藤袴

境内の藤袴(フジバカマ)が見ごろを迎えました。

20121029-01

このように、散房状の蕾が少しづつ開いていき、中から繊細な糸の様な花弁が伸びてきます。

20121029-02

万葉集にも秋を代表する草花として詠まれています。

芽子の花 尾花 葛花 瞿麦の花 女郎花 また藤袴 朝貌の花(山上憶良/万葉集・巻八 1538)

野生の藤袴は、生育環境の減少により絶滅危惧種に指定されていますが、園芸種の藤袴は非常に強い植物で、境内では放っておいてもどんどん増えています。

ほんのりとする香りは、乾燥するとさらに引き立ちます。
花に含まれるクマリン配糖体が加水分解されて、オルト・クマリン酸が生じるためです。
これにより桜餅の葉のようなさわやかな香りを放ちます。

秋の草花は清楚で落ち着いた種類が多いですね。

投稿者: kameno 日時: October 28, 2012 4:12 PM

コメントを投稿