世界各地を空中散歩

以前、日本各地を空中散歩
http://teishoin.net/blog/000016.html
というトピックスを書きました。

これは、昭和49年度から平成2年度にかけて、国土の全域で延べ約40万枚の写真を整備した「国土情報ウェブマッピングシステム」のご紹介でしたが、いわば、航空写真を検索閲覧できるというものでした。


今回ご紹介する Google Maps は、単なる航空写真の閲覧だけでなく、地図の拡大や縮小機能に加え、表示エリアの周辺を見たい場合は地図をドラッグして画面上の表示エリアをずらすことができるのが特徴です。
クリックして画面のリロードを待つ必要がないというのが凄いところです。

地球全体を眺めたり、任意の場所に急降下して表示したりする事が、左上のメニューバーでスムーズにできるのです。

Charles とRay Eames による 『POWERS OF TEN』 を初めて見たときも、衝撃を受けましたが、Google Maps はそれ以上のインパクトがあります。
(パワーオブテンは、宇宙の片隅から、地球に向けて映像が進み、10倍10倍と拡大していく映画なのですが、地球が少しづつ見え始め、地球全体、アメリカ大陸、東海岸、ニューヨーク、公園の芝生で寝転んでいる男性、その男性の手の細胞、最終的には分子、原子、原子核までひたすら映し出していく映画です。
科学技術で知り得る範囲のミクロとマクロの世界を、科学的技法による映像を用い視覚化した映像なのです。)


ということで、まずは http://maps.google.com/ こちらをご覧ください。

この Google Maps で発見した様々な面白いスポットについて、↓こちらのブログで紹介されていますので併せてご参照ください。
http://www.googlesightseeing.com/


これだけでもかなり楽しめますが、さらに詳細な衛星画像を追加したGoogle Earth  もついに公開されました。
なんと、人間の影も分かるほどの高分解能です。
(こちらの Google Earth については、予定アカウントに達したため、現在ソフトの配布を中断しています)

それにしても衛星画像恐るべしですね。

投稿者: kameno 日時: July 5, 2005 12:37 AM

コメント: 世界各地を空中散歩

はじめまして。
東芝M70クラブで投稿写真を拝見して以来の、kameno?photoファンです。
今日は、地図の件で書き込ませていただきます。
最近、スイス好きの間では下記の地図サイトが話題になっています。空撮画像が、そのまま地図となっており、そこに諸々の
情報を表出できるものです。ホテルのロケーション確認などで重宝しています。
すでにご存知でしたら、失礼をお詫びします。
http://map.search.ch/

投稿者 yamato | July 5, 2005 6:50 AM

yamatoさん、コメントありがとうございます。
便利なサイトですね。
google Mapsにしても、http://map.search.ch/
にしても、マウスによる直感的な動作がうれしいです。
※M70はまだ現役で活躍中です。時々使っています。

投稿者 kameno | July 5, 2005 7:32 AM

世界中回りたい知りたい

投稿者 井谷博一 | October 29, 2005 6:10 PM

井上さん、コメント有難うございます。

google Mapsの活用については、下記のサイトがすごいです。
http://www7a.biglobe.ne.jp/~diagraph/column/googleearth/

投稿者 kameno | October 30, 2005 9:38 AM

世界を知りたい知識をえたい

投稿者 井谷博一 | October 30, 2005 5:13 PM

コメントを投稿