新たな感動がわいてきます。

●汎用のスマートフォン・アンドロイドタブレット端末で、いつでも どこでも手軽に演奏いただけます。

●鍵盤には詠讃歌の音符表記があり、3オクターブ分の長調(陽旋)、短調(陰旋)鍵盤に切替ができます。

●鈴鉦機能、メトロノーム機能、キー上げ下げ機能があります。

Screenshot_2014-04-02-07-59-23



○画面解像度1,280×720ドット以上が必要です。
○初期バージョンでは「正法御和讃」のリフレインが省略されております。次期修正予定ですのでご了承下さい。


■関連リンク

曹洞宗梅花流詠讃歌鍵盤アプリ

投稿者: kameno 日時: 11:09 AM | | コメント (0)

さわやかハープ演奏会のおしらせ

さわやかコンサートが貞昌院本堂で開催されます。

201100328-01

 

日時 平成26年3月29日 午後2時より
場所 貞昌院本堂 にて
お茶菓子代として 800円
お申込みは、電話 045-820-5883(さわやか港南)まで

 

ルナハープ:ハーピスト北政芙美子さんによる南米の伝統的な楽器、パラグアイアンアルパの演奏をいただきます。
南米の軽快なリズム、そしてクラッシック音楽、ジブリメドレー、日本曲のメドレー、映画音楽メドレーなどなど、休憩を挟んだ二部構成での演奏会をお楽しみ下さい。

 

さわやかコンサートは社会福祉協議会・さわやか港南主催により、定期的に開催されている落語や演奏会など、地域の方と一緒に楽しむ催しです。
今回演奏いただくルナハープの北政さんは、3年前に引き続き、2回めの登場です。

昨年の様子はこちらを御覧ください。
さわやかハープコンサート

投稿者: kameno 日時: 9:09 AM | | コメント (0)

まいにちがアドベンチャー

子どもたちに思い切り遊べる環境をつくりたいという思いを共有した有志で「未来につなぐ外遊びの会」が結成され、このたび絵本『まいにちがアドベンチャー』が発行されました。

20140316-01

この絵本『まいにちがアドベンチャー』の元となったものは、平成22年に港南区制40周年記念事業として発刊された『未来につなぐ子どもの遊びヒアリング集』です。

関連ブログ記事

未来につなぐ子どもの遊び
未来につなぐ子どもの遊びヒアリング集お披露目会

 

そして、今回発行された絵本は、親子で何度もページをめくり、外遊びの楽しさ、大切さを継続して読み伝えられるようにという思いを込めて作られました。

絵本の舞台として選ばれたのが、春日神社付近の大岡川沿いです。

20140316-04
昭和30年台は、このようなのんびりした光景が広がっていました。
S字に写っている道路が鎌倉街道です。
現在のほぼ同じアングルをGoogle earthで比較してみます。

20140316-03

50年ほどで街の様子はずいぶんと変わりました。

20140316-02

『まいにちがアドベンチャー』(神奈川新聞社刊)
定価:本体1300円+税
4月下旬より横浜の主要書店、書籍通販サイトで購入できます。
また、3月3日より「港南台タウンカフェ」で先行販売されております。

問い合わせ:港南台タウンカフェ電話045-832-3855

投稿者: kameno 日時: 9:30 PM | | コメント (0)

花まつり 護持会総会のご案内

寒の戻りが続き、なかなか陽春の候とはなりませんが檀信徒の皆様には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、本年も例年のとおり「花まつり」を兼ねて護持会総会を行いますのでご案内いたします。201100403-15

平成26年4月6日(日曜日)
11:00 花祭り法要 (本堂にて)
11:30 護持会総会 (本堂にて)
(H25年度護持会会計決算、H26年度予算案審議 / 墓地等環境美化費会計報告 / その他)
12:00 南米の楽器ハープとケーナ
たかこ・やぎりんバンド♪」 コンサート (本堂にて)
12:45 懇親会 (広間でお食事とお茶をご用意いたします)

 

花まつりとは、お釈迦様の誕生日です。
誕生仏に甘茶を掛けて、お釈迦様の誕生を祝う行事です。

また、花まつりに合わせて南米の楽器による演奏会を本堂において開催いたします。
ご家族お子様連れでどうぞお越し下さい。

檀信徒の皆様には案内状と返信はがきをお届けしておりますので、出欠のご返信をお願いします。
なお、欠席の方は委任状欄に御署名の上、ご投函ください。



たかこ・やぎりんバンド♪ プロフィール

世界最小管絃楽団!南米パラグアイのハープと南米アンデスの笛ケーナのデュエット「たかこ・やぎりんバンド♪」
2011 年10 月 震災被災地訪問演奏を機にユニットを結成。
主役のときも伴奏のときも自在なテクニックとセンスの良さと躍動感でリズムや和声をリードする藤枝貴子のアルパ。透明度の高い音色と豊かな表現力で曲想をリードする八木倫明のケーナ。「世界最小管絃楽団」をキャッチ・フレーズとして、ラテンの枠にとらわれない自由な発想により自発的な演奏でレパートリーを拡げている。震災被災地支援演奏には今も積極的に参加。

20140406

投稿者: kameno 日時: 7:45 AM | | コメント (0)

本日発売『仕事に効く禅』

内容の一部にご協力させていただいた日経ビジネスのムック本が本日発売になりました。

『仕事に効く禅』 (日経BPムック 日経ビジネス)

nikkei 
  • 価格: 880円(税込み)
  • 雑誌: 120ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2014/2/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4822274454
  • ISBN-13: 978-4822274450
  • 発売日: 2014/2/19
内容紹介

鎌倉時代や室町時代、武士層の圧倒的な支持を得た「禅」。
爾来、禅は時代を超えて権力者やビジネスパーソンの心を捉えてきた。
とりわけ昨今は、京セラの稲森和夫・名誉会長や米アップル創業者のスティーブ・ジョブズ氏などの登場で、
若手から経営者まで幅広い層に、多様な形で波及している。
禅とは何か。そして、禅はビジネスにどう生かせるのか。ビジネスに必須の禅を多角的に見ていく。
【Part1】禅と経営--ZEN×MANAGEMENT
【Part2】禅の体験--EXPERIENCE of ZEN
【Part3】禅の本質--ESSENCE of ZEN
【Part4】禅と文化--ZEN×CULTURE

nikkei-2

 

とても読みやすくまとめられた本です。
写真やイラストも豊富ですので、是非書店でお手にとって御覧ください。
もちろん、購入もおすすめします。

投稿者: kameno 日時: 7:54 PM | | コメント (0)

かながわ国際交流財団に寄託

第15回ゆめ観音アジアフェスティバル および キャンドルナイトin大船(記事1 記事2 記事3 記事4 記事5)で寄託いただいた義捐金を、(財)かながわ国際交流財団に 寄託させていただきました。

ご報告いたします。

20140123-01

本年度の寄託金は昨年同様、主に「多文化共生の地域社会かながわづくり」に使われることとなります。
これは、外国人住民に向けた「防災」「教育」「医療」などの生活情報、行政情報の多言語による発信、外国につながる子ども支援のためのガイドブック作成等の取り組みを通じて、子どもの学習環境の整備などを強化し、多文化共生の地域社会づくりを推進するものです。

かながわ国際交流財団とは、曹洞宗神奈川県第二宗務所で行なわれた 宗教者による人権研修会 でもお世話になりました。

 

今回の寄託金を有効に活用していただくことをお願いいたし、今後のゆめ観音のあり方についても話し合いをさせていただきました。

投稿者: kameno 日時: 10:27 PM | | コメント (0)

新春さわやか寄席のおしらせ

新年初笑いをお寺の本堂で!

好評をいただいております貞昌院新春さわやか寄席が来月開催されます。

日時 平成26年2月22日(土曜日)午後2時開演
場所 貞昌院 本堂にて


新春さわやか寄席
落語 金原亭馬治
紙切り 桃川健
木戸銭 800円


20130120-09
(上写真は昨春の様子です)

 

お申込みは、希望者のお名前、連絡先を記載の上 kameno@teishoin.net または 電話 045-820-5883(さわやか港南)まで

 


■昨年の記録はこちら
新春さわやか寄席 報告

投稿者: kameno 日時: 1:19 AM | | コメント (0)

季刊紙『横濱』

横浜市と神奈川新聞社が協働で編集・発行している機関紙『横濱』をご存知でしょうか。
横浜の歴史と今、地域、文化、人々など多彩な魅力を地元密着型で紹介されています。

明後日(1月7日)に発売される『横濱』2014年新春号は、曹洞宗大本山總持寺を含めた鶴見周辺、そして、町の記憶では「上永谷周辺」が特集されます。

20140105-01
↑1月7日に発売される『横濱』2014年新春号・クリックすると横浜市のサイトに飛びます

20140105-02 20140105-03

「町の記憶」のコーナーは、古くから上永谷を知る方々に貞昌院へ集まっていただき、昔の写真を映し出しながらインタビュー形式で取材が進められました。

20140105-04


 

A4判104ページ
これ1冊で横浜の楽しさが倍増!
1部 600円(税込み)
販売場所
・市県内書店及び東京都内の主要書店
・横浜市刊行物サービスコーナー (市庁舎1階市民情報センター内)ほか

※首都圏以外に在住の方は下記にお申し込みください。
・横浜市刊行物サービスコーナー
〒231-0017 横浜市中区港町1-1 TEL: 045-671-3600
・インターネットでは、富士山マガジンサービス(雑誌のオンライン書店)からお買い求めいただけます。


是非お手にとってご覧ください。

投稿者: kameno 日時: 2:39 PM | | コメント (0)

今年の除夜の鐘について

貞昌院では平成25年大晦日の12月31日に恒例の除夜の鐘を撞きます。
夜10時40分ごろから一般の参拝客の皆さまにお撞きいただいております。

jyoya.jpg

寒い中の除夜の鐘ですから、手作りの甘酒のサービスをさせていただきます。
こちらも併せてお楽しみください。

除夜の鐘は深夜0時で撞き終わりますので、ご希望の方は早めにお越し下さい。


また、昨年に引続き貞昌院の鐘の音を世界中の多くの方にお届けするためにインターネット中継をいたします。 
除夜の鐘はUstream でも配信予定です。Ustream のサイトから「貞昌院」のキーワードでご覧ください。

Live streaming video by Ustream

 

20101231-02

 

 



除夜の鐘@貞昌院 

投稿者: kameno 日時: 1:16 PM | | コメント (0)

お寺でコスプレイベント

今月末のハロウィンに向けて、街では様々な仮装をした人々を見かけます。
特に、ここ数年、急速に盛り上がりを見せている感じです。


日本では、2000年頃まではハロウィンは英語の教科書の中もしくはテレビで知られる行事であった。しかしながら、アメリカで行われる娯楽行事の多くがそうであるように、日本でも2013年現在ハロウィンが行われるようになってきた。クリスマスなどと同様に、日本では宗教的背景の上でハロウィンを開催している例は皆無といってよく、あくまでイベントとして楽しむもので、娯楽化、商業化されたものである。
ハロウィンのパレードとしてはJR川崎駅前の「カワサキ・ハロウィン・パレード」が知られる。このパレードでは約3000人による仮装パレードで約10万人の人出を数える(1997年より毎年開催)。
東京ディズニーランドでは、1997年10月31日に園内に仮装した入園者が集まるイベント「ディズニー・ハッピーハロウィーン」が開催され、2000年10月31日には400名の仮装した入園者とディズニーのキャラクターが園内をパレードする「Happy Halloween Twilight Parade」が開催された。2001年からは10月中に開催されるイベントとして園内パレードも行われるようになり、次第に秋のイベントとして恒例化していった。現在では9月初旬から始まる大きなイベントとなっている。
(ウィキペディア「ハロウィン」項より)

ハロウィンでの仮装は日常の「自分」から抜け出して、新しい人格を新鮮な気持ちで楽しむ行事として広がっているように思います。

 

仮装関連で、このたび“寺社でのコスプレイベント”にご協力させていただくことになりました。

寺社でのコスプレイベント

◆◆◆イベント詳細◆◆◆
<日時>平成25年12月14日(土) 13:00~18:00(17:30撮影終了)
<場所>貞昌院
<主催>和コス倶楽部
詳細お問合せ・お申込みは こちらのサイトよりお願いします。

 

果たして、どんなイベントになるのか・・・・・
蓋を開けてみてからのお楽しみです。

 

 

ところで、現在のハロウィンは、可愛らしい衣装が目立ちますが、昔のハロウィン仮装がホラー過ぎて半ベソでお菓子を献上するレベルというまとめ記事がありました。
インパクト大、一見の価値アリです。

投稿者: kameno 日時: 1:49 PM | | コメント (0)

9月7日開催 ゆめ観音in大船のおしらせ

今週の土曜日、ゆめ観音アジアフェスティバルin大船 が大船観音寺を会場に開催されます。
20130906-0120130906-02

2013年(平成25年)開催
15ゆめ観音アジアフェスティバル

 

開催日時 201397日(土)
開催場所 大船観音寺

主催 ゆめ観音実行委員会(大船観音寺・第五教区)


出演・出店予定一覧

【観音前ステージ 12:30開会式】
開会宣言・来賓挨拶 
KOKANEE(カナダ出身の兄弟ユニット)

刈川圭祐 (ピアノ弾語り)
sora (オーガニックアコースティックデュオ)
丸義会 (津軽三味線民舞)
カラフルリップス (ミニ浴衣パフォーマンス)
桐山日登美 (インド古典舞踊オデッシィ)
チョムロム ナータシン タイ (タイ舞踊)
happinus (尺八・ギター・パーカッショントリオ)
SAKARAK (カンボジア舞踊)
小山貢憲会 (津軽三味線)
ベトナム日新屈禅堂 (ベトナム式読経)
万灯供養 法要 (平和の火に囲まれた平和の祈り)

Ethno-Exotica Vaudeville
(多民族的ヴォードヴィル☆エンターテイメント)
  
【出店・出展】

 
チニーズ (インド雑貨)
地球市民ACTかながわ (アジア民族伝統工芸)
ハイチの会セスラ (ハイチコーヒー他)
インド政府観光局 (観光展示)
アショカ (インド料理)
スカイテック (環境展示)
ベトナム仏教信者会 (ベトナム揚春巻き、赤飯など)

ブリッヂ フォー ピース (胎内での平和展示)
ヘナボディアートMEW
(メヘンディ、インドヘナアート雑貨)
のんのん (おにぎり)

 

↓クリックするとパンフレットが表示されます(PDF)

  yume2013.jpg 2013yume-2.jpg

多くの方にご来場いただきたく、ご案内申し上げます。


■ニュースサイトリンク

タウンニュース鎌倉版
大船観音でアジアフェス平和へ思い込め(2013/9/6号)

東京新聞
世界の恒久平和を祈念 あす、大船観音寺でフェス(2013/9/6号)

 

投稿者: kameno 日時: 8:05 PM | | コメント (0)

駐車場舗装工事のおしらせ

貞昌院檀家参拝用駐車場のアスファルトが、一部劣化して穴ができてしまっている箇所があります。
20130820-02

そこで、このたび舗装と駐車場の整備工事を行なうこととなりました。
舗装工事の範囲は次の通りです。

20130820-01

工事期間は今月(平成25年8月)25日あたりから2週間ほどを予定しております。
この間、お参りの方が駐車される場合には、上図「朱塗り以外の部分」に駐車いただきますようお願いいたします。

また、秋彼岸の時期をめどに、山上墓地への石階段部分の工事も予定しております。
そちらは、また近くなりましたらお知らせいたします。

投稿者: kameno 日時: 8:51 AM | | コメント (0)

大施餓鬼法要と演奏会のおしらせ

7月26日 金曜日 恒例の貞昌院大施餓鬼法要と演奏会が行われます。
みなさまのご参列をお待ち申し上げます。
------------------------------------------------

■貞昌院大施餓鬼会・演奏会
平成25年7月26日 金曜日

■午後1時30分より セーンジャーさんによる モンゴル伝統楽器馬頭琴演奏会~


20130721内モンゴル出身、内モンゴル芸術学院卒業後来日。大東文化大学大学院修了。
2005年「スーホと白い馬」映画主演、音楽監督を自ら行い、文部科学省選定作品に選定される。
2007年、映画「蒼き狼 地果て海尽きるまで」において馬頭琴を担当、モンゴル現地ロケに参加。
2008年北京オリンピック、ギネス世界記録イベントにおいて馬頭琴を演奏。
2010年3月にテレビ朝日番組「徹子の部屋」に出演
2012年NHK「エル・ムンド」「ほっとアジア」で 実力を発揮するなど若きアーティストとして活動の場はさらに拡がりを見せている。
CD:「DREAM」「モンゴル蒼い風」「星のささやき」「恋情」等リリース
モンゴルの広大な草原を想起させる馬頭琴の美しい演奏をどうぞお楽しみに。

