ルターの街 Wittenberg

ドイツ声明ツアー初回公演地となった ヴィッテンベルク(Wittenberg)は、正式には ルターシュタット ヴィッテンベルク(Lutherstadt Wittenberg)といいます。
その名の通り、近世ヨーロッパ史上の重大事件の一つ「宗教改革」の立役者であるマルティン・ルターゆかりの歴史ある街であり、ルターが生まれた アイスレーベンと合せてユネスコ世界遺産に登録されています。

20110708-50

1517年、ヴィッテンベルク大学教授のマルティン・ルターが城聖堂 (The Castle Church)の扉に『95ヶ条の論題』を提示したことが宗教改革の口火を切ることになりました。
20110708-52
現存する建物は19世紀に再建されたものです。

20110708-53

町役場前の広場にはルター像が設置されています。
街の中心を貫くルター通りを中心に、小ぢんまりとまとまった街ですので、徒歩で主要な場所を回ることができます。

20110708-5720110708-5620110708-6120110708-51
趣のある美しい街です。
左の写真は銀行の建物です。

20110708-5420110708-55
ルター・ホール (Luther Hall)は、生前ルターが住んでいた家です。
現在は宗教改革に関する展示物が豊富な博物館となっています。

20110708-5820110708-5920110708-60
街を散歩していると、ルター自ら率いる「街探検」に出くわしました。
日本からやってきた宗教家に興味津々です。

投稿者: kameno 日時: July 12, 2011 5:24 PM

コメントを投稿