真っ赤なさくらんぼ

貞昌院墓地脇に植えられているさくらんぼです。
サ・ク・ラ・サ・クで開花をお伝えしたとおり、ソメイヨシノよりも半月ほど早く咲きます。
そして、連休のころに実が赤く染まり始めます。
今年もたわわに実りました。

20080507-01.jpg 20080507-02.jpg

これは、「暖地」という種類で、温暖な地方でも結実するさくらんぼです。
佐藤錦やナポレオンのような甘さは無く、素朴な味のする小ぶりなさくらんぼですが、こんなにたくさん採れました。

20080507-03.jpg

投稿者: kameno 日時: May 7, 2008 12:00 AM

コメント: 真っ赤なさくらんぼ

いっぱいなりましたねえ!
「暖地」という種類は初めて知りました。剪定する技術があれば、うちのサクランボも、もう少ししっかりした実がなるのかもしれません。
今年は梅酢漬けにしてみようかと、ひそかに考えております。
「御仏に枝ごと供えさくらんぼ」by rinshou

投稿者 りんしょう | May 7, 2008 6:31 AM

りんしょう様
このさくらんぼ「暖地」ですが、かなりデリケートなようで、剪定のほか、施肥などにより実のつき方が変わるようです。
梅酢漬けというのもいいですね。甘みの少ないさくらんぼにはもってこいのような気がします。

投稿者 kameno | May 7, 2008 2:34 PM

美味しそうですね!
お写真はkamenoさんが撮られたのですか?
みずみずしくて輝いていてとても美しいさくらんぼ、見ているだけで幸せな気分になりました。実のなる木は良いですね?

投稿者 asami | May 7, 2008 11:56 PM

asamiさん、コメントありがとうございます。
実のなる木は、鳥たちにとっても貴重な餌になります。
さくらんぼは珍しいためか、道行く人たちがよく見上げていますよ。


>お写真はkamenoさんが撮られたのですか?

はい、毎日の様子を写真でお届けしています、これからもよろしくお願いいたします。

投稿者 kameno | May 8, 2008 12:52 PM

コメントを投稿