芝生駐車場5年経過

貞昌院の檀信徒参拝用境内駐車場に芝生駐車場区画を設けてから5年が経過しました。

20181018-01
↑2018年10月18日

お参りの方など常に利用される駐車場なので、タイヤの荷重が掛かり、かつ発進停車の際にはタイヤの摩擦の影響を受けるのですが、特に目立った大きな損傷は発生していません。
特に芝生の擦れなども無く、順調に生育しています。

施工時からの時系列で変化を並べてみます。
下に行くほど古い写真です。 

20141103-02
↑2014年11月2日

20140717-01
↑2014年7月17日

20140520-02
↑2014年5月20日


20130909-04
↑2013年9月10日(施工時)

芝生駐車場区画には、普通の土ではなく、グラスミックスという「耐圧基盤土壌」路盤材を敷いています。
これにより、車両が上に乗っても芝生の根の部分の空気層が失われず、圧密沈下を起こさないようになっています。

 

工事の様子はこちらです。
駐車場整備工事(完工編)

●芝生の環境への効果

・吸音効果
・夏季の気温低減(ヒートアイランド低減)
・1㎥当たり保水性60リットル、雨水浸透能力1㎡たり50リットルが期待できる。

などなど、見た目以上の効果も発揮されています。
今後も生育の状況を見守りたいと思います。

 


■関連ブログ記事

芝生駐車場その後
駐車場整備工事(完工編)

芝生養生中

投稿者: kameno 日時: October 18, 2018 12:34 AM

コメントを投稿