デジタル資料の蓄積に向けて

私もお世話になっている港南歴史協議会では、さまざまな歴史資料を活用する方策を考えています。
まずは、デジタルアーカイブ化を行い、それを蓄積する作業を分担して行うことになりました。

貞昌院客殿において、研修会を開催。
事務局のCさんを中心に、コンテンツの内容を固めていきます。
さまざまな問題点も出てきましたが、今後一つづつ解決しながら進んで行きたいと思います。

20081101.jpg


■港南歴史協議会とは・・・・・

港南区を中心とする周辺を含む地域の歴史・文化を調べ、 互いの情報を交換し、地域の人達へ広く伝え、これら歴史・文化財の記録・保存活動を推進し、地域文化の発展に協力することを目的とする団体です。
地域歴史・文化財に関心を持つ地域の有志ボランティア、及び 地域歴史愛好団体の代表等により構成されます。


主な活動は下記の通りです。

1 地域の歴史・文化に関する「情報交換の場」を設定する。
2 地域の歴史・文化を伝える(伝承)ことを支援する活動。
3 地域の歴史・文化を記録し、保存する活動の推進。
4 地域の歴史・文化を理解するための体験指導を支援する活動。
5 地域に埋蔵されている歴史・文化を見つけ出す(発掘)活動。


デジタルアーカイブがある程度まとまりましたらご紹介する予定です。
ご期待ください。

投稿者: kameno 日時: November 1, 2008 10:11 AM

コメントを投稿