縦書き文字文化の復権を

今日のブログ記事はこちらと比較しながらお読みください。
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

日本語の文書を書く上で、「縦書きか」「横書きか」という命題はいつもついて回ります。
特に、祖録や経典、一般的には短歌や俳句、漢文などを扱う上では、縦書きが使えないことは不便でありますし、パソコン、特にブログの記載で横書きに限定されるということは日本語の縦書き文字文化に対する冒涜(とまでは行かなくても軽視)にすら感じます。

さらに言及すると、日本語の「文字」はそもそも縦書きで美しく見え、読みやすいようにデザインされており、そのデザインに基づいたフォント(書体)が、無理やり横書き主体のパソコン画面で使用されてきました。
これは、読み手側からしても苦痛でしかありません。

最近は、ウインドウズでもようやく横書きを意識した日本語フォント「メイリオ」が普及してきました。
このフォントは、アルファベットが「プロポーショナルフォント」、和文が「等幅フォント」となっていて、アルファベットと和文のバランスが保たれるようになりました。
(従来のMSゴシックなどのフォントでは、例えば太字と並べてみると、いかにも貧弱で、バランスが取れませんでした)
また、クリアタイプという緻密な表示方法を採用しているため、文字の水平方向の線が縦に密に並んでいる漢字も潰れることなく表示できる工夫がされています。

したがって、当ブログでも、敢えて「メイリオフォント」を指定して表示するようにしています。


しかしながら、それはあくまでも「横書き表示」に対する読み易さの改善でしかありません。


「パソコン上で日本語を縦書き表示すること」・・・これはもしもスティーブ・ジョブズが日本人であったとしたら、真っ先に取組んでいた事だと思います。

近い将来、縦書きに関する記述書式が世界標準化されている日が来ることを望みます。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

今日の記事の締めとして、高浜虚子が貞昌院を訪れた際に永谷を詠んだ句をご紹介します。
(昭和十一年十一月 武蔵野探勝会にて)


 瘦菊に 立てたる杖や 稲架の下

 いちじくに 屈みて稲を 運びをり

 鴉二羽 とびもつれをり 稲運ぶ

 むかご蔓 流るゝ如く かゝりをり

 稲芒に 川流れをり 稲の中

 心静かに 桜落葉を 踏みて立つ

 見るうちに はづし終りぬ 稲架の稲


 
 
やっぱり日本語は縦書きですよね~


ということで、全てのブログ記事に「たて書表示」機能をつけてみました。

20120128-01.jpg

投稿者: kameno 日時: January 28, 2012 10:30 AM

コメント: 縦書き文字文化の復権を

亀野さん、こんばんは
日本文字の筆順(筆運び)は、縦書きに習っています。書き易いです。更に一歩進めて、行の運びを右から左ではなく、左から右にすれば、手のひらを汚す事無く、文字が書けますし、外来語との対応もし易くなると思います。形に嵌る事無く、理に叶う検討をしたいですね。

投稿者 ちのしんいち | January 29, 2012 1:14 AM

ちの様
子どもたちが小学校で「かきかた」を習う際には縦書きで練習するのですが、それを実践する場は横書きばかり。
縦書きで書いたり表現する場が広がると良いと思います。

縦書きを右から左の行に書くのは、中国、日本で古来から「竹簡」「巻物」に文字を書くということが何百年も行われてきたことによるのでしょう。
毛筆であれば、手のひらを汚すこともありません。

近代入ってきた鉛筆やペンでは手のひらを紙につけますが、例えばあと数年後に電子ペーパーが普及すると手を汚す問題も再び無くなることでしょう。

投稿者 kameno | January 29, 2012 9:31 AM

新聞や雑誌などは縦書きがありますが、私達が日常作成する書類は殆ど横書きになっていますね。
縦書きの行の運び、左から右・・・というのは筆耕士のやり方としてあります。

投稿者 天真 | February 3, 2012 2:50 AM

天真さん
そうですね、賞状などのように予めレイアウトが決まっているような場合は下準備をした上で左から書いたりするようです。
少しでも文字を汚さないようにという心遣いですね。

投稿者 kameno | February 3, 2012 8:16 AM

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

投稿者 添え状の縦書き | February 14, 2012 2:47 PM

添え状の縦書き さま
コメント有難うございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

投稿者 kameno | February 16, 2012 1:10 AM

縦書きブログ、初めて体験しました!恐ろしいことに、一瞬、読みにくく感じましたが、虚子の句の美しさに、改めて縦書きの日本語の魅力を見た気がします。ありがとうございました。

投稿者 海外在住 | September 4, 2012 5:03 AM

海外在住様
コメント有難うございます。横文字を当たり前のように目にしていると、縦書きに違和感を覚えたりしますね。
けれども、日本語の魅力は縦書きで発揮されることも多いということだと思います。

投稿者 kameno | September 5, 2012 6:53 AM

コメントを投稿