■午後3時より 大施餓鬼会法要 が行なわれます。
--------------------------------------------------

今年も暑い夏になりそうです。
少しでも涼しく、参列しやすい工夫を考えております。
皆様のお参りをお待ち申し上げます。

また、昨年完成した『こうなんの歴史アルバム』第二集(港南歴史協議会編)のご紹介、頒布も行なわれます。
併せて宜しくお願い致します。


■昨年の様子はこちら

 大施餓鬼会報告

投稿者: kameno 日時: 1:13 PM | | コメント (0)

6月30日 夏越の大祓

早いもので、今年も、もう半分が過ぎようとしています。
隣の永谷天満宮では、境内に茅の輪=(カヤで作られた大きな輪)が取り付けられました。
明日(6月30日)に行われる夏越しの大祓(なごしのおおはらえ)の準備です。

夏越の大祓
開催日時 平成25年6月30日(日)午後3時15分受付開始、4時より神事
場所 永谷天満宮境内
初穂料 一人500円以上、お心もち (ご参列の方に「茅の輪守り」を授与します)
予約の必要はありません。当日直接天満宮にお越しください。

20130629-01


カヤは古代から日本人の生活に深いかかわりを持ってきました。
非常に強い草で、丈夫な地下茎をもち繁殖します。

夏越しの大祓は、正月から六月までの半年間に、積み重なった罪穢(つみけがれ)を祓う伝統的な儀式です。
茅の輪をくぐることにより、疫病や罪蔵が祓われるといわれています。

20130629-02

永谷天満宮では、毎年6月30日午後に茅の輪くぐりの神事が行われます。
くぐり方は左まわり・右まわり・左まわりと、八の宇を書くように三度くぐり抜けます。
こうして、心身ともに清らかになって、あとの半年間を新たな気持ちで迎えるのです。

茅の輪の起源については、善行をした蘇民将来(そみんしょうらい)が素盞鳴尊(すさのおのみこと)から「もしも疫病が流行したら、茅の輪を腰につけると免れる」といわれ、そのとおりにしたところ、疫病から免れることができたという故事に基づきます。

境内の紫陽花も、見ごろの終盤を迎えました。
併せてぜひご覧ください。

20130629-03


■昨年の記録はこちら⇒夏越の大祓2012
投稿者: kameno 日時: 10:15 AM | | コメント (0)

キャンドルナイトin大船観音 のおしらせ

今年も、大船観音寺を会場に「キャンドルナイトin大船観音」が開催されます。

開催日時 平成25年(2013年)6月22日(土曜日)午後6時より
会場 大船観音寺(JR大船駅西口下車 徒歩5分)
 
広島に投下された原子爆弾の残り火(平和の火)をキャンドルに灯して広げる静かなイベントです。

昨年の記録はこちら ⇒ 祈りと願いのキャンドルナイトin大船観音(2012年の記録)

20130622-pos

 

会場では、クリスタルボウル奏者・登丸春佳さんによる演奏をいただきます。
透明で心地よいクリスタルボウルの音に包まれたスローな雰囲気をどうぞお楽しみください。 

みなさまのご参加をお待ちしております。


■関連リンク
祈りと願いのキャンドルナイトin大船観音(2012年)
2011ゆめ観音アジアフェスティバル報告(3)
キャンドルナイトin大船2011報告
平和への祈り 大船観音から
2010年夏キャンドルナイトin大船観音報告
キャンドルナイトin大船開催報告
原水爆禁止国民平和大行進@大船観音
キャンドルナイト報告?笑顔が広がりますように
原爆投下は長崎を最後に
広がるねがいと平和の灯火
「広島原爆の火」の採火式を行います
Flame of the Atomic bomb in Ofna kannon

投稿者: kameno 日時: 5:27 AM | | コメント (0)

傾聴カフェを開催します

貞昌院を会場として、傾聴カフェを開催します。
主に東日本大震災で被災された方々を対象とした交流会です。
当日は様々なサプライズ!があるかもしれません。

日時 平成25年6月8日(土)午後1:30-3:30
会場 貞昌院(港南区上永谷5-1-3)市営地下鉄 上永谷駅 徒歩5分
参加 無料
申込 申込用紙に記入してFAXにてお申込みください 申込用紙はこちら(PDF)
主催 傾聴カフェ「こだま」(港南区民活動支援センター登録団体)
問合せ 045-742-1595 西山

20130502-01

投稿者: kameno 日時: 10:03 PM | | コメント (0)

仏教情報センター周年記念講演のおしらせ

仏教情報センターは昭和58(1983)年、仏教テレフォン相談を柱に設立してから今年で30周年となります。
毎日の電話相談の交信回数は20万件を超え、また仏教ライフサークルをはじめ定期勉強会、各種ハウツー本の発行など、多くの方々の苦しみ悲しみ、切実な悩みに寄り添ってまいりました。
そして昨年、一般社団法人となりました。
現在、ボランティアの僧侶相談員は8宗派130名を超えています。
30周年を迎えるにあたり、よりいっそう仏教のすばらしさを、明るく生き生きとした仏教を現在の日本に示すことができればと考え、「共に生きる=仏教に導かれて」をテーマとして大会を開催することにいたしました。
不安の多い社会の中で沈みがちな人々の心に元気を与える仏教を提示できればと思っています。

日時 平成25年5月6日(月曜日)午後1時開場、午後1時30分より午後5時まで
場所 増上寺 (港区芝4-7-35) 都営三田線「御成門」「芝公園」駅から徒歩3分、JR「浜松町」徒歩10分
チケット 2000円
主催 一般社団法人 仏教情報センター
お申込み 仏教情報センターか、当日直接 増上寺にお越しください

20130424-02 20130424-01

当日は玄侑宗久師、愛川純子氏の講演、対談や、三浦明利師の法話ライブが増上寺・大殿で行なわれるほか、ロビーにてカフェ・ド・BOUZをOPENします。
美味しいコーヒー(無料)で気楽に語り合いを楽しみましょう。


開催日まで10日あまりとなりました。
打合せ、準備の日々が続いています。
20130424-0420130424-03

当日配布するパンフレットも完成しました。

投稿者: kameno 日時: 6:04 AM | | コメント (0)

本日 貞昌院花まつり 護持会総会です

春の「嵐」が日本列島を横断しています。
横浜では、横浜では、風雨のピークが過ぎ、少しづつ青空が広がってきました。
西の空には、朝日が昇り始めた数分間、綺麗な虹が見られました!
20130407-01

花まつり・お釈迦様の誕生を祝福するような美しい虹です。

--------------------------------------------

貞昌院では、4月8日に近い日曜日(今年は4月7日)に花まつりと護持会総会を開催いたします。
今日は風雨も一段落しているようですので、少しほっとしています。
20070408-02

花まつりとは、お釈迦様の誕生日。誕生仏に甘茶を掛けて誕生を祝います。
本年は、マリンバ デュオ「白藤」(東瑞希さん・奈良橋智美さん)をお迎えし本堂の演奏会が併せて開催されます。ご家族お子様連れでどうぞお越し下さい。

4月7日(日曜日)

11:00 花祭り法要 (本堂にて)
11:30 護持会総会 (本堂にて)
(H24年度護持会会計決算、H25年度予算案審議 / 墓地等環境美化費会計報告 / その他)
12:00 マリンバテュオ「白藤」 コンサート (本堂にて)
13:00 懇親会 (広間でお食事をご用意いたします)

 

「白藤」プロフィール

東 瑞希 (あずまみずき)

千葉県立津田沼高校卒業、上野学園大学卒業。
マリンバを在本ひとみ、佐藤明美氏に師事。

奈良橋 智美(ならはしともみ)

上野学園大学音楽学部音楽学科在学 打楽器専門。
打楽器を新井 汎氏、岡田 全弘氏、マリンバを佐藤明美氏に師事

投稿者: kameno 日時: 8:05 AM | | コメント (0)

そっと後押し きょうの説法

テレビ朝日系列の朝の情報番組「やじうまテレビ」のなかに『そっと後押し きょうの説法』というコーナーがあります。
月曜日~金曜日の大体 5:42分ごろから2分間の短いコーナーです。

月曜日~木曜日が伝統仏教各宗派僧侶による法話、金曜日が三輪明宏さんによる人生相談という内容です。

『そっと後押し きょうの説法』は、毎日楽しみにしていらっしゃる方も多く、長く続いている息の長いコーナーです。
書籍化もされていて、既に3冊目が出版されています

 

この4月、私も数回参加させていただくことになりました。
(内緒にしていたのですが、ご覧になった方も居られ、電話をいくつかいただいています。ありがとうございました)


90秒間に収まるように、文字数にして原稿用紙一枚程度に、4月担当の他宗派の僧侶の皆さんにもチェックしていただきながら法話としてまとめていきます。
そして、収録に臨むのですが、スタッフの皆さんはさすがプロです。収録はいたって手際よく進められていきます。
そして出来上がった番組が、今日放送されたのでした。

今日の法話は、次のブログ記事をまとめています。
享年と行年=いのちの長さの数え方
東洋的いのち観・西洋的いのち観

 

視聴者の中には実に熱心な方がいらっしゃって、放送まもなく、ブログ記事として法話の内容がアップロードされていました。
⇒ナヤミ坊主さんのブログ 速報*そっと後押し きょうの説法


Youtubeにもアップロードされていました!
Youtube

 

 

ちょっと早起きした朝、「やじうまテレビ」でお会いできるかも知れないですね。
芸能コーナーの合間に突然はじまりますから、どうぞお見逃しなく。

投稿者: kameno 日時: 9:46 PM | | コメント (2)

第2回ふるさと福島を語る会のおしらせ

昨年12月、貞昌院を会場に、ふるさと福島を語る会in貞昌院 が開催されました。
その際、桜のシーズンに第2回目を是非!という声が多かったので、第2回の「ふるさと福島を語る会」が開催されることとなりました。

第2回は、マリンバとピアノの演奏を愉しみながら、桜を眺め、懇親を深める「語る会」です。

 

■第2回ふるさと福島を語る会・さわやかコンサート

日時 平成25年3月31日(日曜日)
午後2時より
場所 貞昌院 本堂にて

お申込み さわやか港南 045-820-5883
または 貞昌院 045-843-8852 まで

出演 マリンバ演奏 市瀬孝子さん
ピアノ 演奏 渡辺藤子さん

出演者プロフィール
○市瀬孝子(マリンバ)
上野学園大学音楽学部器楽科卒業。マリンバを吉川雅夫、故工藤昭二の各氏に、打楽器を故小宅勇輔、故小森宗太郎の各氏に従事。在学中よりテレビ、ラジオで活躍。ラジオで活躍。県立青少年センター打楽器講座、教育センターや小中学校の講演会で活躍。みなとみらい大ホールでのリサイタルや学校教育演奏会他、2011年9月東日本大震災チャリティーコンサートをみなとみらいホールで開催。海外での演奏も好評。
○渡辺藤子(ピアノ)
上野学園大学音楽学部ピアン専門卒業。同大学音楽専攻科終了。高校音楽教師を30年務める。

曲目 愛の喜び 熊ん蜂の飛行 さくらさくら 他

皆様のご参加をお待ち申し上げます。


■関連リンク
ふるさと福島を語る会in貞昌院

投稿者: kameno 日時: 12:08 AM | | コメント (0)

葬祭流儀「終活」大特集

『葬祭流儀』という地域発信型の葬祭情報誌があります。

葬儀社・仏壇・仏具・お墓・葬儀の基礎知識・弔事の基本やマナーなど、 葬祭全般に関する情報を各都道府県別に集約している情報誌です。
(発売元・株式会社日本メモリアル通信)

20130108-01

このたび、神奈川版vol.2が発行されました。
県内のコンビニやAmazonなどで発売されています。

最近は「終活」ということばが目立つようになりました。
自分の人生の終わりを自分で決めておく、それがハッピーな人生を送るための一助になるということになります。

神奈川版Vol.2はこのような内容となっています。


『葬祭流儀』神奈川 vol.2 Contents
・ハッピーな人生の終焉を迎えるための終活特集
ハッピーエンディング対談 東海林のりこ×木野島光美
金子哲雄さんの「終活」
・今見つめなおす、命をつなぐ絆
・送りたい送られたい 感動の葬式
・グレース・ウエア新提案
・ブラックフォーマル最新事情
・もしもの時の疑問解明Q&A
・新しい供養のカタチ
・求められる現代の仏壇
・仏具図録
・現代のお墓事情
・弔事の基本 ー危篤~臨終 大切な人が亡くなったら
葬送のプロセス
・神奈川の葬儀社
・絆 現場を支える人たち

今回発行の情報誌で取材を受け、掲載いただきました。
「お寺は死後ではなく、むしろ生きているうちに関わるべきもの」

20130108-02

もしも『葬祭流儀』神奈川を見かけましたらご一読いただけると嬉しいです。
役に立つ情報が満載ですので、立ち読みだけでなく、是非購入されることをお勧めします。

投稿者: kameno 日時: 1:31 AM | | コメント (2)

大晦日!除夜の鐘

貞昌院では、12月31日大晦日に恒例の除夜の鐘を撞きます。
夜10時40分ごろから一般の参拝客の皆さまにお撞きいただいております。

jyoya.jpg

寒い中の除夜の鐘ですから、手作りの甘酒のサービスをさせていただきます。
こちらも併せてお楽しみください。

除夜の鐘は深夜0時で撞き終わりますので、ご希望の方は早めにお越し下さい。


また、昨年に引続き貞昌院の鐘の音を世界中の多くの方にお届けするためにインターネット中継をいたします。
下記画像をクリックして中継画面にお進みください。

20101231-02

投稿者: kameno 日時: 3:39 PM | | コメント (0)

今年の除夜の鐘について

今年も残り5日ほどになりました。
山門の門松も飾りつけが終わり、年末年始の準備が進められています。

貞昌院では、12月31日大晦日に恒例の除夜の鐘を撞きます。
夜10時40分ごろから一般の参拝客の皆さまにお撞きいただいております。

jyoya.jpg

寒い中の除夜の鐘ですから、手作りの甘酒のサービスをさせていただきます。
こちらも併せてお楽しみください。

除夜の鐘は深夜0時で撞き終わりますので、ご希望の方は早めにお越し下さい。


また、昨年に引続き貞昌院の鐘の音を世界中の多くの方にお届けするためにインターネット中継をいたします。
大晦日の日だけ、池中継カメラとして使用しているネットカメラを鐘楼堂の方向にセットいたします。
12月31日20:00(JST)以降、下記画像をクリックして中継画面にお進みください。

20101231-02

なお、音声は冒頭に記載した除夜の鐘を撞いている時間のみ配信いたします。
それ以外の時間は音声無しの映像ですのでご了承ください。

 



■昨年の除夜の鐘記録です

一人ひとりの願いの込められた鐘の音をUStream の録画機能で記録いたしました。


その1 2011/12/31 22:30から23:28まで


その2 2011/12/31 23:28から23:40まで


その3 2011/12/31 23:40以降
投稿者: kameno 日時: 9:40 PM | | コメント (0)

ふるさと福島を語る会in貞昌院

震災から1年9カ月、港南区永野地区では津波被害や原発事故から逃れて避難生活を送っているかたが港南区内だけでも十数世帯いらっしゃいます。 
一方、福島出身の永野地区住民が同じ故郷の方との交流、地域とのつながりをもとめています。
そこで永野連合・地区社協では、銀杏の木が見ごろを迎える貞昌院において、福島県をはじめ東北各県から避難している皆さまとの、ふるさとを語る交流会を開催することになりました。

貞昌院の境内拝観つきです。ふるってご参加ください。


申し込み用紙(PDF)




ふるさと福島を語る会in貞昌院

 

日にち:平成24年12月2日(日)
時 間:13:30~16:00 (13:00受付)
場 所:貞昌院 (港南区上永谷5-1-3)
参加費:無料
定 員:50名(定員超える場合は、県内避難者の方を優先させていただきます。)
   お申し込み:ウラ面に必要事項をご記入の上、
東永谷地域ケアプラザ(045-826-1071)に
ファックスでお申し込みください。
申し込み〆切:11月25日(日)

