天神おみくじ体験会第二弾報告

天神おみくじ体験会第二弾が開催されました。
この講座は、サイエンスカフェ@貞昌院報告 で行った第一弾の続編です。

テーマ 「天神おみくじの木版摺り技術と実践」
日時 2008年9月16日(火) 13:00-16:00
場所 貞昌院 
講師 柿木隆先生(木版画家)

20080916-01.jpg 20080916-02.jpg

まずは前回行った「天神おみくじについて」のおさらいを行い、その後、版木の摺りについての概論を先生にいただきました。
(先生が彫られた石仏の版画の原版もお持ちくださいました)


木版を摺る際には、湿り気が大切です。
版に予め水を浸透させなじませておきます。
併せて、和紙にも水を含ませておきます。

20080916-03.jpg 20080916-04.jpg

版には、紙がずれないように工夫がなされます。
今回は文鎮を使って位置決めを行いました。

20080916-05.jpg 20080916-06.jpg

いよいよ摺り。

20080916-07.jpg 20080916-08.jpg 20080916-11.jpg

 

参加者一人ひとり摺りの実践を行いました。


20080916-09.jpg 20080916-10.jpg


摺りあがった天神おみくじ。
くっきりした線がみごとです。
彫りの技術もさることながら、摺りの技術が相俟って、200年前のおみくじが蘇りました。

20080916-12.jpg

時間の経過を忘れるほど充実した内容となりました。
柿木先生には改めて御礼を申しあげます。


タウンニュースに記事が掲載されました。

20080926-05.jpg

タウンニュース港南区版 2008/9/25号

投稿者: kameno 日時: September 16, 2008 10:17 PM

コメント: 天神おみくじ体験会第二弾報告

をををををを、このおみくじは、あのひじょ?に
厳しいおみくじですね!?
太古のおみくじは容赦なくて好きです。

貞昌院ウェブで大凶を引いた経験数知れず、
ちっとも落ち込まなくなりました(^^)v。

昔のおみくじは現代人を強くする…のだっ!

投稿者 宝船 | September 18, 2008 12:19 AM

宝船さん
そうなんです、凶の割合もさることながら、書いてあることもなかなか厳しい。
おみくじ研究家の島武史氏は、この天神おみくじについて「おみくじの作られた寛政期、寛政といえば、あの八代将軍徳川吉宗の孫の老中松平定信が、享保の改革を理想として緊縮政策と風紀の刷新を図った改革だ。その改革で困っていた町人、百姓たちの活力をよみがえらせようとして、哲航大賢大和尚(貞昌院十四世)が作ったものだと思う。」『かながわおもしろおみくじ散歩』(p48,かもめ文庫,1999年,かなしん出版)と述べています。

仰るとおり、厳しい世の中で、強く生きぬくための意味も込められているのでしょうね。

投稿者 kameno | September 18, 2008 8:40 AM

コメントを投稿