 

主催:永野連合町内会・地区社会福祉協議会
協力:東永谷地域ケアプラザ・野庭地域ケアプラザ・神奈川県社会福祉士会

投稿者: kameno 日時: 9:56 AM | | コメント (0)

9/8 ゆめ観音アジアフェスティバル開催です

9月8日 土曜日、大船観音寺において ゆめ観音アジアフェスティバルが開催されます。
そのための最終準備を行いました。

白衣観音前ステージでは、様々な国・地域の舞踊、音楽が繰り広げられます。
午後6時からは万灯供養法要が厳修されます。
本堂の中ではなく、屋外ステージでの法要ということもあり、法要の習儀も念入りに行なわれます。

20120907-05
法要習儀は、教区の法要部が中心に進められました。

20120907-0420120907-0620120907-07

万灯供養法要は、お釈迦様の時代に起源を有するとても歴史の古い法要です。
大船観音寺の境内に大切に灯されている平和の火(広島原爆の残り火)を会場に広げて、その火の中で営まれます。

20120907-0820120907-0920120907-10
さまざまな仕掛けも用意しています。
ステージのラスト、ファイヤーダンスのフィナーレもどうぞお楽しみに。

 

出店の一つ、銀座アショカは前日から準備いただいています。
大きなタンドリー釜(重量は100キロを越えます)を持ち込んで、焼きたてのナンと本格的なインド料理が楽しめます。

20120907-1220120907-11

天気予報は曇時々雨。
微妙なところですが、なんとか天気が持って欲しいものです。

 

-------------------------------------------------------

第14回 ゆめ観音アジアフェスティバルin大船
開催日時 2012年9月8日(土) 11:00~20:00 (雨天時は胎内ギャラリー・事務所・出店のみ)
開催場所 大船観音寺 (鎌倉市岡本1-5-3:JR大船駅西口・湘南モノレール大船駅から徒歩5分)
白衣観音像前ステージ 及び 境内

yume2012.jpg

<ステージスケジュールおよび出店予定一覧>

■ステージ 12:50~
12:50 大梵鐘・開会スピーチ
13:00 Duo QuenArpa(デュオ・ケーナルパ)
13:40 スミリール(ジャワ舞踊と音楽)
14:15 Madhu-Priya (南インド寺院古典舞踊)
14:45 小山貢憲会(津軽三味線)-
15:30 プスパ・ラトナ (バリ舞踊)
16:00 蒔獲堵 ~Ma~Ka~Do~ (和太鼓)
17:00 Marisol Belly Dance (ベリーダンス)
18:00 万灯供養法要
19:00 Ethno-Exotica Vaudeville(ボリウッドフュージョンダンス)
■出展・飲食 11:00~
Peiken Treading & Tours(スリランカバティック・カレー・紅茶)
地球市民ACTかながわ(東南アジア伝統手工芸品)
アムドクラフトジャパン(チベット伝統工芸)
チーム ピースチャレンジャー(インド・ネパール子ども自立支援)
スカイテック(太陽光発電など環境展示)
のんのん(大船おにぎり)
東京アショカ(インドカレー)
イスガヘ(中東料理)
インド政府観光局

◆キャンドルナイト 18:30~
「平和の火」を広げるキャンドルナイト

主催 | ゆめ観音実行委員会(大船観音寺・第五教区)
後援 | 鎌倉市

投稿者: kameno 日時: 9:18 PM | | コメント (0)

さわやか寄席-怪談夜噺

本日夕方、貞昌院本堂で落語会が開催されました。

さわやか寄席-怪談夜噺
金原亭馬治(キンゲンテイウマジ)独演会

日時 平成24年8月18日(土曜日) 午後5時より
場所 貞昌院 本堂にて

今回は「残暑厳しい夜を涼しく」ということで、本堂を薄暗く締め切り、照明を落とし、ロウソクの炎のみの中で落語を三席いただきました。

一席目 親子酒
20120818-03

二席目 死神
20120818-05
このころからだんだん暗くなり、ゆらゆらとしたロウソクの炎が雰囲気を醸し出します。

<休憩>をはさんで

三席目 茶の湯
20120818-04
二席目とは打って変わって楽しい演目です。

さすが昨年開催された「第5回落語一番勝負・若手落語家グランプリ」で優勝されただけのことはあります。
堂内を埋め尽くした皆さんの笑いて包まれました。

 

20120818-02

落語で使われる高座は、元々僧侶が説法をする壇のことであったし、江戸初期に寺社の境内で行われていた催し物が「寄席」になったように、寺院と落語は切っても切れない関係にあります。
これからも本堂で落語を行っていく予定です。
どうぞお楽しみに。


馬治さんには最初と最後にご丁寧なお参りをいただきました。
楽しい時間を有難うございました。


タウンニュース港南区版 2012/9/20号に掲載されました。
20120922-11


第34番 凶  ゆめにゆめを かさぬるがごとし

夢ぞともしらで 見る夜・心 ゆめにまた かさねしゆめを ゆめにみる夢

此みくじにあたらば一向にわが帰依の佛神をいのるべし ●願がい事そのひそうにしてはたびたびやぶれやぶれついに成就しがたし ●まち人たよりもなくおぼつかなし ●うせ物いろいろ気をつくしおおいれてたずぬれどもしてず手に入りがたし ●やまい事何病という事もなくただ日に日におとろえかるる しかし生きしには生くべし ●いいぶんかつべき時もまけになり とかくおぼつかなし われよりひかえてよし ●えんのみちそのひかたし ▲うらのこころ何事もはかりがたく世の中あやうしかればわが身よりつつしむべしとなり

投稿者: kameno 日時: 8:07 PM | | コメント (0)

八月盆を迎えます

八月のお盆の時期を迎えました。
お盆は、長年に渡り各家庭で毎年行われており、日本人の風物詩としてこれほど生活に密着した仏教行事はないでしょう。

お盆については、こちらにまとめてありますのでどうぞご参照ください ⇒お盆の迎え方、精霊棚の飾り方

20120812-01

お盆について分からないことは、お寺に気軽に御相談下さい。
また、その家や地域の伝統やしきたりも大事にした頂ければと思います。

お仏壇の前でお読みする経本を電子ブックにしました。
こちらも、適宜ご利用くださればと思います。

20120803-02

貞昌院では、お盆の時期には初盆を迎えられる方を中心に檀家様の仏壇におまいりさせていただいております。
お伺いした際には宜しくお願い致します。合掌

投稿者: kameno 日時: 10:09 AM | | コメント (0)

お寺で涼しく怪談夜噺

暦の上では秋を迎えましたが、まだまだ毎日暑い日が続きそうです。
この暑さを、怪談夜噺で涼しく乗り越えませんか?

貞昌院とさわやか港南共催によるさわやか寄席が8月18日(土曜日)夕方開催予定です。

本堂を会場に、ロウソクを灯し、一話ごとに吹き消していきます。

お寺の建物は、涼しく過ごすための工夫がたくさんなされています。
怪談夜噺をするにはもってこいの環境です。

この貴重な機会に、是非多数のご来場ご参加をお待ち申し上げます。

 

さわやか寄席-怪談夜噺
金原亭馬治(キンゲンテイウマジ)独演会

日時 平成24年8月18日(土曜日) 午後5時より
場所 貞昌院 本堂にて
木戸銭 800円
お申込み さわやか港南 045-820-5883
または 貞昌院 kameno@teishoin.net  まで

20120115-01

 

演目は『死神』他一席。
『死神』は、古典落語の演目の一つで、ヨーロッパの死神説話(グリム童話の『死神の名付け親』、またはイタリアの歌劇『クリスピーノと死神』など)をもとに三遊亭圓朝師匠が翻案した作品です。
お寺の本堂を薄暗くして、ロウソクを灯して演じていただきます。
『死神」の舞台背景については 落語の舞台を歩く 様のサイトが詳しいので、<ネタバレを前提に>興味ある方は併せてご参照ください。



■関連ブログ記事
金原亭馬治独演会報告

投稿者: kameno 日時: 8:50 AM | | コメント (0)

プリウス PHV体験者の声

トヨタの公式サイト、プリウスPHVのコンテンツに「プリウスPHV体験者の声・10daysモニター体験記」があります。
様々なジャンルのプロフェッショナルの方々と一般ブロガーたちによるプリウスPHVへの印象を綴ったページです。

その「プリウスPHV体験者の声・10daysモニター体験記」のサイトはこちら。
(下の画像をクリックすると、リンク先に移動します)

20120727-01

ここ数日間に亘り、当ブログでプリウスPHVと過ごした日々の様子をブログで公開して参りましたが、それは上記サイトの中の、一般ブロガーによる試乗体験を試乗モニターに選ばれたからです。
かなりの倍率だったようで、貴重な機会を与えていただいた事務局の皆様に心から感謝申し上げます。

当ブログで記載した内容が、トヨタの公式サイトに掲載されています
私は、モニター期間 part4の5名のうちの一人です。
是非、トヨタのサイトもご覧くださればと思います。

モニター体験記を綴られた他の方々の記事もとても参考になります。
いろいろな視点があるのですね。

もしも、こちらの記事が少しでも参考になりましたら、「共有」ボタンをクリックいただければと思います。

投稿者: kameno 日時: 11:51 AM | | コメント (0)

大施餓鬼会(おせがき)/演奏会のおしらせ

7月26日 木曜日 恒例の貞昌院大施餓鬼法要と演奏会が行われます。
みなさまのご参列をお待ち申し上げます。

------------------------------------------------

■貞昌院大施餓鬼会・演奏会
7月26日 木曜日

■午後1時45分より 「魂を受継ぐ」~津軽三味線法話演奏会~

20120724-03 
磯田浩一師 (静岡県慶昌院住職・津軽三味線 小山会 小山貢憲社中)
磯田師の所属する「津軽三味線 小山会」は 日本で始めて津軽三味線に家元制度を取り入れた社中で、日本で一番大きな津軽三味線の団体です。
舞台・テレビ・学校教材ビデオ等、すばらしいテクニックと美しい音色を披露しております。
本堂に響きわたる力強い三味線の響きをお楽しみください。
昨年は小山会小山貢憲を含めての3人のユニットによる演奏を中心にした内容でしたが、今年は磯田師のソロとなります。

お袈裟を掛けて、法話を交えながらの演奏会となります
力強い津軽三味線の演奏をどうぞお楽しみに。

■午後3時より 大施餓鬼会法要 が行なわれます。

--------------------------------------------------

今年も暑い夏になりそうです。
少しでも涼しく、参列しやすい工夫を考えております。
皆様のお参りをお待ち申し上げます。

 

また、この夏出来上がったばかりの『こうなんの歴史アルバム』第二集(港南歴史協議会編)のご紹介、頒布も行なわれます。
併せて宜しくお願い致します。


■昨年の様子はこちら

貞昌院大施餓鬼会・演奏会報告(平成23年)

投稿者: kameno 日時: 11:33 AM | | コメント (0)

キャンドルナイト2012in大船観音のお知らせ

今日(6月23日)午後6時すぎより、大船観音寺を会場に「キャンドルナイト2012」が開催されます。
広島原爆の残り火(平和の火)をキャンドルに灯して広げる静かなイベントです。
昨年の様子はこちらです

20120623


また、今日は沖縄戦終結の日でもあります
沖縄県は毎年6月23日を太平洋戦争における沖縄戦の終結した日でもあります。沖縄戦での20万人以上の犠牲者をはじめ、海上、海外で亡くなった戦没者の冥福と世界の恒久平和をあわせて願います。
会場では、ハーピスト・八木健一氏による演奏をいただきます。
正倉院に保存されていた箜篌(くご)という、古い竪琴の復元楽器の演奏です。
アメリカの有名な楽器制作者の制作で、とても綺麗な音がします。
みなさまのご参加をお待ちしております。

投稿者: kameno 日時: 9:46 AM | | コメント (0)

プリウスPHV」試乗モニターに応募してみた

"究極のエコカー"「プリウスPHV」。
EVとHVの特徴を複合し、2012年1月より発売されています。

この気になる車の”試乗モニターキャンペーンが行われているということで、早速応募してみました。

もしも当選したら、詳細なレポートを書いてみたいと考えています。

投稿者: kameno 日時: 2:14 AM | | コメント (2)

こうなんの歴史アルバム2号編集会議

一昨年2月に港南歴史協議会から発刊された『こうなんの歴史アルバム』の続編、第2号の編集会議が定期的に行われています。
(なお、第1号は好評の中売り切れました)

20120518-0620120518-05


第1号は明治開校の小学校に受継がれてきた写真をもとに、歴史的事実をまとめました。
第2号では、港南区内の旧家などに残されている写真をもとに、「街づくり」「宅地開発」「道路」「河川」の変遷を辿ります。

この夏発行に向けて最終段階に入りました。
NPO法人港南歴史協議会構成のメンバーたちによる論議も白熱しています。

 

■追記お知らせ
5月19日土曜日 10時~15時 上永谷富士見台自治会館(上永谷2丁目2番地)において創立50周年記念写真展「ふじみ今昔物語」が開催されます。
自治会周辺(上永谷2丁目島越近辺)の昔と今の写真の比較展示のほか、餅つき、神輿などの展示もあります。
是非足をお運びください。


■関連ブログ記事
『こうなんの歴史アルバム』予約開始
(注・第1号↑は売り切れです)

投稿者: kameno 日時: 12:08 AM | | コメント (2)

ようこそ禅の世界へ-日経おとなのOFF

5月6日発売の 『日経おとなのOFF』 6月号 で、禅が特集されます。

20120430-01

上質な大人の時間を提案!送料無料で毎号お届け!
出版社:日経BP出版センター.
発行間隔:月刊
雑誌コード:07117
税込み 680円
発売日 6月号=5月6日


こちらの公式サイトにはまだ告知が上がっていませんが、一足早く見本誌をいただきましたので、表紙のみご紹介します。
GW明け、書店で見かけたら立ち読みだけでなく、是非購入いただくことをお薦めします。
檀家さんをはじめ、もちろん一般の皆様にもお薦めの一冊です。

日本が誇るべき文化、「禅」・・・・
美しい写真とイラストがバランスよく配置されていて、深遠なる世界をを分りやすく紹介しています。

表紙の「禅」の文字は、一休宗純師の弟子、墨斎による揮毫です。

 

--------------
『日経おとなのOFF』は、「人生をより豊かにするオフ生活情報誌」 をテーマしたエネルギッシュでアクティブな大人のための情報誌です。
上質な「旅」「食」「遊」の情報を厳選してお届けします。記者自らが一般客となって、旅館やホテルに泊まったり、レストランで実際に食べてみたりして、本当にいいものかどうかを確認。その上で再取材を行い、記事にまとめるという手法をとっています。 嘘のない信頼性の高い情報を掲載するというのが基本姿勢です。(雑誌の紹介文より

投稿者: kameno 日時: 8:23 AM | | コメント (0)

4月8日花まつりのお知らせ

境内の桜は、今週末見ごろを迎えそうです。
20120404-07
満開の桜の中、4月8日(日)に貞昌院花まつりが開催されます。

4月8日(日曜日)
11:00 花祭り法要
11:30 護持会総会
(H23年度護持会会計決算、H24年度予算案審議 / 墓地等環境美化費会計報告 / その他)
12:00 クラリネット コンサート
12:30 懇親会 (広間でお食事をご用意いたします)

 

花まつりとは、お釈迦様の誕生日。
誕生仏に甘茶を掛けて誕生を祝います。

また、本年は、クラリネット・カルテット(堀川豊彦さん、徳武敦さん、渋谷佳祐さん、三浦明美さん)をお迎えし、四重奏をお楽しみいただきます。
本堂の演奏会へ、ご家族お子様連れでどうぞどうぞお越し下さい。

--------------------------------------

<予定楽曲>
春 -四季より抜粋ー ヴィヴァルディ
adagio ピアノソナタ悲愴より2楽章 ベートーヴェン
G線上のアリア バッハ
The Entertainer     ジョップリン
黒いオルフェ ボンファ
Can't Help Falling in Love      プレスリー
Sing sing sing
愛燦燦
見上げてごらん夜の星を
千の風になって
川の流れのように
上を向いて歩こう
涙そうそう
おまつりマンボ


■昨年の様子はこちら
花まつり・護持会総会報告2011

投稿者: kameno 日時: 7:55 AM | | コメント (0)

ハマSHOW!!@貞昌院

ハマSHOW!!上永谷特集 でご紹介したとおり、ケーブルテレビの J:COMチャンネル 沿線情報番組「プチ散歩アワー」『ハマSHOW!!』で、上永谷が特集されました。
この番組は、お笑い芸人の三瓶さんと大貫幹枝さん(タカダコーポレーション)がゆったりと神奈川の各駅を紹介していく番組です。

番組の録画をいただきましたので、貞昌院の部分のみご紹介いたします。

「ハマSHOW!!」
J:COM横浜の番組 ハマSHOW!で放送されたものです
出演:三瓶さん、タカダコーポレーション大貫さん

 

2月初旬に行われた ロケは非常に寒い一日でした。
平年であれば、もう梅が満開になっているはずですが、蕾はまだ固い状態だったことが思い出されます。
ロケ自体は簡単な打合せのみのぶっつけ本番。
それにしても良くまとめられています。

番組中、お二人が引いたおみくじは、仕込みではなく「ありのまま」の結果です。
さすがお笑い芸人、持っているものを持っていますね。 



■追記
貞昌院および港南歴史協議会からも写真を提供させていただきました『写真アルバム・横浜市の昭和』が、いき出版より発行されました。

20120315-02 20120315-01

関東大震災、そしてそこから復興し、第二次世界大戦、戦後、高度経済成長期・・・・
地元横浜の歴史を写真で振り返るアルバムです。

■2012年3月発刊
■刊行記念価格 9,990円(税込)

詳細、注文はこちらからどうぞ
http://www.ikishuppan.co.jp/index.php?id=51

投稿者: kameno 日時: 10:10 PM | | コメント (0)

東へ・・・

日本を離れ、東へ。
日付変更線を越えていきます。

20120309-01.jpg


北アメリカ・ハワイ檀信徒大会に参加して参ります。
3月11日は海の向こうより祈りたいと思います。

投稿者: kameno 日時: 6:06 PM | | コメント (0)

天神山のフェンス工事

貞昌院、永谷天満宮の裏山、天神山は昭和51年の市営地下鉄上永谷駅開業とその後の戸塚方面への延伸、丸山台再開発により南側が削り取られています。
よって現在は南側は南側は市営地下鉄の鉄道敷に接しています。

境界に設置されている防護フェンスがだいぶ傷んできました。

20120304-01
時の流れを感じさせます。

3月よりフェンス工事が始まりました。
参詣者用駐車場の一角に資材が置いてあります。

20120304-03

また、墓地から天神山山頂に続く山道を資材運搬車が通ることがあります。

20120304-02

安全に配慮して工事を進めるそうですが、工事期間中はどうぞご注意ください。
工事期間は3月14日ごろ完了の予定です。
したがって、春彼岸までには終わります。

お彼岸もまもなくです。
貞昌院裏山(天神山)からのダイヤモンド富士は、晴れていれば今年は3月17日に観ることができます。

2012diamond

投稿者: kameno 日時: 10:13 AM | | コメント (0)

お彼岸 弦楽四重奏音楽会

今年の春彼岸は3月17日~23日、20日が中日となります。
このお彼岸の期間に、貞昌院本堂で弦楽四重奏の音楽会を開催します。
弦楽四重奏は、2本のヴァイオリン、ヴィオラ、チェロにより構成されます。
本堂に響く弦楽のハーモニーをお楽しみください。

 

お彼岸さわやか音楽会

日時 3月21日(水)14時~16時
場所 貞昌院本堂
会費 800円
演奏者 さくら弦楽四重奏団
曲目 ボレロ・さくら 他

(お茶とお菓子のご用意をしてます)

gengaku


お墓参りの合間に、皆様お誘いあわせの上皆様のご参加を お待ちしております。

この弦楽四重奏音楽会は、地域交流拠点「さわやか港南」との共催となります。
主催・申込は さわやか港南 045-820-5883 まで。

投稿者: kameno 日時: 11:09 PM | | コメント (0)

スティーブ・ジョブズと禅関連記事

先月16日に開催したSOTO禅インターナショナル主催講演会「スティーブ・ジョブズと北アメリカの禅」には、各方面の報道関係者からも参加をいただきました。
掲載有難うございました。いくつかをご紹介いたします。

20120301-04
『仏教タイムス』2012/2/23号
「SZI講演会 ジョブズ氏の禅探る - 知野弘文老師との交流から」


Macfan 20120301-03
『Mac Fan』2012/4月号
「ジョブズにとっての禅は、何だったか」
2月29日発売、MacFan4月号に記事が掲載されています。


20120301-02
『曹洞禅グラフ』2012年春彼岸号
「スティーブ・ジョブズを支えた膳-秋葉玄吾老師に聞く」

投稿者: kameno 日時: 8:15 AM | | コメント (0)

被災地の子どもへ一行のメッセージ

曹洞宗のシンクタンクであり、研究機関である曹洞宗綜合研究センターでは、被災地の子どもへ送る一行メッセージを募集しています。
先日節分法要で、総合研究センターに所属する教区の仲間より、このメッセージ募集のお知らせをいただきました。
締切は2月15日。
どなたでも参加できます。
このブログをご覧の皆様はどのようなメッセージを送りますか?

ichigyou_bnr

「一行のメッセージとは?」

人々のココロをゆさぶり、心の奥底に届くコトバとはどのようなものなのか。広告業界の第一線で活躍するプロを迎え、一般公募により集まった応募作の審査を通してコトバの可能性を追求していく企画、それが「一行のメッセージ」です。曹洞宗総合研究センターの情報誌『kuu:』(クウ)誌面にて毎号優秀作を発表、厳しい審査を経て選ばれた方には景品をご用意しております。プロアマ問わずどなたでも応募可能。凝縮された一行のメッセージ、多数のご応募お待ちしております。

 

「被災地の子どもへメッセージ」

時代がどんなに変わろうと、子どもは常に親、兄(姉)、先生などから様々な教訓を教わって育てられます。教訓はもう耳タコ状態です。その一方で、現代は政治家や警察官でさえ堂々とウソをつく時代です。そんな環境にある子どもが衝撃的な経験をしました。彼らは一生、その体験を背負って生きていくことになります。安易な激励や、慰め、教訓は子どもたちの心に届きません。

どんなコトバが子どもに届くのか、どんなメッセージが彼らのココロに届くのか。彼らの経験を精一杯想像してください。同時に、子どもの頃の自分に戻って想像して下さい。一体、どんなコトバをかけたら被災地の子どものココロをゆさぶることができるのか。

くれぐれも、金八先生のように、子どもたちを「説得」しようと思わないでください。大人が上から目線で子どもを説得できる文字数ではありません。せいぜい「暗示」するのが精一杯です。

1行のメッセージで子どもたちに何を暗示するか。がんばってください。

「審査員プロフィール」

飯石 タカヒロ (いいし たかひろ)

1946年島根県生まれ。大手広告代理店で様々な企業の広告を担当し、ACC 賞、TCC 賞などを受賞。
その後、AC ジャパンで公共広告を担当し、ギャラクシー賞など受賞する。
曹洞宗総合研究センター講師。多摩美大、明治大、福島大、長岡造形大などで非常勤講師を勤める。

応募要項 ※必ずお読みください

応募される方は以下の内容をメールにて送信してください

・氏名 (ペンネーム) ※ペンネームも認めますが、景品発送に使用する為本名は必ず明記してください。

・住所

・年齢

・所属 (宗派、寺院名、会社名、学校名等) ※そのまま掲載します。差支え無ければご記入ください。

・応募作(1人3作品まで)

・今回の応募締切 平成24年2月15日(水) 24時まで

・申込みアドレスはこちら

注意事項

・3作品以上の応募はすべて無効とさせていただきます。

・優秀作の発表は平成24年4月発行の『kuu』誌面にて行います。

・企画意図等は不要です。

・応募作はそのまま使用しますので、句読点、誤字脱字にご注意ください。

・文字制限は特に設定しません。任意の一行にてお願いします。

・曹洞宗総合研究センターへの課題についてのお問合せはご遠慮ください。


■関連リンク

曹洞宗綜合研究センター

投稿者: kameno 日時: 11:19 PM | | コメント (0)

写真パネル展示「上永谷いまむかし」

港南図書館において写真パネル展示が開催されています。

港南図書館会館25周年
写真パネル展示「上永谷いまむかし」
会場 港南図書館2階 会議室
期間 1月17日から1月31日まで

20120123-01

貞昌院で撮影してきた航空写真も展示されています。

20120123-03

現在の丸山台周辺は、このようなのんびりした農村地域だったのですが、

20120123-02

 

1971(昭和46)年11月 丸山地区土地区画整理組合発足
1974(昭和49)年3月 造成工事開始
1976(昭和51)年2月 造成完了、排水、道路、電柱工事完了、その後仮換地、換地後、分譲事業が始まる。
1976(昭和51)年9月 市営地下鉄上永谷駅開業
20120123-0420120123-0620120123-05
1981(昭和56)年4月 丸山台小学校開校
1982(昭和57)年 駅前広場が完成。 直後にベルセブン、イトーヨーカドー・ラポルトビルが完成、開業。
1985(昭和60)年 市営地下鉄が舞岡まで延伸・・・

と、市営地下鉄上永谷駅開業と、その前後に行われた丸山台住宅地の大規模造成事業によって激変しました。

わが町の変遷がよく分かる写真展示です。
今月一杯の開催ですので、是非足を運んでみてください。


■関連ブログ記事
まちをつくる まちができる

投稿者: kameno 日時: 6:52 AM | | コメント (0)

港南歴史協議会 電子本第一弾

定非営利活動法人 港南歴史協議会による電子本が発刊されました。

第一弾は
『こうなんの歴史散策 港南歴史散策の会100回の記録』
◇発行 港南歴史協議会 [著]馬場久雄著、[編集/写真]深谷臣功、遠藤吉隆
◇体裁:B5版 270ページ

です。
⇒関連ブログ記事 二つの出版物好評頒布中

 

書籍として価格:1,800円で頒布したところ、好評のうちに完売してしまいました。
そこで、より安価に、散歩の友として便利にご利用いただけるよう、電子版として頒布することになったものです。

『こうなんの歴史散策 港南歴史散策の会100回の記録』
20120121-01

書籍版は本文モノクロでしたが、電子版ではフルカラーとなっており、地図もより見やすくなっています。
価格は 499円(税込み)です。

20120121-02
(ほんの一部をご紹介)


地域の散策のお供として、是非活用ください。

投稿者: kameno 日時: 10:35 AM | | コメント (4)

オテラdeラクゴ 金原亭馬治独演会

新年最初となる落語独演会のご案内です。

新春さわやか寄席
金原亭馬治(キンゲンテイウマジ)独演会

日時 平成24年1月15日(日曜日) 午後2時より

場所 貞昌院 本堂にて

木戸銭 800円

主催 さわやか港南 TEL 045-820-5883

 

金原亭馬治さんは、昨年5月5日に都内ロイヤルパークホテルにて行われた「第5回落語一番勝負・若手落語家グランプリ」で優勝、若手落語家の頂点に立ちました。


金原亭馬治

ガチンコ勝負!金原亭馬治が若手落語家の頂点に

 

落語協会最高顧問の三遊亭円歌(82)が若手育成のために注力する「第5回落語一番勝負・若手落語家グランプリ」の本選公演が5日、都内で行われ、「強情灸」を熱演した金原亭馬治(33)=馬生門下、入門11年=が優勝した。
6000円の有料客約500人の投票で決まる“真剣勝負”だけに「本当にうれしい。優勝を励みに精進します」。売上金の一部は被災地へ義援金として寄付される。

(2011/5/6配信 スポニチニュース)

 


なお、上の記事中にある古典落語の演目「強情灸」は、磯子区・港南区・栄区にまたがる円海山(海抜153.3m)にある「峰の灸」のことです。
かつては神奈川県の名勝史蹟四十五佳選にも選出された場所です。
その地元の演目を見事に披露して、若手落語の頂点に立たれました。

実力派若手落語家の話芸を是非お楽しみください。
皆様のお越しをお待ちしております!

 



■関連ブログ記事(昨年のさわやか寄席、さわやかコンサート)

雪の中の落語独演会
さわやかハープコンサート

投稿者: kameno 日時: 6:13 PM | | コメント (0)

除夜の鐘の予定

今年も残すところ6日ほどになりました。
門松も飾りつけ、年末の準備も進められています。

 

貞昌院では、12月31日大晦日に恒例の除夜の鐘を撞きます。
夜10時40分ごろから一般の参拝客の皆さまにお撞きいただいております。

jyoya.jpg

寒い中の除夜の鐘ですから、手作りの甘酒のサービスをさせていただきます。
こちらも併せてお楽しみください。

除夜の鐘は深夜0時で撞き終わりますので、ご希望の方は早めにお越し下さい。

今年は、併せて京急大師線の線路をお披露目いたします。お楽しみに!

 

また、昨年に引続き貞昌院の鐘の音を世界中の多くの方にお届けするためにインターネット中継をいたします。
大晦日の日だけ、池中継カメラとして使用しているネットカメラを鐘楼堂の方向にセットいたします。
12月31日18:00(JST)以降、下記画像をクリックして中継画面にお進みください。

20101231-02

なお、音声は冒頭に記載した除夜の鐘を撞いている時間のみ配信いたします。
それ以外の時間は音声無しの映像ですのでご了承ください。

 


■昨年の様子はこちら

http://teishoin.net/blog/004087.html

投稿者: kameno 日時: 11:07 PM | | コメント (0)

貞昌院で演劇「佯狂のあとで」

昨年、貞昌院本堂で演劇を行った IDIOT SAVANT theater company による新作の劇が、来年2月に行われます。
12月23日13時からチケット一般販売開始です。皆様のご来場をお待ち申し上げます。

20111220-01

3月11日。
恒十絲が羅生門を「甦らせる」理由。

「 佯狂 ( ようきょう ) のあとで 」 "After The Feigned Atomic Party"

(TPAMiY/国際舞台芸術ミーティング in Yokohama 2012・ショーケース 出品作品)

IDIOT SAVANT theater company × 津軽三味線・小山内薫

2月15日(水)16日(水)19時
2月17日(金)18日(土)14時・19時
2月19日(日)13時・17時
*開場は開演30分前、受付開始は開演1時間前

会場 貞昌院(横浜市営地下鉄ブルーライン・上永谷駅から徒歩5分)
横浜市港南区上永谷5-1-3
当日問合せ:080-6587-8803

※12月23日13時からチケット一般販売開始

日時指定・全席自由
前売・当日3500円
学生3000円(学生証提示)
TPAM割2500円(パス提示)
リピーター割2000円(前回チケット提示) 
貞昌院割引△500円(申し込み時に貞昌院割引!と明記のこと)
パソコンからの予約はこちら
携帯からの予約はこちら
tel 080-6587-8803 fax 042-208-3077
e-mail idiot.savant@nifty.com
http://homepage3.nifty.com/idiotsavant/

tel 080-6587-8803 fax 042-208-3077

----------------------------------------------------
Next Performance
  
[TPAMiY showcase]
IDIOT SAVANT theater company × Kaoru OSANAI, TSUGARU-SHAMISEN
[ After The Feigned Atomic Party ]

Date: February 15th(Wed) -16th(Thu) 19:00, 17th(Fri)-18th(Sat) 14:00/19:00, 19th(Sun) 13:00/17:00

Post-perfomance receptions to be held on.

Venue: TEI-SHO-IN TEMPLE http://teishoin.net/
(5-1-3, Kami-nagaya, Konan-ku, Yokohama)
*5-min. walk from Kami-nagaya Sta. on Yokohama City Subway “Blue line”.
From Yokohama Sta.: Approx. 25 min. by train + walk.
Running time: 80 min

Entry: Advance/At door 3,500JPY / Student 3,000JPY / With TPAM Pass 2500JPY / Repeat guest 2000JPY
E-mail:idiot.savant@nifty.com / Tel: 080-6587-8803 / http://homepage3.nifty.com/idiotsavant/
Contact: Mr.KOH-TOH-SHI (Artistic Director) / Ms.Miyako TAKASAKI (Production Manager)

The IDIOT SAVANT theater company was founded in 2005 and it has developed an alternative style of performance that weaves filmed images, contemporary music and the lyrical texts composed by Koh-Toh-Shi, the founder, a writer-director, and a poet. Pursuing its own theory of body expression, company’s specific style,“Impassioned tableau theater - expressing less to enhance audience’s imagination” has evolved. The company still advances to create and convey the unique theatrical space.
This time, the IDIOT SAVANT theater company collaborates with “Tsugaru-shamisen”, a three-stringed instrument, along with motion pictures of Kyoto.

--------------------------------------
作・演出 恒十絲

出演 朱尾尚生・近藤康弘・岩倉金太郎・芹澤あい・大勝かおり・北島莉恵・長谷川哲朗・内野修平・若松真夢・小山内薫
ドラマトゥルク 豊永純子
舞台美術 池原哲男(池原一級建築士事務所)
舞台監督 小林英雄
照明 赤田智宏(日高舞台照明)
音響効果 筧良太 行村剛
衣装 虎井想市
映像 大野悠生
振付 サミュエル・ボンヌ
演出助手 原田直樹 フレデリックW.
宣伝美術 近藤知佳
制作 高崎都
制作補 湯本綾子 砂盃賀絵

協力 亀野哲也(貞昌院) 木村文洋 佐藤徹 大杉謙治(ならしのすずめの会・主宰)
深田信幸 及川勝 小倉恭介(一握の土・理事) 新井孝一
(有)TKS 伊藤デザイン事務所 演劇集団イヌッコロ 国際舞台芸術交流センター (以上敬称略)

主催 IDIOT SAVANT theater company


チケット予約・問合せ
IDIOT SAVANT theater company/イディオ・サヴァン シアターカンパニー
※12月23日13時からチケット一般販売開始
貞昌院割引△500円(申し込み時に貞昌院割引!と明記のこと)
*開場は開演の30分前、受付開始は開演の1時間前

CoRich舞台芸術! FX比較 FXブログ 通販ショップ

パソコンからの予約はこちら
携帯からの予約はこちら
tel 080-6587-8803 fax 042-208-3077
e-mail idiot.savant@nifty.com
http://homepage3.nifty.com/idiotsavant/

tel 080-6587-8803 fax 042-208-3077
e-mail idiot.savant@nifty.com
http://homepage3.nifty.com/idiotsavant/



恒十絲(コウトウシ)プロフィール
詩人・演出家・劇作家。1970年生まれ。川村毅に師事、第三エロチカを経て、2002年劇団Purkinje Phenomenon(プルキニエ・フェノメノン)を設立。
「空々しい爪の叙情的嗜好」「XとRの動機」「耽溺」を発表。05年に現IDIOT SAVANT theater companyに集団名を改称、現在までに「馴れあう観客」「黒縁のアテ」「KINK」「挵る人ほどに」「彼方、蓮台野にて-U-BA-SUTE-」全作品の作・演出を手がける。
恒十絲の紡ぐ硬質で抒情的な詩・テキストを基軸に、演舞、映像、音楽、美術、そして場所とを融合させ、パフォーミングアーツ・演劇などカテゴリーに嵌められない固有の作品空間を構築してきた。
07年タイニイアリスから招聘をうけ、アリスフェスティバルの大トリとして第2作を発表、好評を博し、08年よりTPAMに2作品を出品。
また、スポーツ医学に則り日本人の体躯にあった独自の身体理論を提唱し、05年よりワークショップを実施している。


小山内 薫(オサナイ カオル)プロフィール
津軽三味線奏者。1979年生まれ。12歳の時、師匠である多田あつしの生演奏を間近で聴き、繊細な音色、力強い響きに圧倒され弟子入り。
今どきな風貌とは裏腹に、津軽三味線に対するこだわりには職人的な一途さがある。
三味線音楽の可能性を追求し、ロックバンドとの競演等、活動の幅を広げる若手のホープ。
昨今の三味線のコラボ、セッションにありがちな安易さが感じられないのは、独自のスタイルを確立している証でもある。
2005年には「吉田兄弟」プロデュースの津軽三味線ユニット『疾風(はやて)』として活動を開始し、07年7月にアルバム『impressions』(疾風)を発表。
06年の全国大会に出場した時の模様は『NHKにんげんドキュメント』でとり上げられ、また、ロシア・ブラジル・ウルグアイ・グァムなど海外での公演や、全国大会での多数の受賞歴を持つ。
今回で2回目のIDIOT SAVANTとの共同制作となる。


 

■関連ブログ記事(今年春の公演記録)
» 本堂舞台設営「彼方、蓮台野にて」
» ゲネプロ-涅槃の月
» 二重単-公演2日目
» 公演3日目
» 4日目終了・20日が最終日となります
» 公演終了!
» 彼方、蓮台野にて 点描

投稿者: kameno 日時: 10:53 AM | | コメント (0)

音の風-まけない!!コンサート

3月11日---あの日僕らは多くのものを失った
僕らに何ができるだろう・・・
20111106-02無力かもしれないけれど 僕らは考えた
「歌を届けたい!」

この夏 僕らは東北へ向かった

共に笑い 共に涙し
僕らは歌で通じ合える喜びを知った

4月さいたまから始まった 僕らの復興支援コンサート
この喜びを届けるために
そして この力を届けるために 僕らはこれからも歌い続ける
音の風となって---------


音の風 ~僕らが東北で歌い吹かせた風は~

【日時】 2011年12月18日(日) 午後1時開場 1時30分開演
【会場】 東京グランドホテル 3階 桜の間

【出演】 池田敏美/池田弦/やなせ なな/三部義道/早坂文明/久喜児童合唱団/東京こどもオペラ合唱組/女声合唱団ヴェレーネ/渡部竜征/大場満洋/「まけないタオル」最上町コーラス隊(友情出演)

【プログラム】 G線上のアリア/明日があるさ/まけないタオル/ビリーブ/ふるさと ほか

【チケット】 一般 2,500円 高校生以下 1,000円

【主催】 音の風コンサート 【共催】 SOTO禅インターナショナル (SZI)
【チケット取扱】 G-Platz  TEL 042-467-9324 または 観音院 048-645-4927

 



■関連ブログ記事
まけないタオルと防災の日
盂蘭盆会合同法要@檀信徒会館
投稿者: kameno 日時: 2:02 PM | | コメント (0)

大本山總持寺大道禅師荼毘式禮

大本山總持寺前貫首 
本山独住第二十四世 慈峰英鑑禅師 大道晃仙猊下
荼毘式禮

10月6日(木)

3:00 大梵鐘十八声
3:30 眞骨安置諷経
3:55 入龕佛事
    移龕佛事
    鎖龕佛事
    掛眞佛事
    対眞小参
    大夜念誦
    通夜説教
    副監院謝辞 
    散堂


10月7日(金)
4:00 振鈴 暁天放参
    朝課(荒神真読のみ)
5:05 献粥諷経
5:20 起龕佛事
    出喪行列配列
    出喪(四門遶匝)

9:30 大梵鐘十八声
9:45 法堂鐘三会
    佛事師入堂
    奠湯佛事
    奠茶佛事
    秉炬佛事
    弔辞弔電奉読
    山頭念誦・回向・読経・回向
    佛事師退堂
    主喪監院謝辞
    散堂

2:00 眞骨分骨式
2:40 埋骨詣塔諷経

<時刻は予定です>

投稿者: kameno 日時: 8:53 AM | | コメント (0)

紀之とノリユキ ~元保健室登校21歳の原点~

知人関係の曹洞宗寺院を舞台にしたフジテレビのドキュメンタリーが今夜放送されるそうです。

20111001

10月1日 深夜26時50分より(つまり、今晩)
フジテレビにて。

〈FNSドキュメンタリー大賞〉紀之とノリユキ ~元保健室登校21歳の原点~


誰しもが「孤独」と向き合わなければならない現代。一人の青年の戸惑いと成長の姿を通して、私たちが「人として生きること」の意味を改めて問いかける。

 

内容
山形県大石田町にある曹洞宗地福寺。住職・宇野全匡さん(66)は、30年以上前からひきこもりなど生きることに悩む若者に手を差し伸べる活動を続けており、これまでに多くの若者を自立した一人前の大人にして世に送り出してきました。

この寺に県内の工業高校を卒業したばかりの青年・富樫紀之(現在:21)さんがやってきたのは2009年春のこと。彼は、中学・高校と周囲に対して心を閉ざし、高校2年からは教室に行くことができず苦しんだ過去をもっていましたが、そんな自分と決別しようと住職のもとを訪れました。寺での生活を通し、彼は生きることの意味を必死に考えるように。そして2010年の夏には出家、これまで以上に寺での修行に励むようになりました。

師匠として厳しく、また父親代わりとしてやさしく彼を見守ってくれる住職、そして実の両親との向き合い…。まわりの人たちとの関わりの中で、彼の中に小さな「変化」が生まれていきます。

地方都市・山形でも地域や家族など、人間関係は薄れつつあります。誰しもが「孤独」と向き合わなければならない現代、彼の戸惑いと成長の姿を通して、私たちが「人として生きること」の意味を改めて問いかけます。

投稿者: kameno 日時: 3:09 PM | | コメント (2)

写真を入口に- 文化、明日に伝えたいものを語りあう

20110923-01「どこの国の写真?」

「すごい迫力!」

「この場所に実際自分がいたらどうだろう?」

「この踊りは、何のためだろう?どのように受け継がれてきたのだろう?」

 

2008年、ACCUアジア太平洋ESDフォトメッセージ写真展『伝えたいもの-無形文化遺産』において太平洋の小さな島国やアジアの国々38か国から寄せられた3,200点以上の一般応募作品から選ばれた80点の写真が展示されました。
私の写真も入選作品として展示されました

 



それらの写真をもとにしたESDワークショップが開催されます。

ESDワークショップ 『写真を入口に - 文化、明日に伝えたいものを語りあう」

日時 9月28日(水)14:00~16:00
場所:東京ボランティアセンター 会議室A
東京都新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ10階:飯田橋駅隣接)
参加費:無料
申し込み:右フォームより登録をお願いします http://bit.ly/rqUH0Y
主催: ACCU(財団法人ユネスコ・アジア文化センター)
協力:ダイアログBar

 

美しい、ダイナミックな、考えさせる。
そんな様々な写真を入り口に、文化や環境、経済や社会、そして、明日に伝えたいものは何かを共に考え共に学ぶ、対話(ダイアログ)を活用したワークショップを企画しました。
ACCU(ユネスコ・アジア文化センター)では、明日に伝えたいものを考える際、全ての要素を支え、つなげる「文化」という切り口が特に大切だと考えています。
今回の対話のスタートは「無形文化遺産」-お祭りや、手工芸、踊り、祈りや儀礼など、多様なかたちをもって受け継がれている地域の智慧です。
異文化・多文化やその理解に関心を持つ方、「ESD」「持続可能性」という言葉は初めて聞くけれど、「文化」や「世代を超えた継承」に関心を持つ方、地域の文化・遺産の継承に関心を持つ方、鮮やかで多様な写真を入口に、対話をしてみませんか。

 

ACCU(財団法人ユネスコ・アジア文化センター)は、ユネスコの基本方針に沿って、アジア太平洋地域諸国の文化の振興と相互理解に寄与することを目的に、文化協力、教育協力、人物交流の分野でさまざまな活動を展開しています。
これらの写真は、ACCUが、ESD(持続可能な発展のための教育)推進の一環として開催した『伝えたいもの―無形文化遺産』フォトコンテストの入選作品の一部です。
このコンテストには38のアジア太平洋地域の国々から3,200点以上の作品が寄せられ、国際審査会で80点の入賞作品が選ばれました。

http://www.accu.or.jp/esd/photomessage/jp/index.html (ESDとは:http://www.mext.go.jp/a_menu/kokusai/jizoku/kyouiku.htm)

投稿者: kameno 日時: 9:21 AM | | コメント (0)

仏像を彫ってみませんか

仏像を彫る・・・というと、かなり敷居が高い印象がありますが、小さな仏像を2回の講習で作成する講習会が定期的に開催されています。
チャレンジしてみては如何でしょうか。

講師先生は、先日ゆめ観音アジアフェスティバルにおいて観音様胎内での実演を行っていただいた 木彫家 植草等雲先生です。


20110918-03 20110918-04

■講習日(各教室月曜日開催です)

・本牧教室会場(横浜市中区麦田町1-2 等雲伝統木彫技術協会内) 12月と1月を除く毎月第3・第4月曜日
・大船観音寺会場(鎌倉市岡本1-5-3) 12月と1月を除く毎月第1月曜日(ただし第1月曜日が1日の場合は第2月曜日)

■講習時間
・各教室とも午前11時~午後4時 (昼食は各自ご用意ください)

■費用
・大船観音寺会場の講習料は無料です。(材料費1,200円)

■道具
・彫刻刀類は各教室で用意しています。自分の彫刻刀を持参していただいても結構です。

■定員
・各回 10名 で締め切り

■備考
・2回の講習で仏像2体製作します。
・完成後は、一体を 大船観音胎内等に奉納いただき、もう一体は各自でお持ち帰りいただけます。
・講習には定員がありますので、必ず事前申し込みをお願いします。

■お問合せ先
・本牧教室 045-227-4266
・大船観音寺教室 0467-43-1561
「問合せの際には、千体仏教室(せんたいぶつきょうしつ)の件とお申し出ください」


20110918-02 20110918-01 20110918-06

このように彫られていきます。
どなたでも完成まで必ず彫れるよう、先生の丁寧なご指導をいただけます。


20110918-05
上写真はゆめ観音に特別に彫っていただいた『笑い まんまるほとけ』


■関連リンク
木彫家 植草等雲さんのブログ
2011年ゆめ観音アジアフェスティバルのブログ記事

投稿者: kameno 日時: 10:09 AM | | コメント (0)

9・11復興支援コンサート@長福寺

東日本大震災発生から6ヶ月目、またアメリカ同時多発テロ発生から10年目の節目の日に、犠牲となられた方々、被災された方々に思いをはせ、震災復興を願う子チャリティーコンサートが開催されます。

会場は藤沢市長福寺深命窟道場。
(今年6月に開催された東日本大震災復興チャリティーコンサートと同会場です)

201100626-04

参加費は志納として、東日本震災復興義援金として全額寄付されます。
また、飲食物持込可。
ゆったりとした自由なスタイルで演奏を楽しむことが出来ます。

 

日時 平成23年9月11日午後4時より
場所 長福寺深命窟道場
藤沢市村岡東3-358

午後4時より ハープ・シンセサイザーピアノ

八木健一(ハープ)
八木ゆみ子(シンセサイザーピアノ)

 

午後5時より ジャズ

井上智(ギター)
中牟礼貞則(ギター)
増原巌(ベース)
横山和明(ドラムス)

 

午後6時より シャンソン

ロバート山田
花木さち子
吉川正夫(ピアノ)


■なお、前日の9月10日には大船観音寺にて第13回ゆめ観音アジアフェスティバルが開催されます。
是義併せてご来場ください!

投稿者: kameno 日時: 7:20 AM | | コメント (2)

9/10 ゆめ観音アジアフェスティバルin大船

1999年に第1回が開催されたゆめ観音。
今年で13回目を迎えます。
ゆめ観音では、大船の街を見まもる白衣観音像の前にステージを設け、アジア各国各地域の民族・宗教・人種を超えてアジアの食や民芸品、フェアトレード製品の販売、各国にルーツのある舞踊や音楽が奉納され、民族の交流・理解を図ります。


---------------------------------------------------

第13回 ゆめ観音アジアフェスティバルin大船

開催テーマ つながる ひろがる アジアの ねがい

■日程 2011年9月10日(土)11:00~21:00

■入場 500円 (義捐金として。小学生以下無料)
■場所 大船観音寺 〒247-0072 鎌倉市岡本1-5-3 JR大船駅西口徒歩5分
TEL:0467-43-1561 FAX:0467-43-1562
■主催 ゆめ観音実行委員会(大船観音寺・SOTO禅インターナショナル)
■協力 曹洞宗神奈川県第二宗務所第五教区寺院・即心会・ほか
■後援 鎌倉市
※雨天の場合はテナントは出店します。ステージは規模を縮小して観音像胎内での開催
公式サイト http://soto-zen.net/yume/

 
【概要】

(1)「合同平和宣言・平和法要」を行います。 
本年は原爆投下・終戦から66年目、また、東日本大震災発生から6ヶ月目を迎える前夜の開催となります。
ステージの最後、午後6時30分より平和の火(広島原爆の残り火)に囲まれ「万灯(まんとう)供養」が行なわれます。各国僧侶、宗教者による平和を祈願する法要です。

(2)舞台では各国・地域の芸術・舞踊や音楽を楽しむことができます。
アジア各国・各地域の民族舞踊や祭式が行われます。今年は特にベリーダンス、シルクロード音楽、、精進料理、各NPOの活動紹介、インドのスパイスと菓子のテナントが出演。
また、子どもたちによる民謡もあり、日本の芸能も楽しめます。

(3)平和・人権・環境 ―グローバルな課題に参画します。
フェアトレードやオーガニック製品・工芸品の物販を通して、来場者がさまざまな支援活動に協力できるよう配慮しています。入場料の一部は、アジアへ支援の義捐金となります。環境をテーマにしたテナントや植林支援の実践報告展示も行なわれます。

(4)夜の大船観音寺に入ることができます。
平常時、大船観音寺は夕方に閉門してしまいます。夜の大船観音寺境内を散策、参拝できる貴重な機会です。夜のステージはベリーダンスと、万灯供養法要が行われます。観客席は芝生となっており、自由なスタイルで舞踊や音楽を楽しむことができます。

(5)キャンドルナイトを同時開催します。
境内には広島原爆の残り火が神奈川県原爆被災者の会管理により灯されています。世界恒久平和を願う大船観音に見守られ、採火された火はキャンドルナイトの明かりに生まれ変わります。
特に今年は電気の由来としての原子力発電、節電について改めて考えながら火を灯したいと考えています。


 

大船駅周辺の商店街などでポスターの掲示をいただいているほか、鎌倉市掲示板へ貼って回りました。

20110828-01

江ノ電江ノ島駅付近でよみがえれ東北!号に遭遇。
その後をついていきました。
この沿線両側にも鎌倉市掲示板が幾つかあるのです。

20110828-03

電車も信号待ちをします。
こんなに電車の近くに。
20110828-04

稲村ガ崎の波は頭〜頭オーバーset頭半。
サーフィンには絶好のコンディションです。
ただ、台風が近づいているので今後注意が必要ですね。

20110828-02

話は逸れましたが・・・・・

4時間で70箇所。見事なチームワークで効率的に貼ることができました。
9月上旬には大船駅周辺地区へ新聞折り込みをさせていただく予定です。

20110828-0520110828-07

9月10日、みなさまのお越しをお待ち申し上げます。



■昨年の様子はこちら

投稿者: kameno 日時: 12:29 AM | | コメント (0)

彼方、蓮台野にてスタッフビデオ

Youtubeに、今年2月 貞昌院本堂で行われた演劇「彼方、蓮台野にて-U-BA-SUTE-」のスタッフ目線ビデオが公開されています。
制約の多い寺院での演劇の舞台裏の苦労や、その中でも皆で楽しんで創りあげる工程がよくわかるビデオです。

■関連ブログ記事

貞昌院特別公演 彼方、蓮台野にて
本堂舞台設営「彼方、蓮台野にて」
ゲネプロ-涅槃の月
二重単-公演2日目
公演3日目
4日目終了・20日が最終日となります
公演終了!
彼方、蓮台野にて 点描

 

・・・それでは、舞台裏の一部をご覧ください!

 

IDIOT SAVANT theater company × 津軽三味線・小山内薫
TPAMiY/国際舞台芸術ミーティングinYokohama・ショーケース 出品作品
彼方、蓮台野にて-U-BA-SUTE-
-U-BA-SUTE-Intersection of this world and the nether world/February 16-20,2011 at Tei-sho-in Temle(貞昌院)

 

 


で、お知らせです。

来年2月にも再び IDIOT SAVANT theater company による演劇が行われる予定です。
詳細は追ってご報告いたします。

投稿者: kameno 日時: 11:11 PM | | コメント (0)

アカマツの赤ちゃんの夢

SOTO禅インターナショナル塔婆供養で植林支援は、各方面からのご賛同をいただいており、まもなく10万本を超えようとしています。

協働しているNPO法人GNCからの報告によると、モンゴルは本年は例年より積雪が多く植林時期がずれ込んだようですが、SOTO禅インターナショナル2011年分2万5千本の苗木植林は無事終了いたしております。
報告書は支援を戴いた方にお届けする予定です。

 

このたび、GNCスタッフ原作、GNCモンゴルスタッフにより翻訳され製作されたミニ絵本の見本が届きました。
タイトルは『アカマツの赤ちゃんの夢』
モンゴル、日本の子どもたちへの思いが込められた絵本です。

20110803-0120110803-02

 

未来に生きるみなさんへ
この物語のようにどうぞ赤ちゃんの木たちに「頑張れ!」って願いを込めて休みなく植え続けていってほしいものです。
決してあきらめることなく・・・そうすれば、いつの日かきっとみんなが描き続けた緑豊かな森となって蘇るはずだから、
そして、豊かな水を蓄えてくれるはずだから・・・
(絵本のあとがきより)


■関連ブログ記事
モンゴルの植林地を訪ねて

投稿者: kameno 日時: 1:45 AM | | コメント (2)

今日の上永谷町内会夏祭り、バザーは中止

残念ながら悪天候が予想されるために、上永谷町内会夏祭り、盆踊りは中止となりました。

20110730-0620110730-07

天候の判断は難しいですね~

併せて行う予定だった東日本大震災復興支援バザーも残念ながら中止です。

昼過ぎになって晴れ間も見えてきました。
バザーだけは出来たのかも・・・・と思いますが、西のほうには厚い雲が垂れ込めていますので、これから天気が崩れるのでしょう。

投稿者: kameno 日時: 9:09 AM | | コメント (0)

大施餓鬼会(おせがき)演奏会のおしらせ

恒例の貞昌院大施餓鬼法要と演奏会が行われます。
たくさんのご参列をお待ち申し上げます。
なお、卒塔婆はなるべく早くお申込いたきますようお願い申し上げます。

------------------------------------------------

■貞昌院大施餓鬼会・演奏会
7月26日火曜日

■午後1時45分より     「魂を受継ぐ」~津軽三味線法話演奏会~
20110713-01

津軽三味線 静岡県慶昌院住職 磯田浩一師(小山会 小山貢憲社中)
磯田師の所属する「津軽三味線 小山会」は 日本で始めて津軽三味線に家元制度を取り入れた社中で、日本で一番大きな津軽三味線の団体です。
舞台・テレビ・学校教材ビデオ等、すばらしいテクニックと美しい音色を披露しております。
本堂に響きわたる力強い三味線の響きをお楽しみください。

 

 

 

 

■午後3時より 大施餓鬼会法要
--------------------------------------------------

今年も暑い夏になりそうです。
少しでも涼しく、参列しやすい工夫を考えております。
皆様のお参りをお待ち申し上げます。

 

昨年の様子はこちらです。

投稿者: kameno 日時: 6:30 AM | | コメント (0)

声明公演ラジオ中継

20110711-01

ドイツ声明公演のうち、ケルンで開催された「ロマネスクの夏2011」音楽祭 (Romanische Sommer Köln 2011)が 西ドイツ放送協会(WDR 3、Westdeutscher Rundfunk)により収録されました。
ドイツ時間の 7月12日 深夜23.05-24.00 にラジオ放送されます。

収録された内容や放送については、右画像か ここをクリック してWDR3のサイトからオンデマンドで聴くことができます。


------------------------------------------------------
Dienstag, 12.7.2011, 23.05-24.00 Uhr
WDR 3 open SoundWorld
Lobpreis Buddhas
Japanische Ritualgesänge der zen-buddhistischen Sôtô-Schule
mit dem
Priesterchor Zen-Kûge Ryûginkai, Ltg.: Jotai Matsumoto
Von Heinz-Dieter Reese / Redaktion: Werner Fuhr
WDR-Aufnahmen eines Konzerts vom 6. Juli im Rahmen des „Romanischen Sommers“
aus der Kölner Kirche St. Cäcilien / Museum Schnütgen
Tonmeisterin: Gisela Bruns / Toningenieur: Thomas Sehringer
Musikliste
Tanbutsu’e:
Musikalische Zeremonie zum Lobpreis Buddhas
a. Vorbereitende liturgische Handlungen
(1) Schlagen der Glocken/Einzug der Priester/Dreifache Niederwerfung
(2) Hannya-shingyô (Rezitation des „Herz-Sûtra“), Chor
(3) Shasui-mon (Rituelle Reinigung mit Weihwasser), Solo
(4) Sange no ge (Gesang zu fallenden Lotosblüten), Solo und Chor
b. Zentrale liturgische Handlungen
(5) Sanbutsu no ge (Lobgesang auf Buddha), Solo und Chor
(6) Kie-mon (Reverenz gegenüber Buddha), Solo und Chor
(7) Tanbutsu no ge (Hymnus auf Buddha)
(8) Butsumyô (Anrufung der Namen Buddhas), Solo und Chor
(9) Sange no mon (Reuebekenntnisse), Solo und Chor
(10) Shichibutsu hôgô (Bekenntnis zu den Sieben Buddhas), Solo und Chor
b. Abschließender Teil der Liturgie
(11) Fu-Ekô (Allgemeiner Segen mit Übertragung der Verdienste), Solo und Chor
(12) San-Kie (Dreifache Zufluchtnahme) - Glocken/ab 37:10 still -
37:35 Keisu / 38:05 Glocke /Abtritt
Sekai hisaika irei chinkon hôyô:
Ritual zur Befriedung der Seelen der Opfer der Katastrophen in aller Welt
(1) Shôshô ichi’e (Schlagen der Kleinen Glocke)
(2) Koshiki senbô-bachi (Schlagen der Becken nach altem Zeremoniell eines Bußrituals) Glocken
(3) Nenkô hôgô (Dharma-Worte beim Opfern von Weihrauch), Solo gesprochen
(4) Daiya nenju (Große nächtliche Anrufung), Solo
(5) Jû-butsumyô (Anrufung der Zehn Namen Buddhas), Solo und Chor
(6) Jizô tan’ge (Gesang zum Lobpreis des Bodhisattva Kshitigarbha), Solo und Chor
(7) Ekô (Segen mit Übertragung der Verdienste), Solo
(8) Ryaku sanbô (Abschließendes Bekenntnis), Chor
(9) Koshiki senbô-bachi (Schlagen der Becken nach altem Zeremoniell eines Bußrituals)
(10) Taidô (Auszug des Leitenden Zelebranten und der Priestergemeinde)
Glocken

投稿者: kameno 日時: 6:03 PM | | コメント (0)

ドイツ声明公演2011へ向けて

仏道は人間の意識心で得ることではない
身体で修行をすることにより
それは始まる

このよう念誦し諷經する功徳を
全世界の災害戦禍、また東日本大震災で亡くなったいのちのためにする。
それによって新たにはぐくまれた力を、我々のものにすることなく
さらに それらの災禍にあった天地のたましいが慰められ
よりよい社会となり 正しい法がおこり
その行く末がやすらかであることにふり向けたい

さあ 皆で祈ろう
仏道は 龍が空を吹いて唄うようにあらゆるものの苦しみから抜き出ており
そうならば 幻の華と禅の月が 道なき道に開き その暗闇を照らすことだろう
その手法を明らかに示す
あらゆる草がよろこんで受ける日照りの雨のように、おおぞらを切り裂く白昼のかみなりのように
行儀が宇宙に満ち 古来からの美しい手法が 全世界の未来も広く潤すことを改めて祈ろう・・・
(全世界被災渦慰霊鎮魂法要回向現代語訳)


曹洞宗では、法要で読経をする際に、それが誰に向けられたものなのかを法要後に「回向(えこう)」として必ずお唱え致します。

6月下旬から7月初旬にかけて禅-空華龍吟会によるドイツ国内3箇所での声明公演がいよいよ本番直前となりました。
私も禅-空華龍吟会のメンバーとして参加する予定です。
なお、公演準備に際しましては宗務庁教化部国際課様、ヨーロッパ総監部様、ベルリン禅道場様そのほか多くのご協力を戴きました。
心より感謝申し上げます。

関連ブログ記事

本年は日独交流150周年の年に当たります。
日本の伝統音楽としての曹洞宗声明をヨーロッパの舞台で公演できるということは得がたい貴重な機会と考え、禅-空華龍吟会一同、公演に向けて綿密な習儀、打合せを行って準備を進めています。
当初は宮城県から5名の参加を予定していましたが、震災の影響で叶わなくなりました。本当に残念です。
今回の公演では、全世界の災害戦禍、東日本大震災被災者物故者慰霊、被災地復興に向けたメッセージを含めた内容を検討しています。
冒頭の文は、声明公演の後半の法要で用いる回向の現代語訳です。
回向文はドイツ語に翻訳されます。
公演本番では、会場の参加者とともに祈りを捧げたいと考えています。



banner-himmel.indd
Himmel auf Erden: Shômyô-Gesänge
30. Juni 2011 - 17:00 Uhr - Phönix Theaterwelt

mit dem Priesterensemble „Zen-Kuge Ryûginkai“ der japanischen Sôtô-Schule (Zen-Buddhismus)
Unter Shômyô versteht man den vornehmlich unbegleiteten Gesang eines Mönchs- oder Priesterchors im japanischen Buddhismus, der sich in Japan zu einer ganz eigenständigen Tradition von Vokalmusik ausgesprochen meditativen Charakters entwickelt hat. Shômyô bildet eine der Grundlagen der gesamten traditionellen Musikkultur Japans.


top_standard
Ritualgesang der zen-buddhistischen Soto-Schule
02.Juli 2011 um 20 Uhr - Mozartsaal des Kultur- und Kongress-Zentrums Liederhalle zu Stuttgart

Shomyo 声明 Ritualgesang der zen-buddhistischen Soto-Schule 曹洞宗
Priesterchor „Zen-Kuge Ryuginkai“ 禅-空華龍吟会
Im japanischen Buddhismus wird die rituelle Praxis von Shomyo, dem unbegleiteten Solo- und Chorgesang der Priestergemeinde bestimmt. Shomyo bedeutet den Schriftzeichen nach soviel wie „Klarheit der Stimme“ oder „Erleuchtete Stimme“, was auf die religiöse Funktion dieser Vokalmusik hindeutet: sie soll das Streben hin zum buddhistischen Heilsziel der „Erleuchtung“ befördern. Neben der einfachen Rezitation umfasst Shomyo vor allem meditative oder hymnische Gesänge. Wie der Gregorianische Choral für die europäische Musik, so bildet Shomyo eine wichtige Grundlage für die traditionelle japanische Musikkultur.

Wie allen Zeremonien liegt auch „Tanbutsu’e“ ein festes liturgisches Konzept zugrunde:


romanischer
Romanische Sommer Köln
06.Juli 2011 Um 22Uhr -Köln St. Cäcilien . Museum Schnütgen
Priesterensemble „Zen Kûge Ryûginkai“ der zen-buddhistischen Sôtô-Schule (Japan) . Matsumoto Jôtai, Leitung
Mit Unterstützung der Toyota Deutschland GmbH und der Deutsch-Japanischen Gesellschaft e.V. Köln


PROGRAMM

Tanbutsu’e
(Musikalische Zeremonie zum Lobpreis Buddhas)

I Nyudo (Einzug von Priestergemeinde und Leitendem Zelebranten)
Fudo sampai (Drei Verbeugungen)
Hannya shingyo (Rezitation des Herz-Sutras)
Shasui-mon (Rezitation zur Rituellen Reinigung mit Weihwasser)
Sange no ge (Gesang zu fallenden Lotosblüten)
II Sanbutsu no ge (Lobgesang auf Buddha)
Kie-mon (Reverenz gegenüber Buddha)
Tanbutsu no ge (Zweiter Lobgesang auf Buddha)
Butsumyo (Anrufung der Namen Buddhas)
Zange-mon (Gesang der Reuebekenntnisse)
Shichi-butsu hogo (Bekenntnis zu den Sieben Buddhas)

III Fu-Eko (Allgemeiner Segen, Übertragung der Verdienste)
San-kie (Dreimalige Reverenz gegenüber Buddha)
Taido (Auszug von Leitendem Zelebranten)

Daishinsai chinkon hoyo
(Ritual zu Befriedung der Seelen der Erdbebenopfer in Nordjapan, 11.03.2011)

I Zanpo-hachi (Klangschalen)
Nyudo (Einzug des Leitenden Zelebranten)
Daiyo nenju (Anrufung Buddhas)
II Ju-butsumyo (Anrufung der zehn Namen Buddhas)
Shari raimon (Reverenz gegenüber einer Reliquie Buddhas)
Jizo tan’ge (Gesang zum Lobpreis des Bodhisattva Kshitigarbha)
Eko (Totengebet zum Gedenken an die Opfer des Großen Erdbebens)
III Taido (Auszug des Leitenden Zelebranten und der Priestergemeinde)
Zanpô-hachi (Klangschalen)


bunka thumb_20110601-164049-2

投稿者: kameno 日時: 11:53 AM | | コメント (3)

ティク・ナット・ハン2011来日ツアー決算報告

昨年より有志により来日事務局を結成し、準備を進めてきたティク・ナット・ハン師の日本ツアーは、先にご報告の通りこの度の東日本大震災の影響により残念ながら延期となりました。
⇒詳細は公式サイトを参照ください

震災以後、私ども来日ツアー事務局とプラムビレッジの間では、国内情勢を鑑みた意見交換をしつつ、開催を模索してまいりました。しかし、震災以後も、東北・関東全域における計画停電や、福島原発の問題、それに付随する放射能の懸念等、多くの困難な状況を抱えております。来日されるご一行の皆様、参加者の皆様の安全性の確保は、主催者としての責務ですが、現況と先行きの見通しの不透明さを案じ、プラムビレッジと再三の協議のうえ、やむなく今回は中止と決定させていただきました。

今回の大本山總持寺で予定されていた講演会、リトリートをはじめ、京都妙心寺での講演会、日比谷公会堂での講演会は、全て満席、キャンセル待ちが発生する反響をいただきました。
企画にご賛同、そして各プログラムにお申込いただいた皆様には、心からお詫び申し上げますと共に、機会を 改め、近い将来、ティク・ナット・ハン師の日本ツアーを再び企画できますよう、継続して努力を続けてまいります。今後とも、皆様の変わらぬご支援、ご参加ををいただけますよう、心よりお願い申し上げます。

これらにお申込いただいた方には、全てお申込金の返金を終了しております。
また、事務局にお寄せいただいたご喜捨につきましては、ツアー・キャンセルに伴う諸経費を精算のうえ残額を「ティク・ナット・ハン2011来日ツアー参加者一同」名義として、今週中に「日本赤十字社の東日本震災募金」に寄付させていただきます。

最後になりましたが、“助け合おう日本”をスローガンに、この国に生きる私達全てが団結し、大きな難局に立ち向 かっていこうと、被災地を中心に各地・各界で様々な活動が始まっています。強い意志と決意を持ち、共に手を携えて歩む復興に向けて、タイ(ティク・ナッ ト・ハン師)の“気づき”のメソッドが、皆様の大いなる支えとなることを祈りつつ お礼のご報告とさせていただきます。
ティク・ナット・ハン2011来日事務局 一同


ティク・ナット・ハン 日本ツアー2011 収支決算報告 2011/6/10 現在

【収入の部】
参加費・寄付金 13,718,261 円
プレイベント参加費・寄付金 627,427円
書籍頒布収入 130,200 円
大法輪閣賛助広告 63,000円
普通預金利息 4円
収入の部計 14,538,892円

【支出の部】

参加費等返金 11,008,320円
プレイベント経費 366,077円
書籍仕入れ 157,516円
会議会場費 17,940円
事務経費 56,615円
印刷・発送費 128,520円
消耗品費 1,526円
僧侶宿泊費 0 円(予約分全額キャンセルのため)
振込手数料 93,510円
支出の部計 11,830,024円

差引残高 2,708,868円は全額 「日本赤十字社 東日本震災募金」に「ティク・ナット・ハン2011来日ツアー参加者一同」名義として寄託いたします。
領収書は追ってアップロードします。



■関連ブログ記事
ティク・ナット・ハン師来日にむけて
Day of Mindfulness@貞昌院
プラム・ヴィレッジのプラム
ティク・ナット・ハン師来日ツアー
投稿者: kameno 日時: 3:47 AM | | コメント (0)

夏越しの大祓準備

6月30日(木曜日)午後4時 より 永谷天満宮 にて夏越しの大祓(なごしのおおはらえ)が催行されます。

その準備として、萱で作られた大きな茅の輪が氏子会の皆さんにより作られ、社殿前広場に掲げられました。

201100619-01

夏越しの大祓は、正月から六月までの半年間の罪穢(つみけがれ)を祓う伝統的な儀式です。
茅の輪をくぐることにより、疫病や罪蔵が祓われるといわれています。

くぐり方は左まわり・右まわり・左まわりと、八の宇を書くように三度くぐり抜けます。 こうして、心身ともに清らかになって、あとの半年間を新たな気持ちで迎えるのです。
茅の輪の起源については、善行をした蘇民将来(そみんしょうらい)が素盞鳴尊(すさのおのみこと)から「もしも疫病が流行したら、茅の輪を腰につけると免れる」といわれ、そのとおりにしたところ、疫病から免れることができたという故事に基づきます。

昨年の様子はこちらです


投稿者: kameno 日時: 1:50 PM | | コメント (0)

地面の下にはナニかある

地面の下にはナニかある-港南・南区の遺跡展

201100618-01

・・・地面の下にはたくさんの夢とロマンが埋まっています。

財団法人横浜市ふるさと歴史財団 埋蔵文化財センター主催の(地域遺跡展)が、上大岡駅の「ひまわりの郷ギャラリー」で開催されます。
港南歴史協議会からもブース出展いたします。
10時から19時までの開催ですのでお買物の途中や仕事帰りでも立ち寄れます。是非足を運んでください。



日時 平成23年7月15日(金)~7月26日(火) 10:00~19:00(最終日 19:00 まで)
会場 上大岡駅のひまわりの郷ギャラリー

お問い合わせ先 :
財団法人横浜市ふるさと歴史財団
埋蔵文化財センター 鹿島 045-890-1155


○関連イベント
◆埋蔵文化財センター職員によるフロアレクチャー
7月18日(月・祝)・24日(日)10:30~・14:00~(約30分)
会場:ひまわりの郷ギャラリー
申し込みは当日会場で承ります。

◆楽しい勾玉づくり
7月22(金)・23日(土)10:30~・14:00~(約90分)
会場:ひまわりの郷会議室
各回20人(小学生以上)
申し込みは当日10時より整理券をお配りします。午前・午後分とも10時より配布します。なお、40名に達した時点で終了とさせていただきます。

投稿者: kameno 日時: 10:20 AM | | コメント (0)

キャンドルナイトin 大船観音2011夏

キャンドルナイトin 大船観音 ~平和の火をココロに灯す~

【日程】 2011年6月19日(日) 18:00~20:00

17:30 開場
18:00 慰霊法要・採火式
18:20 原爆の火の由来について(神奈川県原爆被災者の会)
18:30 キャンドルを順次点灯
会場内でスローな楽器の演奏
キャンドルに囲まれて思いおもいのスタイルで

201100609-01

演奏者
中島直人:シルクロード・オーボエ(管子:かんづ)/フレームドラム

【入場】 無料・(キャンドル点灯を希望される方はキャンドル代実費500円)
【場所】 大船観音寺 〒247-0072 鎌倉市岡本1-5-3 (JR大船駅西口徒歩5分)
【主催】ゆめ観音実行委員会
※荒天の場合は事務所内と観音胎内において行います。



【趣旨】
大船観音は、街を見守る高台の上にあります。その境内には広島原爆の残り火が大切に受継がれ「原爆の碑」の中で燃え続けています。
そこで、今年も「100万人のキャンドルナイト」(でんきを消して、スローな夜を・・・)の一つとして、夏至直前の日曜日に開催いたします。
キャンドルナイトの目的は、環境対策への関心を集め人々のエコ生活を促進するものでありますが、大船観音寺での開催にあたっては次のような独自の特色があります。それは・・・

 

(1)震災発生から101日。改めて電気の大切さを知る
平和の火の塔の前で、慰霊法要を営みます。
特に本年の開催日は、3月11日の東北地方太平洋沖地震から101日目となります。
東日本大震災により死者は1万5千人を超え、未だに行方不明となられている方も8千4百人以上とされています。改めて犠牲となられた方への弔意を表します。

(2)平和の灯火を広げます。
会場となる大船観音寺には、広島原爆の残り火「平和の火」が大切に灯されています。
平和の火がキャンドルナイトの火として広がります。
今年は震災の影響により夏には再び計画停電が実施予定されています。
普段何気なく使っている電気の大切さ、電気の由来を静かに考えてみましょう。

(3)大船観音寺の夜間開放
平常時、大船観音寺は夕方に閉門してしまいます。夜の大船観音寺境内を散策、参拝できる貴重な機会です。観音像前舞台は芝生となっており、大船の街を一望できるテラス席でも、自由なスタイルでゆったりとした時間を過ごすことができます。

(4)資源を有効に利用します。
普段の使用で余ったロウソクを集め、キャンドルナイトに利用します。また、キャンドルのホルダー(ガラスの容器)は、家庭から廃棄されるものを利用します。

(5)観音胎内ギャラリーへのコースを設けます。
大船観音寺には「縁結びの桜」があり、丘の上にある境内から眺める大船の街の光はとても美しく輝きます。
灯りに照らされた観音像の胎内までの参拝コースを歩き、好きな場所で願いごとやメッセージをキャンドルに書きながらディスプレーを楽しむことができます。

(6)その他
大船観音のキャンドルナイトでは、スローな時間を楽しんでお過ごしいただくための仕掛けをご用意しています。


■昨年はこのように開催されました
2010年夏キャンドルナイトin大船観音報告

投稿者: kameno 日時: 9:17 AM | | コメント (0)

ドイツ声明公演2011

6月下旬から7月初旬にかけて禅-空華龍吟会によるドイツ国内3箇所での声明公演が行われます。
私も禅-空華龍吟会のメンバーとして参加する予定です。
関連ブログ記事

本年は日独交流150周年の年に当たります。
日本の伝統音楽としての曹洞宗声明をヨーロッパの舞台で公演できるということは得がたい貴重な機会と考え、禅-空華龍吟会一同、公演に向けて綿密な習儀、打合せを行って準備を進めています。
当初は宮城県から5名の参加を予定していましたが、震災の影響で叶わなくなりました。本当に残念です。
今回の公演では、東日本大震災被災者物故者慰霊、被災地復興に向けたメッセージを含めた内容を検討しています。

なお、公演準備に際しましては宗務庁教化部国際課様、ヨーロッパ総監部様、ベルリン禅道場様そのほか多くのご協力を戴きました。
心より感謝申し上げます。



banner-himmel.indd
Himmel auf Erden: Shômyô-Gesänge
30. Juni 2011 - 17:00 Uhr - Phönix Theaterwelt

mit dem Priesterensemble „Zen-Kuge Ryûginkai“ der japanischen Sôtô-Schule (Zen-Buddhismus) 
Unter Shômyô versteht man den vornehmlich unbegleiteten Gesang eines Mönchs- oder Priesterchors im japanischen Buddhismus, der sich in Japan zu einer ganz eigenständigen Tradition von Vokalmusik ausgesprochen meditativen Charakters entwickelt hat. Shômyô bildet eine der Grundlagen der gesamten traditionellen Musikkultur Japans.



top_standard
Ritualgesang der zen-buddhistischen Soto-Schule
02.Juli 2011 um 20 Uhr  - Mozartsaal des Kultur- und Kongress-Zentrums Liederhalle zu Stuttgart

Shomyo 声明  Ritualgesang der zen-buddhistischen Soto-Schule 曹洞宗
Priesterchor „Zen-Kuge Ryuginkai“ 禅-空華龍吟会

Im japanischen Buddhismus wird die rituelle Praxis von Shomyo, dem unbegleiteten Solo- und Chorgesang der Priestergemeinde bestimmt. Shomyo bedeutet den Schriftzeichen nach soviel wie „Klarheit der Stimme“ oder „Erleuchtete Stimme“, was auf die religiöse Funktion dieser Vokalmusik hindeutet: sie soll das Streben hin zum buddhistischen Heilsziel der „Erleuchtung“ befördern. Neben der einfachen Rezitation umfasst Shomyo vor allem meditative oder hymnische Gesänge. Wie der Gregorianische Choral für die europäische Musik, so bildet Shomyo eine wichtige Grundlage für die traditionelle japanische Musikkultur.

Wie allen Zeremonien liegt auch „Tanbutsu’e“ ein festes liturgisches Konzept zugrunde:



romanischer
Romanische Sommer Köln
06.Juli 2011 Um 22Uhr  -Köln St. Cäcilien . Museum Schnütgen

Priesterensemble „Zen Kûge Ryûginkai“ der zen-buddhistischen Sôtô-Schule (Japan) . Matsumoto Jôtai, Leitung
Mit Unterstützung der Toyota Deutschland GmbH und der Deutsch-Japanischen Gesellschaft e.V. Köln

 


PROGRAMM

Tanbutsu’e
(Musikalische Zeremonie zum Lobpreis Buddhas)

I    Nyudo (Einzug von Priestergemeinde und Leitendem Zelebranten)
    Fudo sampai (Drei Verbeugungen)
    Hannya shingyo (Rezitation des Herz-Sutras)   
    Shasui-mon (Rezitation zur Rituellen Reinigung mit Weihwasser)
    Sange no ge (Gesang zu fallenden Lotosblüten)
   
II    Sanbutsu no ge (Lobgesang auf Buddha)
    Kie-mon (Reverenz gegenüber Buddha)
    Tanbutsu no ge (Zweiter Lobgesang auf Buddha)
    Butsumyo (Anrufung der Namen Buddhas)
    Zange-mon (Gesang der Reuebekenntnisse)
    Shichi-butsu hogo (Bekenntnis zu den Sieben Buddhas)

III    Fu-Eko (Allgemeiner Segen, Übertragung der Verdienste)
    San-kie (Dreimalige Reverenz gegenüber Buddha)
    Taido (Auszug von Leitendem Zelebranten)

Daishinsai chinkon hoyo
(Ritual zu Befriedung der Seelen der Erdbebenopfer in Nordjapan, 11.03.2011)

I    Zanpo-hachi  (Klangschalen)
    Nyudo (Einzug des Leitenden Zelebranten)
    Daiyo nenju (Anrufung Buddhas)
II    Ju-butsumyo (Anrufung der zehn Namen Buddhas)
    Shari raimon (Reverenz gegenüber einer Reliquie Buddhas)
    Jizo tan’ge (Gesang zum Lobpreis des Bodhisattva Kshitigarbha)
    Eko (Totengebet zum Gedenken an die Opfer des Großen Erdbebens)
III     Taido (Auszug des Leitenden Zelebranten und der Priestergemeinde)
    Zanpô-hachi (Klangschalen)


bunka thumb_20110601-164049-2

投稿者: kameno 日時: 10:40 AM | | コメント (0)

2つの声明公演

平成23年度 戸塚文化協会春の文化祭メーンイベント
中国琵琶と声明(しょうみょう)の世界

1300年の時空(とき)を超え今甦るシルクロードの音色、未来と平和への思いを込めた名曲を、曹洞宗声明(しょうみょう)研究会とのコラボレーションで演奏します

日時 2011年5月22日(日) 開場 13:30 開演 14:00
会場 戸塚文化公会堂 TEL 090-8009-4180
チケット 500円 戸塚区役所5階売店にて発売中
主催 戸塚区文化協会


●出演者
演奏:邵容(シャオ・ロン:中国琵琶)、琵琶の合奏《三六》(中国古典楽器アカデミー)
声明:曹洞宗神奈川県第二宗務所第五教区有志僧侶

●プログラム
十面埋伏/春江花月夜/シェルブールの雨傘/トロイメライ/三六、「声明」

 




平成23年度文化庁国際芸術交流支援事業
声明ドイツ公演

こちらは、声明をまなび、研鑽している「禅・空華龍吟会」による海外公演です。
本年6月から7月にかけてドイツ各都市で開催される国際宗教音楽祭および音楽会への招聘による参加としの参加です。
文化庁国際芸術交流支援事業の採択を受けましたので、文化庁の認可をいただいた準公式公演としての位置づけとなりました。
St_Caecilien02a Mozart ホール01 Phoenix01

(1)Himmel auf Erden 国際宗教音楽祭(主催 WittenbergKultur e.V.)
Himmel auf Erden 国際宗教音楽祭は、宗教改革の都市ヴィッテンベルク市で開催される国際宗教音楽祭であり、バーゼル室内管弦楽団、アンハルト劇場のミュージシャン、ベルリンラウテンカンパニーなどのアンサンブルの他、アジア、アフリカ、オーストラリア、アメリカ、ヨーロッパ各地からの参加があります。禅・空華龍吟会は、日本の伝統的法式、声明を紹介するために招聘されています。

(2)バーデンヴェルテンベルク州音楽祭(主催 Stadt Koeln/Kulturamt )
バーデンヴェルテンベルク州音楽祭の開催される シュトゥットガルトは、伝統のあるバレー、オペラ、交響楽団が拠点を構える音楽の都です。バーデンヴェルテンベルク州独日協会主催音楽祭が予定されており、禅-空華龍吟会はStuttgart LiederhalleにあるMozart-Saalで開催される音楽祭に招聘されています。

(3)Romanische Sommer Köln 2011(主催 Westdeutscher Rundfunk、Kulturradio WDR 3)
ロマネスクの夏2011音楽祭 ケルン市内に点在するロマネスク時代の教会を会場として開催される伝統をもつ音楽祭です。開催期間のうち、禅-空華龍吟会はKöln Schnuetgenで行われるコンサートに招聘されています。

内容:歎佛会・観音懺法・施餓鬼会 など
出演 声明 龍吟会僧侶20名

※東日本大震災により、宮城県から参加予定の5名が参加叶わなくなりました。
※残念なことですが、大震災で犠牲となられた方々の慰霊と復興への願いを込めた差定を盛り込んで参加する予定です。

投稿者: kameno 日時: 9:59 AM | | コメント (2)

花まつりのおしらせ

貞昌院では、花まつりを4月初めの日曜日に開催することになっており、本年は4月3日(日)を予定しております。

平成23年4月3日(日) 貞昌院にて


11:00 花まつり法要
11:30 護持会総会
12:00 花まつりコンサート 「幾千の祈り?ヴァイオリンで奏でる仏教讃歌」
13:00 懇親会(お食事をご用意いたします)
<抹茶のお点前>

昨年の様子はこちら



花まつりとは、お釈迦様の誕生日です。

お釈迦様の像に甘茶を掛けて誕生を祝います。
この時期、本堂横のソメイヨシノも満開となり、華やかな境内で行われる恒例の行事となりました。

また、本年はマジシャン 柳原天宏さんをお迎えし本堂でマジックショー、客間でテーブルマジックを披露いただきます。
ご家族お子様連れでどうぞお越し下さい。お楽しみに!   

柳原天宏さんからのメッセージ:
このような時ですので、皆様に少しでも楽しんでいただけるように全力でやらせていただきます。
よろしくお願いします。

<マジシャン プロフィール>

yanagihara「スライハンドアーティスト マジシャン 柳原天宏」

プロフィール
・「Team・Flag」リーダーマジシャン
・マジックブームに傾倒し、高校入学後にマジック部入部。
3年間部長を務めた傍らで学校行事や老人ホーム、祭事などで精力的に活動しショ-を行う。
大学1年の時に、プロマジシャン 岡井泰彦氏に師事。
現在、バーやレストラン、企業のパーティーなど様々なイ ベントで活躍中。
 
受賞歴↓
・高校生時代のマジック活動が認められ、卒業式にて「高校 生新聞社賞」受賞
・全日本マジックコンテストにて、並み居るプロマジシャン 達と競い「Special Prize(審査員特別賞)」受賞

 

 



■貞昌院では、ご家庭で使用した油の回収を行なっています。

一般家庭から出る廃油がバイオディーゼル(軽油)として生まれ変わります。
つきましては、ご家庭で使用した油を固めずに集めておき、容器に入れて「貞昌院・駐車場トイレ前の回収場所」までご持参ください。

回収 可能 な油 =植物性の油であれば回収可能です。
・菜種油(キャノーラ)
・大豆油
・コーン油
・サンフラワー油
・ヒマワリ油
・綿実油
・ゴマ油

賞味期限切れの未使用油でも構いません。
※なお、 固めた油、水分を多く含んだ水、ひどく汚れている油などは回収不可能です。


投稿者: kameno 日時: 10:28 AM | | コメント (0)

ひとすじの光明となるために

昨年より曹洞宗僧侶有志で企画していた「ドイツ声明公演」にうれしい通知が届きました。

201100321-01


国際芸術交流支援事業として文化庁から「採択」通知が届いたのです!

このドイツ声明公演は、平成23年6月から7月にかけてドイツ各都市で開催される国際宗教音楽祭および音楽会

(1)Himmel auf Erden 国際宗教音楽祭
(2)バーデンヴェルテンベルク州独日協会主催音楽祭
(3)Romanische Sommer Köln 2011 ロマネスクの夏2011音楽祭

への招聘による参加が骨格となるツアーです。
曹洞禅の法式・声明(ほっしき・しょうみょう)は日本の伝統芸術として認知され、国立劇場での公演としても何回か取り上げられています。
今回の公演では、伝統的な禅の法要儀礼を紹介することはもとより、古来より行われてきた精神的な営為、生活様式について、また、洗練された「日本らしさ」の根源の問題に焦点をあて、目をみはるような可能性について触れたいと考え、有志にて企画を進めてきました。

特に、2011年は日独交流150周年記念の年にあたり、多くの文化交流事業が予定されています。

今回の採択により、「ドイツ声明公演」は準公式な事業として進められることとなります。

 

ただ、嬉しい通知ではありますが、残念なこともあります。

この企画を数年来に亘って一緒に実践して企画を考えてきた仲間には、宮城県沿岸部の方も少なからずおります。
連絡が取れた中でお話する限り、やはり東日本大震災の影響で参加は困難のようです。
待ちに待った朗報だけに、本当に残念で心が痛みます。

今考えられることは、参加叶わないメンバーの分まで思いを乗せてドイツ公演を成功させ、いつの日か凱旋公演を行えればということです。
そのあたりのことは、皆でもう少し考えて行きたいと思います。

投稿者: kameno 日時: 9:02 AM | | コメント (0)

Sangha Gathering in Teishoin

【Sangha Gathering in Teishoin】

Please join us for our Sangha gathering,
a mindful Sunday afternoon,
based on Plum village tradition.

We will practice Thich Nhat Hanh(Thay)'s teaching :
Walking meditation / Sitting meditation / Thay's video / Singing Plum village songs /Dharma sharing / Tea-time meditation / etc.
(led by Nao, etc.)

◆Date : Sunday, Mar. 13th. 2011, 1:30pm - 5pm (open at 1pm)
◆Place : Teishoin temple (5-1-3 Kaminagaya ,Konan-ku, Yokohama, JAPAN)(map)
◆Access : 5 min. walk from "Kami-Nagaya station" (上永谷駅)
on Yokohama Shiei-Chikatetsu (Blueline)(横浜市営地下鉄/ブルーライン)
◆All are welcome.
◆Suggested donation : 500- Yen / will be used to cover the expensesof the sangha gathering, and/or will be donated to Plum village.
◆Language : Japanese and English.
◆Reservation : Please let us know your name and the number ofparticipants.

We will get back to you only whenthe space gets to be full.

E-mail to : plumvillagetokyo@gmail.com.

投稿者: kameno 日時: 7:45 AM | | コメント (0)

ティク・ナット・ハン師来日ツアー

RIMG1155toriminng-300x150エンゲージド・ブッディズムということばがあります。
これは、寺院や僧侶が「地域の核として、広く地域社会と結びつく縁を広げ絆を深める」という、いわば「社会参画型の仏教」です。
この「エンゲージド・ブッディズム」という用語は、ベトナム出身の禅僧 ティク・ナット・ハン師により命名、実践されてきた活動です。


ティク・ナット・ハン(Thich Nhat Hanh 釈一行、1926年10月11日 - )はベトナム出身の禅僧・平和運動家・詩人である。ダライ・ラマ14世と並んで、現代社会における実際の平和活動に従事する代表的な仏教者であり、行動する仏教または社会参画仏教(Engaged Buddhism)の命名者でもある。アメリカとフランスを中心に活動を行なっており、世界でもっとも著名な仏教僧の一人である。ベトナム戦争中は、戦禍をくぐりながら、どちらの側にも立たず、非暴力に徹した社会活動を推進し、学校や病院を設立し、孤児たちの社会的支援や、死体の回収などを行なった。またアメリカにおいてベトナム戦争の終結を強く訴え、詩や著作を通してアメリカ社会に禅を根付かせるのに貢献した。その思想は、キング牧師に深い影響を与えた。(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

以前、ブログ記事で今年(2011年)のゴールデンウイークの期間にティク・ナット・ハン師を招聘する動きがあることをお伝えしました。
今回の来日は、ティク・ナット・ハン 日本ツアー2011として、 ティク・ナット・ハン 日本ツアー2011来日委員会により企画運営されています。
私も、どの程度この事業に協力できるかはわかりませんが、微力ながら出来る限りのことをさせていただいています。

ティク・ナット・ハン 日本ツアー2011の骨子は次の通りです。
※それぞれ主催、申し込み先が異なることにご注意ください。

京都講演(受付終了)
・日時:2011年4月24日(日)13:30-16:00
・会場:花園大学 無聖館ホール
・主催:臨済宗 妙心寺派 (財)禅文化研究所
・協賛:花園大学

横浜講演
・日時:2011年4月29日(金) 14:00 ~ 16:00
・会場:曹洞宗 大本山 總持寺
・主催:ティク・ナット・ハン2011来日事務局
・後援:曹洞宗 大本山 總持寺


宿泊リトリート前期(キャンセル待ちのみ受付)
・日時:2011年4月29日(金)14:00 (13:00 開場) ~ 5月1日(日)15:00
宿泊リトリート後期 (キャンセル待ちのみ受付)
・日時:2011年5月3日(火)14:00 (13:00 開場) ~ 5月5日(木)15:00
・リトリートテーマ 「 今を生きる、 ともに生きる 」 Enjoying the Present Moment, Living in Harmony
・会場:曹洞宗 大本山 總持寺
・主催:ティク・ナット・ハン2011来日事務局
・後援:曹洞宗 大本山 總持寺


東京講演
・日時:2011年5月7日(土)時間:12:30 開場 13:00開演
・会 場:日比谷公会堂
・主催:(株)木楽舎 (株)サンガ
・申 込:チケット発売は2月12日より(チケットぴあ/eプラス)


それぞれ反響がとても大きく、花園大学での京都講演、曹洞宗大本山總持寺でのリトリート前期・後期は既に想定定員に達しキャンセル待ちの状態となっております。
現在受付している横浜講演、東京講演につきましても残が僅少となっておりますので、ご希望の方はお早めにお申込いただくことをお勧めいたします。
なお、上記に関するお申込、最新情報の確認は ティク・ナット・ハン 日本ツアー2011 をご参照ください。



ここからが追加情報です。
5月2日にSOTO禅インターナショナル(SZI)主催による大本山總持寺ワークショップを開催いたします。

■大本山總持寺ワークショップ
・日時:2011年5月2日(月)(講演は15:00 ~)
・会場:曹洞宗 大本山 總持寺
・講師:ティク・ナット・ハン師
・主催:SOTO禅インターナショナル
・後援:曹洞宗 大本山 總持寺

【応募に際しての注意事項】
5月2日のワークショップは大本山總持寺修行僧・各宗派僧侶・SZI会員限定です
・僧侶の方は僧侶にふさわしい威儀にてお願いします。
・ティクナットハン師による講演会は午後3時より開催予定です。
・参加者の募集は「往復はがき」により受付けます(下の画像参照)。
・往復はがきでの応募は4月10日(消印有効)までを受付期間とします。
・宛先は 〒233-0012 横浜市港南区上永谷5-1-3   SOTO禅インターナショナル宛 です。
・先着順ではありません。
・応募者多数の場合は厳正な抽選を行い、4月20日を目処に返信はがきでご連絡いたします。 
・午前、昼過ぎには、プラムヴィレッジによるプログラムが開催されています。そちらにも参加希望される方はその旨記載ください。
・参加費用は無料です。
・記載内容が正確でない場合は、返信ができない場合がありますので、ご注意ください。
・申し込みいただいた個人情報は、個人情報保護法に則り、適正に管理します。
・当落については、個人ごとにはお答えいたしかねますので、ご了承ください。

tnh_hagaki2tnhhagaki2


ティク・ナット・ハン 日本ツアー2011
2011年4-5月予定のティク・ナット・ハン師来日に関する情報サイト

■関連ブログ記事
ティク・ナット・ハン師来日にむけて
プラム・ヴィレッジのプラム

Day of Mindfulness@貞昌院

投稿者: kameno 日時: 12:05 AM | | コメント (0)

横浜の記憶を写真で残すためのシンポジウム

2月8日(火)夕方より「横浜の記憶を写真で残すためのシンポジウム」が開催されます。
私もパネルディスカッションのパネラーとして参加することになりました。

横浜写真アーカイブ協議会が、今後写真アーカイブ活動を持続・発展させていくために、NPO法人化されることを記念したシンポジウムです。
参加費無料・事前申込が原則ですが、当日参加も可となっております。
基調対談や各団体の実践事例の紹介もあり、きっと意義深いシンポジウムになることでしょう。皆様のご来場をお待ちしております。

 

横浜写真アーカイブ協議会は、2011年2月8日(火)、ヨコハマ創造都市センター(横浜市中区本町6)にて、横浜の記憶を写真で残すためのシンポジウム「よみがえる昭和 港・まち・くらし」を開催します。
本協議会は、市民から提供された古い写真などを電子化・保存する写真アーカイブサイト「みんなでつくる横濱写真アルバム」を運営しています。このサイトは、2009年横濱開港150周年記念事業の一環として、歴史的資源としての写真を地域の「財産」として共有することを目的に設置。
現在、市民や企業から投稿された6,000枚を超える写真が保存されています。
このたび、横浜写真アーカイブ協議会は、このような写真アーカイブ活動を持続・発展させていくため、NPO法人化を目指す運びとなりました。それを記念し、今回のシンポジウムでは、写真や映像で横浜の風景や市民の証言をはじめとした「記憶」を記録する大切さや面白さを、様々なゲストや参加者のみなさんと共に考えます。当日は同会場内にて、アーカイブサイト「みんなでつくる横濱写真アルバム」に保存されている写真や、今までの活動に関する展示も行います。 

日時 : 2011年2月8日(火)18:00~20:20 開場17:30
会場 : ヨコハマ創造都市センター(みなとみらい線「馬車道駅」1B出口/JR・市営地下鉄「桜木町駅」徒歩5分)
参加費無料 事前申込(当日参加可) 
主催 横浜写真アーカイブ協議会
共催 ヨコハマ創造都市センター(YCC)[公益財団法人横浜市芸術文化振興財団] , 横浜地域情報化推進協議会(横浜ストリーム)
協力 北仲スクール , 横浜市民放送局


▽プログラム
1.主催者挨拶
「みんなでつくる横濱写真アルバム」の経緯と今後
鈴木伸治さん (横浜写真アーカイブ協議会代表/横浜市立大学准教授)

2.基調対談「記録されないものは記憶されない~写真からよみがえる昭和の港・まち・くらしの記憶~」
横浜の港の風景を撮影されてきた写真家・五十嵐英壽氏と、横浜写真アーカイブ協議会のメンバーである和田昌樹氏に、
アーカイブすることの大切さ・面白さとは何か、トークしていただきます。
五十嵐英壽さん 写真家
和田昌樹さん 桜美林大学准教授/横浜市民メディア連絡会代表

3.話題提供
「みんなでつくる横濱写真アルバム」コンテンツ紹介 梅香家聡さん 横浜市民メディア連絡会事務局長
「アーカイブを地域につなぐ」紹介 水島久光さん 東海大学文学部広報メディア学科教授/北仲スクール講師

4.パネルディスカッション「市民参加型の横浜歴史アーカイブに期待すること」
コーディネーター 和田昌樹さん
パネラー 近藤宏光さん NPO法人ザ・ダークルームインターナショナル
亀野哲也 天神山貞昌院副住職
山崎洋子さん 小説家
岡本真さん アカデミック・リソース・ガイド株式会社

お問い合わせ/お申し込み(お名前とご所属を下記メールアドレスまでお送りください。)
横浜写真アーカイブ協議会事務局(NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ内) 担当:齊藤
info@yokohama-album.jp 045-664-9009
※本事業は、フォト・ヨコハマ2011事業参加プログラムです。


■関連ブログ記事

みんなでつくる横濱写真アルバムシンポジウム
関東ICT推進NPO連絡協議会記念フォーラム報告

投稿者: kameno 日時: 12:27 AM | | コメント (2)